« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

関八州見晴台

R00101171s
関東の八州、現在の一都六県が見晴らせる、関八州見晴台を目指して正丸駅に集まった愉快な自転車仲間は8人。ばっちゃん、hiroさんそしてbouさんは自走で、みゆきさん、さいとうさん、motoさん、ひととせさんと私は輪行だ。

まずは、正丸駅から虚空蔵峠、刈場坂峠に向けてペダルを踏むが、いきなりの急勾配ですぐに心臓は激しく鼓動を打つ。

坂道は厳しいが、遠くの山並みは非常に綺麗で心地よい。
R0010094s
最初の峠は虚空蔵峠
R0010098s
刈場坂峠の茶屋では薪でご飯を炊いていたが美味そうだ。

R00101041s

R0010108s
ぶな峠は目立たなく、行き過ぎそうだった。
R0010110s
飯盛峠
R0010111s
関八州見晴台の登り口は解りにくい。徒歩で少々登るが素晴らしい眺めだ。
R0010121s
傘杉峠もひっそり。
R0010124s
R0010126s_1 顔振峠の茶屋は混雑して軽く蕎麦を食べただけなのに、小一時間を要してしまった。お詫びにと、アクエリアスをサービスしてくれたが・・・


R0010130s
R0010136s_1 蕎麦屋で思いがけなく、時間を取ってしまった。
気を取り直して忘路庵でデザートのシュークリームをいただくつもりだったが・・・ここでも問題発生。
8人なのにシュークリームは3個のみ。

 

R0010133s
居心地の良い忘路庵を後に飯能へ向けてペダルを踏むが、R299は交通量が多く非常に気をつかう。
R0010137s
そして、自走で帰宅。

奥武蔵グリーンラインは少々路面の状態が良くないが、景色はとても良くまた是非訪れたいところだ。

走行距離:94.2km

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

「単」

P1030288s

少々遠回りした感があるが、結局単焦点に戻った。
コンパクトのズームは使いこなしが難しい、されど「単」を使いこなせるかは疑問だが。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

成木ヒルクライム

R0010028s Gibsonさんの独逸オフは雲行きが怪しく残念ながら中止となったが、朝起きると夕方までは走れそうなので近場でひととせさんと急遽、山錬する事になった。

最近、コソ練のメッカとなっている連光寺、尾根幹あたりを軽くの予定であったが、集合の是政橋に向かう途中に突然、成木のヒルクライムコースを走りたくなった。


集合後、その件をひととせさんに了解いただき成木に向かった。

R0010051s
しかし、思いつきは間違いのもとだ。ここで左折してしまった。
R0010056s
だが、一部ダートの残るルートは昔ランドナーで越えた峠を思い出させてくれ、景色も良く十分楽しませてくれた。
R0010060s


R0010061s

心臓はバクバクだか景色は最高。

R0010063s

R0010065s
高水山常福院の山門
R0010072s_1

R0010076s

上った路を慎重に下ると、ブレーキを引く手は痛くリムもホカホカ。

R0010085s_1

ランチを求めて走るが急に空が黒くなり、雷鳴まで聞こえる。空腹に耐えて福生に着いた途端に雨が降り出してしまった。

遅いランチ兼雨宿りで空の様子伺い。

R0010086s

次回は事前に確認してリベンジかな!

走行距離:139.5km

Narikis

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

姫のお山練

M姫がヒルクライム練習をした~い。
このご要望に対して名企画者のひととせさんが先導するお山練に集まったのは、みゆきさん、rimoさん、haruちゃん、こづゑさん、さいとうさん、あーみーさん、hiroさん(途中離脱)、ひととせさん、私の9名。なんと、姫様を4人も引き寄せるひととせさんは流石!
P1030244s P1030246s
P1030254s_1P10302521s_1
まずは多摩サイを遡上して羽村のチューリップ畑へ向かった。昨年は刈り取った後で寂しかったが、今回はまさに見頃のチューリップに一同ため息。
一旦、福生南公園に戻り、七曲峠を越えて淺川経由で八王子市場でランチの予定だったが・・・そう、先週と同じで休みだった。残念!

仕方なく近所のファミレスで食事を取り、百草園の激坂で汗を流した後はアルティジャーノ・ジェアテリアで暫し休憩。土日限定のヨーグルトのジェラートは甘すっぱく美味い。
P10302681s_2


P1030269s_1
最後にこれまた定番の連光寺ではbouさんが加わり恒例のタイム計測をして、坂道で満腹のポタだった。
P10302711s
非常に塗装が美しいharuちゃんのアンカー。
P1030273s
帰りに新装した神金自転車の前を通ったが、今風の店構えに昔の面影は感じない。
P1030272s

R20の不思議な店

P1030275s

走行距離117.7km

P.S.

関戸の記事の写真はニップルで作られたピアスだ。

P10302321s_1


 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

気になること

ブログにはアクセス解析機能がある。この一つに、アクセスしていただいた方の地域を確認できる機能があるが、いつも北海道の方が訪問してくれる。

北海道は私にとって特別な所でとてもうれしく、気になる。

時刻表も満足に読めないのに、ザックを背負った初めての一人旅は北海道だ。
20日間有効の周遊券を目一杯使った貧乏旅行で数回訪れたり、250ccのバイクにテントを積んで周ったりした。

多くの方と知り合えた予定の無い旅は、かけがえのない経験となり、嫁さんも北海道で知り合った女性の同級生だ。そして、私の母は北海道育ち。

そんな、北の大地を今年は是非ともチャリで走りたい。

| | コメント (6)

関戸橋

P10302321s

春と秋に関戸橋で自転車のフリーマーケットが開催される。9時30分に着いた時には既に多くの自転車が土手に寝ており、会場は賑わっていた。

古く懐かしいパーツやロードが所狭しと並べれ、見るだけでも十分楽しめる。
出店されている、いちかわさんと暫し自転車やカメラ談義を楽しんだが、こののどかなフリマの開催に尽力する有志がいる事を知った。
主催者がいなく自然発生的に開催されているが、そこは国土交通省が管理してる河川で色々と厄介な事があるようだ。有志に心から感謝したい。

帰りに、多摩川原橋でさいとうさん、そして水道橋でこづゑさんに遭遇したが、お二人ともコソ練に向かう途中だった。実は私もコソ錬のつもりだったが・・・

走行距離:52.2km



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

久々の荒川

先週の南山林道で気をよくしたオヤジ達は、週末に奥武蔵グリーンラインを走ろうと相談していた。しかし、直前に、’ライブの翌日に峠をいくつも越えるのは・・・’という事になり、コグコグに初参加するつもりだった。30kmのコースなら楽で新しい仲間と走るのも楽しそうと考えていた。

ところが、昨夜酔った私がmailの取り違いをしてしまい、ダブルブッキングをしてしまった。
朝、起きてから問題に気が付き、ひととせさんにあわててTELし事なきを得たが、アブナカッタ・・・

で、USSYさんのお誘いを受けて久々の荒川CRを走り、春の優しい日差しと新緑を楽しんだ。

秋ヶ瀬のサクラソウ群生地は、時期が未だ早い為かチラホラでさびしい。
P1030207s
荒川のCRは走りやすい。
P1030213s
榎本牧場でいつものラムレーズンを食べながら、花の撮影。
P1030218s
榎本牧場を後にして、ランチを求めてフラフラ。日曜日は休みの店が多く困る。初めての嶋屋も休みでショック!

結局、ワイズの対面にあった中華でランチを済ませて後、ふた手に分かれて解散となった。

私は志木ー大泉学園ー石神井公園ー下井草ー阿佐ヶ谷経由で帰宅したが、新座高の近所にダチョウ牧場が・・・!?

P1030221s


P1030223s
走行距離:87.4km

| | コメント (21)

2007年4月14日 (土)

タンゴとボサノバ

P10301961s西麻布のライブハウスでみゆきさんのアルゼンチン・タンゴを聴いた。

タンゴは元々はブエノスアイレスで単身赴任のオヤジ達がフラスレトレーションのはけ口として男同士で踊ったのが始まりだと解説があった。

同じ単身赴任である、私のストレス解消は、もっぱら緑の中でペダルを踏み汗をかくことだが、初めてライブで聴くタンゴに暫し聴き入った。ゲストで参加されたUSSYさんのボサノバと共に優雅なひと時を過ごせた休日だった。




実は西麻布までのルートを調べたら、僅か6kmだったので、ママチャリで散歩がてら、のんびりと行った。

P1030176s_1

P1030201s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

半原越

宮ヶ瀬湖の東に位置する半原越を南山林道を走り、4040のbouさん、ひととせさんと越えた。
へたれで上りの心拍数は180近くまで上がってしまい、度々休憩せねばならぬが、山の中を走る林道は心地よい。
上りの苦しさを差し引いても余りある、山の緑には大きな力があるように思う。

高校時代にランドナーで越えた峠を、思い出させてくれた峠道だった。


集合の関戸橋に向かう多摩サイの桜はまだ綺麗だ。
P1030126s_2
菜の花の横で休憩。
P1030135s_1
P1030137s_1
行きの新小倉橋では息の荒い方が・・・
P1030142s_1
帰りはこの小倉橋。
P1030143s_1
R412から南山林道へ入る際に道を間違えて、坂道追加となったが林道は快適。

P1030149s_1
勾配が段々と、きつくなるが、健脚のbouさんは鼻歌でスイスイ!
P1030151s_1
静かなところで暫し、休憩。
P1030153s_1
やっと半原越に到着。この半原越の名は昔、養蚕の繭を半原まで背負って越えた事によるそうだ。

P1030156s_1

さあ、ここから宮が瀬まで下りだ。

P1030159s

偶然にも観光放水を見学できたが、ダイナミックだ。下を見れないお方が一人いたが。

P1030170s

服部牧場ではシープドックが練習中。

P1030172s

走行距離:131.4km

bouさん、ひととせさん、ありがとうございました。またヨロシク!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

傷心を癒しに

二股を掛けられていた事は承知していたが、間違いなくこちらを選ぶと信じていた。だが、昨夜mailが入り、来ない事が分かった。信じていた自分が愚かだった。
楽しみにしていたのに・・・・・・

仕方なく心の傷を癒すべく箱根山に向かった。
P1030124s
実は、いつもの週末コールに荒川を提案したが、お山がご希望との事で南山林道を再度提案した。お気に召したようで楽しみにしていたのだが・・・そう、彼は海に行ってしまったのだ。
まあ、最初から海の事も聞いてはいたが、少々残念。しかし、明日に延びたので仲間が増えて良しと。

そして箱根は箱根でも、ここは都内の最高地点である戸山公園の箱根山だ。標高は44.6mの人工の山で、のんびりとお弁当を食べながら、くつろぐ方がいたが景色はイマイチ!
P1030123s
まだ、桜は綺麗だったが。
P1030122s

帰りに’喫茶Nしま’に寄りGeeランの情報収集して帰宅したが、都内には意外な所がまだ多くあり楽しめる。ひ○○せさん、明日はよろしく!

走行距離:20.4km

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

コンバーチブル

コンバーチブル
M社のオートギャラリーにコルト600コンバーチブルが展示されていた。

1962年の第9回全日本自動車ショーに参考出品され、市販はされなかったようだが、非常に美しいデザインだ。

この時代のコンバーチブルはヨタハチ、エスハチ等どれも魅力的な車に思える。

もちろん、現在の高度な技術で作られた車と比較すれば、それなりの性能だろうが、数字では表現できない美しさを感じて暫し見惚れてしまった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

大あんまき

大あんまき
ひととせさんからリクエストをいただいた、知立の大あんまきを調達したが・・・
今日のオフ会は鮨、さてどうするべきか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

江ノ島シラスポタ

ポカポカ陽気の中、4040のつかささんが企画した江ノ島シラスポタに参加した。4040のオフ会は夜オフが多く、実走オフは大島以来の参加だ。

参加メンバーはつかささん、あーみーさん、kabigonさん、減塩生活さん、JINさん、Seagullさん、rimaさん、hasekatsuさん、bouさん、ひげJacoさん、乱丸さん、rimoさん、ひととせさん、そして私の14名。
P1030050s_1

集合地点の町田をスタートするや否や、メンバーの一人がパンク!優しいbouさんがHELPして速やかに修理完了。

P1030062s_2
今年初めての半パンで、桜が満開の境川CRを江ノ島へ向かい快適に走る。
P1030067s_3
桜のトンネル
P1030072s_1
境川の定番ポイントである飯田牧場でラムレーズン。

江ノ島で生シラス、ご飯、ハマグリ、サザエを調達してランチの準備。準備万端のつかさんのザックには使い捨ての丼。

P1030073s P1030077s P1030078s
P1030074s_1
大根をおろして、まずは生シラスの味見をするが、まったく臭みがなく美味い。日本酒に合いそうだ。そして、サザエとハマグリを焼き焼き!
P1030087s P1030088s P1030091s
P10300921s
海の幸を堪能した後は、鵜沼の天然かき氷埜庵へ。
秩父の天然氷を使ったかき氷は頭にキーンとこないそうだ。しかし、氷が苦手な私は甘いものをいただいた。上品な甘さでとても美味。
P1030101s P1030103s P1030104s
削る前の氷を見せていただいた。
P1030108s_1
その後、鎌倉で自走と輪行組に分かれたが、軟弱な、いや賢明なオジン5名は自転車を袋に詰め込んで逗子から 輪行で帰宅。

つかささん、そして4040の皆さん、ありがとうございました。

走行距離:96.3km

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »