« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

感染

感染

最近、4040で流行している病に感染してしまったようだ。まだ、潜伏期間であるが病巣はオレンジ色に腫れて今にも破裂しそうだ。先週の平林寺ポタリングの際、何か鋭利な物を踏んだようで、5箇所の傷がある。しかしながら今頃気がつくなんて、なんて呑気なことか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

ザータケブー

Cimg0577_web_

この季節の八百屋の店頭には皮付きの筍がたくさん並んでいる。

我が家にはこの旬の筍で作る定番料理があるが、単身赴任の狭いキッチンで皮付きを茹でるのは大変なので八百屋の店先で茹でた物を調達した。

この料理の材料は筍、ザーサイそして豚肉で、いたってシンプルであるが我が家にお招きした友人にも評判が良い。

ポイントは中華食材店で販売されている塊のザーサイを使うことで、スライスされた味付けザーサイでは美味くない。

材料は全て短冊にスライスする。ザーサイはスライス後、水につけて塩抜きをするがこの加減が難しい。塩抜きしすぎるとパンチが無くなるが足りないとやたら塩辛くなってしまう。

豚肉は酒と醤油で下味をつけて片栗粉をまぶしておく。(好みで若干の砂糖を加えるもよし)

後は多目のにんにくをごま油で軽く炒めて、豚肉を加えてさらに炒める。
筍、ザーサイも加えて豪快に炒めるだけだか、中華味か本だしを加えてもよい。

ザーサイの塩分で十分味が付くがお好みでコショウ、七味などを加えてもいいかもしれない。

さめても美味しく、酒のつまみによく合うこの料理を我が家ではザータケブーと呼んでいる。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年4月24日 (月)

3つのナビで平林寺へ

Cimg0551_web_

22日の朝は少し早く起き、4040オフ会のアルコールがまだ残る体にシャワーを浴びてすっきりさせた。
ひととせさんと「平林寺」、「キッチンひの」を目指すルートを確認する為だ。
当初、笹目橋から荒川CRに入り秋ヶ瀬経由の予定だったが少ししんどいので最短ルートを取る事にし、アトラスで自転車ルートを検索した。

そのルートをForetrex101のトラックに登録し地図無しGPSのナビだけを頼りに走り出した。曲がるポイントに来るとナビの矢印が曲がりちゃんとガイドしてくれる。全く知らないルートであったが無事平林寺に到着した。
この小さなGPSが一つ目のナビだ。
Cimg0556_web__1 

平林寺でひととせさんと合流したがそこへ乱丸さんが参上。
昨夜のオフ会でお誘いした次第だが、本当に来ていただけてうれしい。
暫し、3人で平林寺を散策したが落ち着いた禅寺で紅葉の時に再度訪れたいところだ。
Cimg0558_web_
Cimg0569_web_

その後、乱丸さん、ひととせさんと三人でひととせさんのGPSに従って東村山の「キッチンひの」へ向けて黒目川に沿って走ったが、のどかな落ち着いたルートだった。

このひととせさんの地図付きナビが二つ目のナビだ。

地元の乱丸さんも初めてのルートだったが気に入っていただけたようである。
Cimg0573_web_

東村山近辺で乱丸さんとは別れ、ひととせさんと「キッチンひの」でランチを楽しんだ。ブログの情報が無ければ絶対に入らない店であるが、すごく旨い。
味噌汁も蜆のダシが効いていた。
Cimg0574_web_

お腹も膨れて、多摩湖サイクリングロード経由で帰宅したが、三つ目のナビはポタリングの企画機能も持つ優秀なナビだ。
毎度、企画とナビをしていただける、ひととせさんに感謝する。

走行距離:59.37km

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

最高の氷

最高の氷

今宵は月例の4040クラブのオフ会に参加した。普段どんな仕事に携っているかは知らないが趣味が同じだけで打ち解ける。そして、このロックは何と南極の氷である!こんな経験は二度とない最高のロックだった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

雨でも晴れ

060420_154001

今日の東京は不安定な天気だ。

ランチに行く際は少しばかり雲行きが怪しかったが、たぶん大丈夫と傘も持たずにあまり行った事がない近場の店を訪ねた。
蒲田のこの店は壁にバーボンが数多く並び、ウエスタン調の装飾が施され、夜も楽しそうである。

連れとランチセット以外を注文したら、丁寧に一人分しか用意できないと言われ私はランチセットに変更した。
程なく運ばれたランチを口にしながらふと外を見ると、横殴りの強烈な雨が降っているではないか・・・

食事を済ませたが雨は止む気配もなく、仕方なく席を立ちレジに向かうと’ご希望の品をご準備できなく申し訳ありませんでした’と優しく謝罪された。

昨今多いマニュアル的な対応ではなく、若いのに気が利いた女性だった。

店を出て降りしきる雨を眺め、いざ走りだそうとしたら、先ほどの女性が店から出てきて傘を貸してくれた。
貸していただいた傘をさしても、だいぶ濡れたが、温かい対応で気持ちは晴々だ。

オフィスに戻ってしばらくしたら・・・なんと青空。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ひととき号ピストに変身

ひととき号ピストに変身

今日はひととせさんと川越の花いちに行く予定だったが・・・ 何とひととせさんのバイクが固定ギアに変身。詳細レポートは、ご本人のブログを確認されたし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

GPSと電池

Ts_sanyo00_web_

4040クラブの大島遠征に備えて購入した、GARMINのFORETREX101は単4電池2本で15時間稼動と仕様書に記載されている。
しかしながら現実にはポタリングの際、毎回電池交換している。
量販店でまとめて買えば電池の単価は知れているが、使用済みと若干残量がある電池が気になった。
Foretrexには充電式の物もあったが、コンビニでも電池の調達が可能なタイプをあえて利用している。

こんな、ささやかな悩みに、2次電池で実績のあるメーカーが盛んに流している広告がぴったりはまってしまった。

充電器と単4が2本セットになった物と予備として単4をさらに2本、新宿の量販店で買ってしまった。

まず、驚いたのは初期充電がされており、そのまま利用できる事である。
ニッケル水素電池は自然放電率が高く使わなくても放電されているが、この電池は自然放電が少ないので(1年後の残存率は85%)緊急用としても利用可能となっていた。

そこで、昨日ビリケンさんの新車購入お悩みポタリングに初めて利用してみた。

使用時間:7:50~17:40
走行距離:106.2Km

使用条件が同じは無い為、正確ではないが今までのアルカリ電池の場合は帰宅時には4本あるバッテリーのインジケーターは1本になっていたが、
今回はまだ2本表示されていた。電池の持ちも良いかもしれない。
尚、Foretrexは設定でアルカリ、ニッケル水素が選択できるようになっている。

1000回利用できるらしいが、半分の500回でも初期投資は十分回収でき、ごみも減らせそうである。

尚、今回のポタリングはだいぶ暖かくなったので、初めて4040ジャージを着たがこの派手なジャージのおかげでハルピンでAkiさんにお会いできた。

Akiさの小径車はとても早かった!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

経年変化

明日のプレゼンに備えてパワーポイントで資料を作成していると、携帯にmailの着信があった。いつもの役員からのお誘いである。昨日に続いての連ちゃんは辛いが火曜日も逃げたので行きつけの店に向かった。この役員は元、樹脂屋なのでカーボンと経年変化について、話題を投げた。カーボンその物は紫外線による劣化はないがカーボンを成形する際に用いる樹脂のバインダーが紫外線により経年変化が発生するらしい。但し、表面に塗る塗装で保護は可能。しかし、カーボンの表面塗装はクリアが多い!結論はやはり金属のほうが・・・最後はエントロピーの話題で締めくくり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

神社

昨日は良い天気だったが、名古屋の自宅にはママチャリしかなく、車でゴルフの練習に行った。走らないバイクのジムも考えたがたまにはクラブを振ってみたくなった。
わずか、100発しか打っていないが今日は筋肉痛である。情けない!

その、練習場の帰りに小牧にある田県神社に立ち寄った。この神社はとても特徴があり、犬山市の大県神社と共にこの辺では有名である。

尚、お土産屋には特徴的なキャンディーが夫婦飴と称して販売されていた。

Cimg05031

田県神社-1

Cimg05041

田県神社-2

Cimg05061

田県神社-3

Cimg05141

大県神社(姫の宮)の姫石

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »