« 大根と鶏の炒り煮 | トップページ | DURA-ACE »

2007年1月23日 (火)

穴がない

うだいぶ以前の事だが、初めて名古屋で味噌煮込みうどんを食べた時は、その色と味に強烈な印象を受けた。

豆を材料として、麦や米味噌より熟成させた赤味噌は見慣れた味噌とは違い非常に濃い色でその上、味も独特で正直、馴染めなかった。

P10203731s

また、食べ方も個性的で土鍋の蓋を受け皿にして熱々のうどんを取り分けていただく。

その為に土鍋の蓋には蒸気抜きの穴がない。全ての店や家庭の土鍋の蓋に穴がないわけではないが、有名な店では確かにない。

名古屋流の合理的な考え方かもしれないが、食べ難いのも事実。

そんな馴染めなった味噌煮込みだが、今ではすっかりハマってしまい名古屋から味噌を持ってきて単身の部屋で1人作るようになってしまった。

嫁さんから教わった作り方のコツは2つだけ。まず、必ず土鍋で作ることで、鍋で作ると何故か美味くない。そして、干し椎茸を戻して使うことだ。

かつおでダシを取ってから、味噌こしで味噌を少しづつ溶き入れるのがいいのだが、私は手ぬきで’ほんだし’を使い、スプーンで味噌を適当に入れてしまう。

後は、鶏肉、長ねぎ、油揚げ、冷凍うどん、そしてじっくり戻した椎茸(戻し汁も)をぐつぐつ煮て最後に卵で出来上がり!

寒い日はこれに限る。

|

« 大根と鶏の炒り煮 | トップページ | DURA-ACE »

コメント

名古屋には何度か行っていますが
「名古屋で」味噌煮込みうどんを食べたことは
ありませんでした。東京で食べるものは「東京風」
なんでしょうね。
この日記を覚えておいて、
こんど行ったときに食べることにします。

投稿: いちかわ | 2007年1月23日 (火) 21時52分

いちかわさん、

毎度です。早いコメントに驚いています。

名古屋では山本屋が有名ですが、麺が煮えていないと
感じる程、コワイですよ。

この山本屋も総本家と本店があり、お互い関係ないと
コメントしており、由来は定かでありません。

でも、是非一度どうぞ!

投稿: ジークフリート | 2007年1月23日 (火) 22時15分

ジーク殿、この頃かいらしい内容が多いですね。
もう帰りたくなったとか?

タイトルを見て、またやらかしたかと思いました。
無骨ですみません。

投稿: okey(^0^)!! | 2007年1月24日 (水) 08時06分

okeyさん、

寒い日のひとりは堪えますなぁ~ 早く、春にならんかしら!

タイトルは最初’味噌煮込み’でしたが、面白くないので
変更しました。からっぽな頭を使っています・・・

投稿: ジークフリート | 2007年1月24日 (水) 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 大根と鶏の炒り煮 | トップページ | DURA-ACE »