« スイカの香り | トップページ | 反省会 »

2007年6月11日 (月)

雨の尾瀬

R0010527s

雨の尾瀬を歩いた。

雨でもマイナスは何もなく、天気が良ければプラスが増えるだけと、リーダーが帰りの車の中で語っていたが、その言葉のとおり非常に充実した週末を過ごした。

初めての尾瀬、しかもキャンプ。天候が気にならないと言ったら嘘になる。
しかし、ベテランのみゆきさんとばっちゃんが早くから綿密な計画を立て、万全の装備で中断や引き返す事も視野に入れての出発だった。

早朝の東京を順調に走り、大清水に車をデポ。最初の休憩ポイントの一ノ瀬までは青空がのぞき、皆さんの普段の行いに感謝したが・・・その後はカッパのお世話になってしまった。

三平峠には雪がまだ残っており、尾瀬が山である事を再認識した。しかし、非常に軽装の方も多く驚きであった。
三平下からは尾瀬沼の南岸を歩いて沼尻に向かったが、木道の無い部分は泥沼と化して非常に歩き難く景色を楽しむ余裕なかった。帰路は北岸を歩いたがこちらは歩き易かった。

この南岸以外は、濡れた木道が滑り易く注意が必要だが、水墨画のような世界と苔生した木々や可憐な花を十分楽しめた。
また、幸いな事にキャンプサイトの下田代では雨も上がり、テントの設営も順調に済み、尾瀬ヶ原の散歩や夕食も外で食べることができた。

特性カレーとホタテと大根のサラダは旨く、特上の酒を美味しく頂き、いつしか夢の世界へ。さいとうさんとばっちゃんに挟まれて、非常に暖かく眠ることができた!?

今回は二日間共カッパのお世話になり、至仏山や燧ケ岳の美しい姿は望めなかったが、要所では雨が上がり、尾瀬の素晴らしさを愉快な自転車海苔と共に楽しむ事が出来た。リーダーをはじめ皆さんには、大変お世話になり感謝!感謝!

尚、山小屋の周辺に自生する水芭蕉は巨大で異様な姿だった。リーダー曰く、昔の山小屋ではゴミを埋めており、これにより、栄養が豊かな土壌となった為だそうだ。
現在は全ての廃棄物を残さない対策が取られているが、山小屋の収支は厳しいとか。環境保全と観光の両立の難しさを実感した。

写真はこちら’雨の尾瀬

メンバー

みゆきさん(リーダー)、ばっちゃん、さいとうさん、ゆうこさん、ジークフリート

歩行距離:
9日   14.5km
10日 15.8km

Other_20070609_692007s 6kms

|

« スイカの香り | トップページ | 反省会 »

コメント

ご無事で何より。
いい写真がたくさん撮れて良かったですね。

投稿: ひととせ | 2007年6月11日 (月) 22時35分

ひととせさん、

カメラが濡れないように、気を使っての撮影は少々
大変でしたが、素晴らしい景色は最高の癒しですね。

このような天候では、防水カメラがいいね!

投稿: ジークフリート | 2007年6月12日 (火) 08時22分

お疲れさまでした!写真綺麗ですね~流石っす。
楽しく愉快に過ごせたのはしっかりしたリーダーがいて統率が取れていた結果です。短い時間に結束出来て楽しかったですね。また機会を作って歩きに行きましょう!

投稿: ばっちゃん | 2007年6月12日 (火) 10時08分

ばっちゃん、

ありがとうございます。オヤジでも褒められると
嬉しいですなぁ。

でも、この写真が撮れたのも、ばっちゃんをはじめ
皆さんのお陰です。
非常に有意義な時間をありがとうございました。

投稿: ジークフリート | 2007年6月12日 (火) 21時48分

尾瀬て私の山登りの原点ですな。初めての登山。それからなんですね。いいっすね。でも最近は歩く速度がじれったくて。ついつい自転車に乗ってしまいます。急ぎすぎですかね。人生、急ぎすぎると失敗するんで気を付けます。

投稿: あーみー | 2007年6月12日 (火) 23時02分

雨の尾瀬も風情がありそうですね。
私はいったことないんですけど、日光の切込湖・刈込湖にいってみたいんですよね。

なかなかいいらしいですよ。歩きでないとNGみたいですが・・・

うちのおとんが尾瀬が大好きでよく車で近所のおじじたちといってます。

昔は六法全書とおともだちだったのに(どちらかというとインドア派)

しかし、年とともにガーデニングやったりと外にいることが多いです。

父の日(日にち間違えてましたが)にあじさいを送るようにしてますが、植替えして大きく育ってます。

あじさい寺みたくするそうです。

いつになることやらと思いますが・・・

投稿: わか | 2007年6月13日 (水) 00時02分

あーみーさん、

尾瀬が山の原点でしたか。
高尾山や丹三郎尾根は、尾瀬に行く為の脚慣らしでした
ので、私にとっても尾瀬が原点かもしれません。

山の木々や草花を眺めながら、歩くのは爽快です。
自転車も山もノンビリ行きましょう!

月末の羅臼は、気をつけて行ってきてください。

投稿: ジークフリート | 2007年6月13日 (水) 08時26分

わかさん、

切込湖・刈込湖ですね、調べてみますね。

お父様が何度も尾瀬へ足を運んだ気持ちは分かります。
軽装の観光客も多いのですが、素晴らしい所です。

私自身、昔は花にはまったく興味がありませんでしたが、
最近は気になります。
但し、殆ど名前を知らないので、覚えようとしていますが、
全然頭に入りません!

投稿: ジークフリート | 2007年6月13日 (水) 08時36分

ジ-クさん、野草はだめですが゜花屋で扱っているものならだいたい知っていますよ。ちなみに尾瀬で咲いている水芭蕉ですが白い部分はがくです。白いがくの中にあるつるんとした黄色いのが花です。そういうのって他にもいっぱいあります。どうでもいいことですが・・・綺麗なものを綺麗だなぁと素直に見ることのできるきもちが大切なんですよね。自然の美しさはすばらしいです

投稿: vicky | 2007年6月13日 (水) 21時55分

vickyさん、

白い部分がガクで黄色が花ですか・・・
知りませんでした。
漠然と見ているよりも、多少でも理解して見る
のでは大違いです。ありがとうございました。

少しずつ覚えますね!

投稿: ジークフリート | 2007年6月14日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/6739645

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の尾瀬:

« スイカの香り | トップページ | 反省会 »