« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

モブログ

モブログの登録をしたので以前、荒川で見かけた牛君をup。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

ゴキちゃんと同居

Cimg02951

26日から頭と足元が黄色いゴキちゃんと同居している。
今まで背中の一部も黄色であったが今は黒く変わっている。

本来の飼い主から一時的にお預かりしているのだが、飼い主からは酔って蹴らないでとMAILもいただいている。

叩いたり、殺虫剤はかけませんとリプライしてあるが、週末まで一緒である。

3日の晩には大島へ共に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ハルピン

Cimg0292 Cimg0290

Cimg0288 Cimg0286

今日は朝から生憎の雨。ひととせさんのお尻の痛み解消の為、LCへ車で向かった。
昼食はあかさんのブログで紹介されていた大きな餃子。
5種類の餃子をいただいたがどれも美味。

黄金色のジュースが飲めなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

再び、マグロ

Cimg0277 Cimg0280

Cimg0282 Cimg0285

前回、休みで食べ損ねたマグロ丼を目的に府中の大東京綜合卸売センターをひととせさんと目指した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

走らないバイク

00_top_03

初めて走らないバイクに乗った。心拍、ケイデンスが表示され、負荷も自由に変更できる。
そして、景色が変わらないランニングも経験した。

ついでに筋トレも行ったが、天気が良い時は風を感じて走るのがやはり一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

竹芝

Cimg0255_1 Cimg0260_1

Cimg0263_1 Cimg0265

Cimg0266_1 Cimg0273

大島遠征に備えて、竹芝桟橋までルートの確認がてらの東京散策。
千駄ヶ谷、六本木、東京タワー、増上寺、浜松町、そして竹芝。思いのほか、東京はコンパクト。
帰路に国立競技場で東京国際マラソンを暫し観戦。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

優しい声援

Cimg0220_3 Cimg0221_1

Cimg0218_1 Cimg0248_2

Cimg0246_2 Cimg0251_2

午後の少しばかり風が強くなり始めた頃、必死にペダルを漕いでいるのを見かねたのか、素敵な娘が手を振り声援してくれた。
ありがとう!そしてこの娘が自転車海苔を嫌いにならぬよう安全走行に心がけよう!

その娘の推定年齢は3歳位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

再び、雪

Cimg02081_1

凍てつく、木々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

ホンコン

Cimg0201_2 

Cimg0206_1

昨日の消費カロリーをちゃらにしたホンコン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

身を切る寒さ

Cimg0195_1

身を切る寒さだが、澄み切った空に惹かれて羽根倉橋まで向かい風の中走った。
すれ違う、ローディーもなく独り占めのロードは気分を和ませてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

カエルライト

20060109_047

無理の利かないおじんのチャリ海苔なので、極力夜間は乗らないようにしているが、冬場の日が短い時は帰りが暗くなる場合もある。
そんな夜間の走行で重要な事は我が身の存在をしっかりと示す事。その為にライトが必要となるが、ロードバイクに似合いそうな小型で取り外しが簡単な物は無いかと探していた。

そんなニーズにぴったりなライトがKnogのFrog Light 。
フロントライトなので白い光がいいかなと考えていたが、お店の方曰く青が面白いので入れているとの事で素直に青を購入した。
因みに青しかなかったのですが・・・

使わない時はジャージのバックポケットに入れても気にならない12gで何とも愛嬌のある形が気に入っている。

ハンドルへの取り付けはぎゅーと伸ばして引っ掛けるだけだが安定している。
点灯、点滅MODEがあり、自分の存在を知らせるのには十分。
20060109_0461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »