« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

京都ポタ

勤労感謝の日は、埼玉の嵐山(らんざん)へ行く予定だったが、外れた天気予報で行けなかった。その替わりではないが嵐山(あらしやま)の京都へ嫁さんとポタに出かけた。

以前から、京都へお香を買いに行きたいと嫁さんに言われていたが、バスツアーもお手ごろのツアーは無く、また新幹線では市内の交通手段に問題があり延び延びになっていた。

結局、車で京都まで行き、市内は自転車で周る事にしてNetで駐車場とレンタサイクルを探した。なかには、指定した場所まで自転車をデリバリーしてくれたり、乗り捨て可能なレンタサイクルもあったが、25日は飛び石連休の為かNet予約できるレンタサイクルは何処もいっぱい!

そして、偶然見つけたのが、御所の近くにある梶井町パーキング。ここは何と、駐車料金が6時間で1,000円で、レンタサイクルが無料!

ここも予約がいっぱいかと思ったが、念のためTELで確認したら、OKだった。ラッキーだ。
Netで予約できない為に敬遠されているのかもしれない。

愛知県の自宅から名神で一路、京都東ICへ向かい、約2時間でパーキングに到着。早速、3速のママちゃりを借りてポタ開始。朝、9時の気温は低いが、天候は良く絶好のポタ日和だ。
P1020041s

まずは、今出川通を東へ向かい京都大学の側にあるレトロな雰囲気の喫茶店でルートの検討!店内には大きなストーブが真ん中においてあり、テーブルは大きく相席が常識らしく黙って隣に人が座る。撮影禁止で店内の写真は撮れなかった・・・
P1020054s

ここから、一旦高野川に戻って川沿いを高野橋まで北上してから小さな川沿いを哲学の道を目指して南下した。尚、このルートは事前にKCTから取り寄せた京都サイクリングマップを参考にさせていただいた。
P1020092s
哲学の道は原宿並に混んでいたが、紅葉は最高で自転車を押しながら歩き十分楽しむ事ができた。

南禅寺の近くにある湯豆腐の店は長蛇の列。皆さん忍耐強い・・・私には不可能な事!
P1020111s

南禅寺では駐輪場に自転車をとめて散策したが、駐輪場には高価なロードやミニベロがママちゃりと一緒に駐輪されており、人事ながら大丈夫だろうかと心配になってしまった。
P1020116s_1 
P1020123s_2 
P1020124s

南禅寺からは知恩院、高台寺を経由して清水へ向かう。まるで修学旅行みたいなルートだが、何処も商魂たくましいので驚いてしまう。知恩院は駐輪が400円。もちろん、そんな所はパスしたが。
P1020130s
2年坂、3年坂も秋の紅葉シーズンとあって凄く混雑しており、黒豆づくしの定食をいただいて、お土産を買ってそそくさと退散した。
P1020131s_1
この黒豆づくしは、黒豆のよせ豆腐、大豆のよせ豆腐、黒豆納豆の天ぷら、黒豆ご飯、黒豆の醤油、黒豆の味噌汁で黒豆の味が利いておりとても美味で健康になった気分!
P1020133s
この石臼は自分で甘味用のきな粉を擦るための物。

食後は雲行きが怪しくなってきたので少し急いでパーキングに戻ったが、丁度3時で追加料金なしの6時間で済んだ。

京都は自転車で周るが丁度良いと聞いていたが、まさしく、その通りで渋滞のバスやタクシーを横目にスイスイと走ることが出来た。

また、ルートを変えて是非走ってみたい。

走行距離:自動車 290km
        自転車  21.3km

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

紅葉ポタ

今日は、小川町まで輪行して、槻川の嵐山渓谷で紅葉を楽しむ予定だったが、昨夜の天気予報では無情にも雨・・・

しかし、朝起きると曇天ながら降水確率も下がっているので、近場の神宮外苑へ紅葉を見に出かけた。

P1010999ss_2
P1020002s

神宮を散策後、時間も十分あるので多摩サイへでも行こうかと考えていたら、嵐山へ一緒に行く予定だったひととせさんからmailが入った。

朝起きて雨が降っていない為、何処かを走りましょうとの誘いだった。やはり皆、考えることは同じだ。

神宮から甲州街道経由で待ち合わせの是政橋へ向かい、bouさん、ひととせさん、と私のミニベロ3人オヤジはひととせさんのガイドで連光寺、小野路、そして愛宕をのんびりと走り紅葉を楽しんだ!
P1020016s
P1020018s_1


P1020021s   
P1020024s
P1020026s
P1020027s
P1020029s
P1020033s
P1020036s   

都心から西へ移動したわずかな距離で紅葉の色づき具合が違うことに驚いた。また、嵐山へは行けなかったが、身近な里山の紅葉を十分楽しめた。

bouさん、ひととせさんありがとうございました。

走行距離:90.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

沖縄限定

L1493_1 
今日のランチは、以前ブログでご紹介した、餃子が美味い蒲田(蓮沼)の「歓迎」へ行ったが、同僚が少しだけ我がまま注文をした。

台湾ラーメンにセットで付くライスをチャーハンに変更していただいたのだが、値段は同じ。

食後に愛煙家の同僚が’煙草忘れた’と言ったのが奥さんに聞こえて、主人のですがと「VANTAGE」の封を切ってくれた。

申し訳ないので、’買います’と同僚が言ったが、遠慮なくとの言葉に甘えて1本いただいた。

この煙草は沖縄限定で都内は渋谷にしか無いそうだ。私は煙草を吸わないが珍しいので、ついでに1本。

帰りにお礼を言って残りを返そうとしたが、ライターと共にいただいてしまった。

行きつけの呑み屋ならまだしも、週一位しか行かないランチの店で、650円の台湾ラーメン食べて320円の煙草を頂いて恐縮である。

いつも美味い店だが気の利いた対応で今日は格別だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

紅葉を求めて秩父路へ

朝晩はめっきり寒くなったが、空気も澄んで真っ青な空のもと紅葉を求めて秩父路を走った。軍曹の誘いで集まったKimさん、つうさん、bouさん、私のオヤジ達は9:30に西武秩父で待ち合わせて一路、R299を志賀坂峠へ向った。

今日はkimさん以外は皆さんミニベロで参加である。

P1010932s_4 P1010933s_5
P1010937ss

kimさんは、おnewのホィールだがフロントから異音が・・・
自転車海苔なら誰でも気になる周期的な音が横で走っていても聞こえる。

電話でSHOPに確認したら、チューブラーのバルブがリムのバルブ穴に当たる音だった。輪ゴムで簡単に固定したら見事解消したが、とてもシビアだ。

ここからはダラダラの上りを志賀坂峠に向けて、景色と舗装状態が良い中を走るが、紅葉は思った程進んでいない。
P1010939ss
つうさんは何と半そでジャージ、アームウォーマーはされていましたが・・・
P1010941ss
色づきが少ない
P1010947ss
P1010948ss 

へたれの私にはそれなりの上りだが、皆さんにとってはあっけなく志賀トンネルに到着。暫し、談笑後、ウインドブレーカーを着こんで待望の下りを楽しむ。峠を越えると紅葉が一気に進んで景色がガラリと変わった。
P1010967ss
P1010969ss   P1010970ss
 
紅葉を楽しみながら峠を下り、本日のランチを食べる予定の神流湖畔の山水に着いたのは2時過ぎで空腹もそろそろ限界!
P1010989ss_1

舞茸の天ぷら蕎麦がうりの店のようだったが・・・体がお肉を求めてヒレかつをオーダーしたが、さっくりして美味かった。これだけ空腹なら何でも美味いかもしれないが・・・

食後はコインロッカーに荷物を預けてある西武秩父へ小さな杉ノ峠をこ越えてひたすらべダルを踏んだ。実は数日前から右足に違和感(筋肉痛のような)があり、少々シンドイ。

そんな私を気遣って終始bouさんが気をつかってくれた。本当にありがたい!感謝!
P1010990ss

帰りの空いた西武線では軍曹がいつの間にかに調達したお菓子やジュースで自転車談議に花をさかせ一路帰路に向った。

絶好の天気と紅葉で楽しい一日を皆さんありがとうございました。特に綿密な準備とガイド役の軍曹、お疲れ様でした。

走行距離:109.2km

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

豆乳鍋

こづゑさんのブログに豆乳鍋なるものが紹介されていた。好き嫌いはないが、何故か豆乳には縁がなく飲んだ記憶がない。

そんな豆乳で作る鍋は私にとって未知との遭遇!そして、仕事帰りに早速豆乳を調達していざチャレンジ!
P1010927s_1

ダシや水をどの程度加えるか少々悩んだが、そこは男の料理!いや失礼、おやじの料理なので適当にアレンジして、ダシは味覇を使い、水は少なめに加えた。あとは塩を少々。

具はあり合わせの豆腐、キャベツ、しめじ、にら、ねぎ、そして鶏のムネ肉とオリジナルとはだいぶ異なってしました。こづゑさんすんません!

弱火でことこと煮て、出来上がりを一口いただいたが、やさしく滑らかな舌ざわりでとても美味い。正直、驚いた!

こづゑさん美味い鍋を教えていただきありがとうございました。

尚、余談だが、手前のぬか漬けは自家製だ。かぶは細かく刻んだ葉が美味い!

| | コメント (12)

2006年11月12日 (日)

上海ガニ

昨日は生憎の雨でGibsonさん企画の「ハンスホールベック」へローストポークを食べに行くオフ会は残念ながら延期になった。そして、今日は4040の多摩CRオフ会。
風が強く寒いが青い空でオフ会日和。

しかし、同僚から誘われた上海ガニパーティーの誘惑には勝てず、あっさりカニをチョイス!

今回は買出しのミッションを受けて参加メンバーの女性と上野で待ち合わせて、いつもの店へ行ったが、販売している店が少ない。

P1010906s

特定外来生物被害防止法に基づいて、業者以外には活けでの販売ができなくなったことで扱い店が少なくなったようだ。対応しては、その場で電子レンジにかけてショック死(加熱)させて販売する。逃げ出したり、不法に放すと繁殖力が強く、日本の在来種の生息に影響するらしい。

そんなこんなで、買出しは少々時間が掛かったが、人数分のオスとメスを無事調達して同僚宅へ向った。

同僚は手馴れた手つきでカニをビールで蒸して、美味そうな上海ガニがテーブルを飾った。
P1010911s

P1010916s
非常に濃厚な味で何もつけなくても美味く、暫しの静寂。やはりカニを食べる時は皆さん何故か静か!

そして、北海道で調達された珍しい焼酎を振舞っていただいたが、ビールを飲みすぎて、ワカメの焼酎しか味見ができなった。

P1010920s
このワカメの焼酎はワカメをしゃぶりながら焼酎を飲んでいるようで美味い。かぼちゃ焼酎もかぼちゃ味らしい。で、一番気になったミルクはコメントを聞き忘れたがどんな味だったのかな?
P1010923s

延々、6時間程飲んだり、食べたり楽しませていただいた同僚に感謝!感謝!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

森の中

静かな森で焚き火をしながら、ウイスキーをちびちびしたいと、おもむろに考えていた。

オートバイやRVでのキャンプは長年経験しているが、荷物が限られるチャリでのキャンプ経験はなく、手持ちのテントやシュラフは重くて使えない。そこでまずNetで軽い物を調べてある程度候補を絞った後に、先輩チャリキャンパーのいちかわさんに相談させていただいた。

突然の相談にも関わらず、丁寧なご連絡を頂いて、シュラフはモンベルのULSSダウンハガー、テントは同じくモンベルのステラリッジを購入!両方とも小さくとても軽い。(いちかわさん、 アライをご推薦いただきましたがスンマセン!)

バックはキャラダイスを注文したが、何処にも在庫がなく入荷待ちで、仕方なく今回はテントをハンドルに縛りつけ他の荷物は背負って走った。

道志に向けて、多摩CRを走っていると河原に鳥の大群が・・・カワウとサギのようだがあまりの数にびっくり!
P1010865s

府中四谷橋で多摩CRを離れ北野街道を西に走り、高幡不動を過ぎて途中から適当に南下してR413へ入る。
P1010867s
P1010871s_1

あとは、津久井湖を通過して道志道へ。道志の森までは緩やかな上りが続き、思いのほか時間が掛かる。

P1010873s_1
昼は野原の蕎麦屋でとろろ蕎麦をいただいたが、美味しい。
店の方が道志の観光案内を手に、近くに映画「明日の記憶」のロケに使われた野原のつり橋があると教えてくれた。
P1010875s_1 

食後の散歩にそのつり橋を見に行ったが、狭い橋で大きく揺れる。また野原のつり橋から数キロ先に久保のつり橋があり、こちらも渡ってみたが、やはり揺れて面白い。
一度に10人以上渡らないようにと注意書きがあったが、私が渡った時は10人以上いたような・・・
P1010877s
P1010878s

その後もだらだら上りを道の駅道志を目指してペダルを踏むが、背中がしんどい。宅配便ののぼりを見る度に帰りは荷物を送ろう等と考えながら走る。

そして、やっと道の駅道志に到着。とても混んでいたのでそそくさと立ち去ろうとしたら、自販機の前に見覚えのある女性が・・・
4040のオフ会でお会いした方でした。沖縄に向けての練習に来たそうだが、世の中は狭し。

ここから、国道を離れて静かな山道をすこし上り、区画のない川沿いの広いキャンプ場に到着。
管理等で500円支払うと、お姉さんが13夜のお団子をご馳走してくれた。安い上に、疲れた体に甘い物は嬉しい!

P1010886s

P1010889s_2
P1010891s


広いキャンプサイトに小さなテントを張り、まずはBEERで喉を潤してからウイスキーをちびちびとやりながら静かな夜が更けていった。
P1010892s_1

たまにはこんな酒も良いもんだ。

走行距離:94.4km+87.4Km

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »