« 上海ガニ | トップページ | 紅葉を求めて秩父路へ »

2006年11月14日 (火)

豆乳鍋

こづゑさんのブログに豆乳鍋なるものが紹介されていた。好き嫌いはないが、何故か豆乳には縁がなく飲んだ記憶がない。

そんな豆乳で作る鍋は私にとって未知との遭遇!そして、仕事帰りに早速豆乳を調達していざチャレンジ!
P1010927s_1

ダシや水をどの程度加えるか少々悩んだが、そこは男の料理!いや失礼、おやじの料理なので適当にアレンジして、ダシは味覇を使い、水は少なめに加えた。あとは塩を少々。

具はあり合わせの豆腐、キャベツ、しめじ、にら、ねぎ、そして鶏のムネ肉とオリジナルとはだいぶ異なってしました。こづゑさんすんません!

弱火でことこと煮て、出来上がりを一口いただいたが、やさしく滑らかな舌ざわりでとても美味い。正直、驚いた!

こづゑさん美味い鍋を教えていただきありがとうございました。

尚、余談だが、手前のぬか漬けは自家製だ。かぶは細かく刻んだ葉が美味い!

|

« 上海ガニ | トップページ | 紅葉を求めて秩父路へ »

コメント

あいやー、美味しそうですねぇ!
具なんて私もありあわせの適当だから、何だっていいんですよ(笑)
私は少な目の鰹だしで白菜などを煮てから、豆乳を入れて煮ました。
ジークさんのはちょっと中華テイストですね。それも美味しそう!

なかなかいいでしょう?豆乳鍋。
私のブログを見て早速真似してもらったなんて、ほんとに嬉しいです。

しかし、お一人なのに糠漬けもやってらっしゃるなんて凄いですね。
やっぱり自家製は美味しいですよねー。

投稿: こづゑ | 2006年11月14日 (火) 23時19分

あぁおいしそう今度やってみよぉ(^^♪

投稿: FOX | 2006年11月15日 (水) 01時22分

美味しそうです。
うちも豆乳には縁がないので、今度やってみようかなぁ。
ぬかづけ作ってるんですね。私は、ぜーったいぬかの管理ができないからやってません。毎食、家の精米機で玄米を精米して食べてるので、ぬかだけはたんまりあるんですけどねぇ。

投稿: jun | 2006年11月15日 (水) 06時07分

うわぁぁ~~~おいしそう!!豆腐&豆乳大好きな私としては、是非食べてみたい料理ですね~♪

投稿: キーコ | 2006年11月15日 (水) 10時51分

こづゑさん、

かつおダシを使われたのですね。ポン酢をつけたとあったので
和風かなとは思いましたが。

寒くなると鍋の出番が多いのですが、チゲ風とか、キムチ鍋の
ようなものが多かったのでレシピが増えて嬉しい次第です。

投稿: ジークフリート | 2006年11月15日 (水) 18時50分

FOXさん、

豆乳鍋はキャンプでも出来そうですね!でも、-37.5度では
凍ってしまいますね(笑)

投稿: ジークフリート | 2006年11月15日 (水) 18時56分

junさん、

’玄米を精米して’羨ましい環境ですね!きっと、美味いですよね!

ぬか漬けは何度もダメにしましたが、今は冷蔵庫に入れて
いますので数日ほっておいても大丈夫です。

漬かるのに時間かかかりますが、あまり手間は掛けられませんので仕方ないですね!

投稿: ジークフリート | 2006年11月15日 (水) 19時12分

お久しぶりです。
豆乳!
いいですね。好きです。
そのまま飲んでも、鍋でも。
私の仕事先にも、豆乳を扱うことを提案しました。
都内の食料品販売店やデパートの地下をめぐっていろいろ調査しましたが・・・。
結局案は採用されなかった。
残念でしたね。

投稿: ジジ | 2006年11月15日 (水) 20時10分

キーコさん、

LAに豆腐はありそうですが、豆乳はどうかな?

年末に帰国されたら、一緒に一杯いただきなら食べましょう!

投稿: ジークフリート | 2006年11月15日 (水) 21時22分

ジジさん、

こちらこそ、ご無沙汰しております。

豆乳はこづゑさんのブログがなかったら縁がなかったと
思います。

私のように単にきっかけが無く美味さを知らない方
も多いのかと想像できます。
食品業界の事は詳しく知りませんが、拡販には継続
的に応用方法をアナウンスする必要があるかもしれ
ませんね!

投稿: ジークフリート | 2006年11月15日 (水) 21時48分

おー ヨメ要らず・・・
うっ 本当にジークさん作ったの?(爆)

投稿: きや | 2006年11月17日 (金) 23時49分

きやのーんさん、

ハハハ、その疑いは・・・
どなたか、作ってくださ~い!

投稿: ジークフリート | 2006年11月19日 (日) 09時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 上海ガニ | トップページ | 紅葉を求めて秩父路へ »