« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

バラとベゴニアのソフト

6月24日の土曜日、梅雨の合間の晴天に惹かれて三重県長島町のなばなの里へ嫁さんとのんびり花を見てきた。
Cimg0795s
ベゴニアガーデンは別途入場料を取られたが巨大な温室には数多くのベゴニアが所狭しと飾られてとても壮観。

Cimg0802s
Cimg0803s
あまりに広く、少し歩き疲れたと思ったら、タイミング良く甘いものが!

Cimg0816s 
右はバラ、左はベゴニアのエキス入りのソフトは確かに花の香りがした。

Cimg0821s
手入れの行き届いた庭
Cimg0823s
色とりどりの紫陽花が咲くガーデンも圧倒される。

Cimg0824s
しっかりと要所に休憩サイトがあり、ついついお口が忙しい!

Cimg0825s
今は紫陽花が綺麗だが、その後のこの広大な庭は・・・?

Cimg0827s
帰りには併設された花市場で新鮮な野菜とお花を設計者の意図通り買ってしまった休日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

おめかし

最近イタリア娘にぞっこんの方から、埼玉娘のおめかしについてお問い合わせをいただいたのでプチ情報のご提供。

■ボトルゲージ

埼玉娘はボトルゲージを取り付ける台座が無い為、ボトルゲージホルダーを探したがステンレスバンドで固定するタイプしか見当たらず困っていた。

ダークグリーンのスマートなボディにステンレスバンドはどう考えても浮いてしまうので、黒いバンドで取り付ける物が欲しかったが、NETでも行きつけのSHOPにも無い~。

そしてやっと見つけたのがZefalのゲージホルダーだ。
これは黒の樹脂バンドで締め付けるタイプでダークグリーンにも違和感がない。
尚、当然の事ながらZefalのゲージと相性良く作られているので他のゲージとの相性は確認する必要がある。

また、バンドの長さは3種類程あるので事前に取り付けるフレームの径を計測しておかないと購入時に悩んでしまう!

購入は新宿のジョーカーだが、移転前なので現在の在庫は不明。
(後日、ふらっと立ち寄った阿佐ヶ谷のフレンドにも在庫があった)
P1010109s

■タイヤ

オリジナルは1 3/8のタイヤだがこれを 1 1/8に変更して走りと見栄えを変えようとしたが、これまた欲しいタイヤが無い。

色々探して以下のNetSHOPで購入したが現在は少々値上がりしている。(100円程)

SWITCH (http://store.yahoo.co.jp/switch/index.html

P1010104s

P1010107s

■スピードメーター

CATEYEの有線タイプを用いているが、1 1/8タイヤの周長DATAがマニュアルに記載されていないので計測した。

如何に計測するか悩んだが、キッチンに置いてあるミニベロのタイヤに一適程、トマトケチャップを塗り、乗車してタイヤを一回転させて床についた赤い点の距離をメジャーで測った。(確か158)

身近な物でマークできて後できれいに拭取れる物は他に思いつかなかったが、正直なところこんな方法で良いのかとは思った。しかし、後ほどGPSのスピーメーターと比較したらほぼ同じだったので満足!

以上、ご参考になれば幸いだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

雨の休日

雨の休日

雨降りの紫陽花は綺麗だが、自転車海苔は雨が嫌いだ。

そんな雨の日曜日にひととせさんの車で自転車屋のはしごをした。 最初は両国のいちかわ、昔のブレーキの'ちどり'と最近の部品が雑然と並ぶ店内はまるでおもちゃ箱だ。

2件目はいつものLC。先般の雨の富士を走った自転車を整備されていたオーナー曰く、雨の富士は非常に大きなダメージを与えると。 富士の地層は粒子が細かい火山灰が多く、これが研磨剤の働きをする上に、冬場に撒いた凍結防止剤とでベアリングをダメするらしい。 hiroさんのバイクは大丈夫かな?
3件目はなるしま神宮店。いつもの事ながら混んでいる。 二階のアドバイサーに挨拶して消耗品のクリートを買ったがここは物欲を刺激する物が多い過ぎる! 自転車屋周りも面白かったが、やはり走りたかった休日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

アルティジャーノ・ジェラテリアと坂道

アルティジャーノ・ジェラテリアと坂道(暫定)

昔は甘い物は苦手だったが、最近は嗜好が変わったのか好んで食べるようになってしまった。

先週も物見山の帰りにコンビニで大福をつい買ってしまった。

そして、今日は百草園近辺で坂道練習の後、舌を噛みそうな名前の店で手作りジェラードをいただいた。

百草ファームの生乳を使って作る新鮮なジェラートはさっぱりして美味い。ダブルをオーダーした方もいたが・・・

坂道は百草園までの激坂、いろは坂、そして連光寺は2回程走りカロリーをだいぶ消費したはずだが、帰りのランチでまたもカロリーオーバーの坂道練習だった。

走行距離:81.74

写真を追加

P1010092s
今回はミニベロで坂道練習
P10100931s
ネイビーの塗装が綺麗なbouさんのミニベロ
P1010094s
激坂を越えて百草園の入り口
P1010096s
ここから、モグサファーム経由で アルティジャーノへ向かう
P1010098s
関戸橋の近くでいただいたランチの中華やきそばは平麺でなかなか美味。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

へたれ改善

天気予報では週末に走れそうもない為、ひととせさん主催の浅草橋ミニオフは金曜に開かれた。しかしながら、うれしい事に10日、土曜の天気は何とかなりそうなので、羽倉橋右岸10:00待ち合わせで物見山に行くことになった。

ミニオフは’薬膳なのでどんなに呑んでも2日酔いしません’との話だったが朝起きると2日酔いは無いが体は重い。やはり少々飲み過ぎ!

週末しか洗濯が出来ない単身赴任生活なので、軽く洗濯をしてから待ち合わせの羽倉橋右岸に向かう。
P1010069s2_1

最近は多摩川を走ることが多く、久々の荒川をのんびり写真を撮りながら走るがすれ違うローディーもほとんどなく、とても走りやすい。
P1010071s2

集合地点で待っていると、JINさん、bouさん、ひととせさんが到着したがokeyさんが来ない。健脚のokeyさんならすぐ追いつくだろうとの事で10:10過ぎに走り出したが向かい風の攻撃を受けてしまった。
P1010072s2
P1010073s2
病み上がりのJINさん
P1010074s2
上りに強いbouさん
P1010075s2

Hondaを過ぎ、ヤジマで30分程、時間をつぶしてokeyさんを待ったが現れない為、出発しようとしたらひととせさんの携帯が鳴った。okeyさんである。
何ともう物見山に着いたそうだ。あらら・・・
P1010078s2

仕方なく高坂の駅で合流する旨、伝えて先を急いだ。

荒川CRから川島こども動物自然公園自転車道線へは少々うろうろしたが何とか入れた。このCRは両側に雑草が多いがのどかなサイクリングロードである。
P1010082s2

高坂の駅でやっとokeyさんと合流して、空腹を満たす為、ブログで有名なリコ坊に向かった。
P1010084s2

リコ坊は初めてで、カレーのメニューが多く悩んでしまうが、多分メニューの上の方にあるのがお勧めかなと勝手に判断してフレッシュトマトとポークのカレーを頼んだ。辛いのが本当は好みだが昨日、肝臓と胃の特訓をしているので辛さ加減はマイルドにしたが、深みのあるとても美味しいカレーだった。
おまけにお値打ち!

満腹の幸せな気分を打ち消すように会計を済ませ、有名な物見山に向かいペダルを漕ぎだした。最初は快調だがやはり、へたれ足には厳しい。でも今回はドンジではない!
P1010085s2_1

ひととせさんお疲れ様!
P1010086s2_1

展望台まで上がり、帰りのルートを検討したが、ここは優秀なナビさんにお任せして下りを楽しみ、関越と圏央道の側道に沿って新豊水橋~残堀川経由で玉川上水まで何とか到着。関越と圏央道の側道は以外に走り易かった。
P1010089s2

ここでbouさんとお別れし、玉川上水沿いにしばらく走りひととせさんと別れ、JINさん、okeyさんと五日市街道で帰途に着いた。少々疲れたが入梅前に走れてラッキーだった。

走行距離:133.3Km

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

懐かしの大垂水峠と和田峠

高校生の時、シルクのランドナーで初めて越えた峠が大垂水峠だ。期待でいっぱいの初めのサイクリングが一瞬にして苦しみのどん底に落とされたのを今でもよく憶えている。

今回はその懐かしい大垂水峠と和田峠を4040のメンバーと共に越えた。

P1010045_web__1

一緒に走っていただいたのは、JINさん、okeyさん、bouさん、乱丸さん、ひととせさんで、昨日の朝練で一緒に走っていただいたアーミーさんは所要で残念ながら、ご一緒できなかった。

朝練でおしりが痛く、少々不安な思いをいだきながらまず多摩CRから浅川CRを経由して高尾に向かった。

右岸と左岸を交互に走ることを除けば、のどかな淺川CRを快調に走り、高尾のコンビニで小休止後、各自のペースで大垂水峠を目指した。

P1010048_web__1

P1010046_web_

最初は快調に走れたが、段々足が回らなくなり総重量オーバーのひととせさんにも抜かれドンジで峠に到着!一先ず乗って越える事はできたが運動不足の体にはこたえる。

下りはよいよいと思ったが、カーブにある速度オーバー抑制かスリップ防止の凹凸が怖く注意しながらの下りで神経を使った。後を走るJINさんに「びびってましたよ」と言われ図星である。笑

相模湖で休憩の後、和田峠に向かったが、アプローチから凄い勾配で先行き不安である。
P1010053_web_

GPSに入力しておいたWaypointを励みに懸命にペダルを踏むが、気持ちに反して足は悲鳴を上げている。乱丸さんが「降りて押すと違う筋肉を使うので少し楽になりますよ」のお言葉を素直に受け入れ何度も押したり乗ったりの繰り返しでやっと峠に着いた。
P1010055_web_

またもドンジ。今日も上りに弱いはずのひととせに抜かれてしまった。密かににローダーでトレーニングしているのかしら?

峠には駐車場や茶屋があり、登山者、ローディーが思い思いに過ごしていたが、30年以上前にランドナーで越えた時は茶屋も無く、行きかう自転車海苔もほとんどいなかったように思う。多分、ブームで自転車人口が増えているのだろう。

P1010065_web__1
やっと着いた峠
P1010062_web_
最近、流行の駐輪方法
P1010064_web_

休憩後の下りはとても急でブレーキレバーを握る手に力が入るが、こんな急な勾配を上ってくる自転車海苔が何人もいた。私にはとても無理!

神経を使う急勾配を下った後は陣馬街道を快調に走り、夕焼け小焼け公園で小休止。

途中、遅い昼食をとり、関戸橋で記念撮影をして解散した。皆さんお疲れさまでした。
P1010067_web__3

走行距離:145.4Km

| | コメント (6) | トラックバック (0)

また、朝練

特に好んで朝錬している訳ではないが、曇天の3日土曜日に連光寺の朝錬で汗をかいた。

P1010030_web__2

当初、この日は4040のメンバーと大垂水峠と和田峠を越えて陣馬街道で戻るポタを予定していたが、前日の天気予報では50%の降水確率の為延期した。しかし朝、目をさますと曇天ながら天気はもちそうな雰囲気である。

急遽、ひととせさんにメンバーの招集をお願いして、一足先にミニベロで多摩CRに向かった。

多摩CRでMAILを確認すると、ひととせさんから「まだ、出るな!集合12時」とある。まあ、来てしまったので集合までに連光寺を一回りすべくひととせさんを無理やり誘いだした。

今日はミニベロで例の病院前をスタートして連光寺坂上まで6分18秒である。5分の道はまだ遠いそう!

気を取り直し、集合地点に戻りメンバーを待った。集まったいただいた方はアーミーさん、okeyさん、bouさん、乱丸さん、ひととせさんと私の6名である。

暫し、自転車談議の後、再び連光寺の坂道へ移動して時間差をつけてスタートしたがbouさんにブッチギリされてしまった。

私は、心臓がドキドキでもうへとへと。

P1010033_web_

いつも健脚のokeyさん(上)、大学の隣で休憩(下)

P1010035_web__1

和田峠の言い出しっぺは私だがはたして越えられるの不安になってきた・・・

P1010036_web_

P1010037_web_

その後、皆さんでokey御用達のガストで昼食。ネバネバとマグロ、イカの丼でへたれエンジンに補給して、明日に備えて帰途についた。

皆さんお疲れさま。明日も宜しく!

走行距離:79.24Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »