« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月25日 (土)

見過ごしていた

070825_063149s
SH702IS

赤いタイヤとチェーンを新調した為、試走も兼ねて早朝の多摩サイを走る。

続きを読む "見過ごしていた"

| | コメント (10)

2007年8月19日 (日)

夏休み

P1030437s

夏休み最後の週末は、自転車で三浦のマリーナまで走り、クルージング&夏祭りの予定。朝4時にスタートしたが、この時間は涼しい。
途中の横須賀には、潜水艦が停泊していたが、意外に太くて短い。

続きを読む "夏休み"

| | コメント (12)

2007年8月15日 (水)

美ヶ原林道

R0011272s
名古屋発の特急しなのに乗り込んで、松本に9時過ぎに着いた。松本は標高が585mだが名古屋と変わらぬ暑さだ。ここからまず浅間温泉を目指して、ペダルを踏む。

浅間温泉を起点とする美ヶ原林道は、のっけから凄い勾配でいきなり大汗だ。
最初の美鈴湖までが、キツかった。その後も延々と上りが続き約2,000mまで高度を稼いだが、ダブルのボトルはアッという間に底をついてしまった。
R0011282s
上りはキツイが、青い空のもと、遠くの山並みまでくっきりと見えて景色は最高。

R0011286s
特に車が規制されている美ヶ原の眺めは絶景だ。

R0011293s

写真を撮ろうとしたら、ソッポを向かれた・・・・

R0011300s

R0011301s

牛君と違って愛想たっぷりの馬君

R0011303s
美ヶ原から山本小屋に抜け、ビーナスラインを一気に下る・・・・はずだったが、それなりにUP、DOWNがありキツイ。昔、オートバイで走った時は有料道路だったビーナスラインは、無料で開放されている。
R0011308s
そのUP、DOWNも霧ヶ峰で終わり、上諏訪までは一気にダウンヒル。あまりに長くて急な下りで、ブレーキを握る手が痛くなり休憩してしまった程だ。

R0011310s
上諏訪からは、花火の影響で遅延していたスーパーあずさで新宿まで輪行で帰宅した。
距離は、さほどでもないが、長い上り、長い下り、そして素晴らしい景色の三拍子揃ったルートで夏の一日を十分に楽しめた。

Cycling_8152007_elevation_times
走行距離:72.6km

 

| | コメント (21)

2007年8月12日 (日)

嫁の日

070812_101149s

名古屋ではメジャーな小倉トーストの傍らには何故か、ガンモドキと切干大根・・・
不思議な取り合わせのモーニングで遅い朝食をとった後は、ブラビが出ている映画をBeerにポップコーンをつまみながら楽しんだ。
夏休みのこの時期は子供向けの作品は大きなホールで上映されるが、この作品は何と50名も入らない小さなホールで唖然とした。これで、同じ値段は少々解せない。

おまけに、途中で画面が縦にブレて見難い事なんの。クレームを入れたら謝罪と無償チケットをサービスしてくれたが、大きなホールで質の高い映像を楽しみたいものだ。
070812_140617s

映画の後は、これまた名古屋名物のあんかけスパのランチ。とろりとして少々辛いトマトソースと昔懐かしい赤いウインナーが良く合い美味い。

一旦、帰宅して昼寝をしてから、夕食は魚屋が経営する回るすし屋へ。

3食、昼寝に映画つきで十分満足していただけた嫁の日だった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

盆堀線

R0011239s

強烈な暑さだが、桧原街道を西に走り林道盆堀線に入った途端、涼しく感じた。
車が規制された林道は盆堀川に沿っており景色が良く、木陰が多く涼しい。勾配もさほど厳しくなく車を気にしないで走れる為、非常に心地良い。

R0011240s

しかし、車が通らない事は良いことばかりではなく、路面が荒れており、鋭利な石がいたる所にころがっている。

そして、その石の餌食にみゆきさんと私がなってしまった。最初は上りで大きな炸裂音と共に姫の前輪がペシャンコに。二人でのんびりチューブ交換をしていたら、また大きな炸裂音がして、今度は私の後輪が見事につぶれしまった。実は、ロードに乗り始めて初めてのパンクである。
R0011253s
その後も、何故か魔王に好かれた姫は2回もチューブを交換して、パンク修理の腕を上げたようだ。
R0011257s
3人の手持ちのチューブは底をついたので、その後は慎重に走り、立川のNシマでチューブとボンベを補給して帰宅。

パンクはしたが、比較的近場で良い雰囲気であり、スペアチューブを余分に持ち、また出掛けたい所だ。

走行距離:108km

| | コメント (5)

2007年8月 5日 (日)

名シェフ

P1030419s
夏本番、ヨットに日よけのパラソルを立てて、名シェフひととせさんが作る料理の数々を堪能させていただいた。暑いキャビンでの長時間の料理に心から感謝!感謝!そして感謝!

美味過ぎて、写真を取り忘れた料理が・・・・・

P1030408s

P1030409s

P1030415s

P10304171s

P1030420s

P1030428s

P10304001s

P10304301s_3

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

ハシコレ

R0011205s

輪行袋と共にたどり着いた富士吉田の駅は、少々肌寒い。今日はここから忍野八海、山中湖を経由して道志道をみゆきさん、ひととせさんと走った。

忍野八海は昔、ひととせさんとランドナーで走った頃と様変わりして、すっかり観光地となり少々さびしい。焼きたての草もちを食べて、そそくさと退散。

忍野八海からは、交通量が少なく走りやすいファナック通りを走り、山中湖へ向けペダルを踏む。山中湖の近辺は標高が1,000m位あり、涼しく走っていて心地よいが、山伏峠を越えて東に向かうに従って次第に暑くなる。しかし、下り基調で走る道志道は非常に快適だ。

橋が苦手なひととせさんが企画した今回のルートには、何故か橋が多数あり、しかも昼食を取った水源の森は橋を渡らなければ行けない所にある。また、映画のロケに使われたつり橋もある。

道の駅にあったカッパ橋を少々無理して?渡ったひととせさんは、これが災いしたのか、相模湖を過ぎて大垂水峠の直前で脚に不調が発生して苦しそうだ。

脚が攣りそうな状態での大垂水峠は、相当厳しそうだったが、何とか越えて日野橋から多摩サイに入り無事帰途についた。皆さん、お疲れ様でした。

走行距離:126.6km

R0011192s_3 R0011198s_4 R0011200s_2

R0011208s_2 R0011209s_2 R0011213s
R0011216s R0011220s R0011218s_2



R0011227s R0011229s My_activities_842007s






| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »