« 彩湖 | トップページ | 曼珠沙華 »

2007年9月17日 (月)

大菩薩ライン

R0011557s
塩山駅で自転車を組み立てて、大菩薩ラインを奥多摩に向けて走る。路上の柿が転がる程ではないが、駅からダラダラの上りが続く。

R0011555s

その上りは、それなりに見通しが利き精神的にはやや辛いが、正面と振り返った後ろの素晴らしい景色が励みでペタルが踏める。

R0011561s

峠に近づくと、何となく雲行きが怪しい。

R0011567s

R0011571s

結局、峠付近で雨に降られ楽しみにしていた眺望は残念ながら望めなかったが、塩山駅から約2時間で峠に到着。峠までは他の自転車海苔とはまったく合わなかった。

R0011572s

峠の茶屋は何となく入り難くそのまま、ダウンヒルを楽しむが、すごく寒い。新しい、pro2はウエットに弱いらしいので慎重に下る。

いつもエメラルドグリーンの奥多摩湖は、濁っており、このあたりから気温が上がり肌がヒリヒリする。

R0011577s_2

奥多摩には美味い釜飯屋があるが、一人なので定番の焼きそばでランチ。店のオヤジに「いつも盛りがいいよね」と言うと、「こうしないと買ってくれないからね」といつもの言葉が返ってくる。

テンコ盛りの焼きそばは庶民的な味だが、疲れた体にソース味が合う。

R0011579s

食後は誰かの真似をしてセルフフォト。結構タイミングが難しい。

R0011582s

帰りはずっと青梅街道を走ったが、交通量が多く走り難い。

しかし、大汗を流した後はBeerは至福の味。仕事帰りのBeerとは天と地ほどの差がある。

Road_9172007_elevation_times

Road_9172007s

走行距離:131.2km

|

« 彩湖 | トップページ | 曼珠沙華 »

コメント

あ、そっちから攻める手もあるのですね。
勾配も塩山側からの方が緩めに見えるし。

それにしても奥多摩湖の色がそれなら、下流はまだまだ澄みませんね。

投稿: さいとう | 2007年9月17日 (月) 23時44分

さいとうさん、

朝の電車の方が空いている事と、汗臭い体で
電車に乗りたくない為です。
そして、下り基調のコースは気分的に楽です。

水の色が戻るには時間が必要かもしれませんね。

投稿: ジークフリート | 2007年9月18日 (火) 00時07分

塩山からのぼりましたか、長いのぼりですね。
セルフ初めてにしてはお上手です(笑)
演技力が必要なんです、今度は前向きに!

投稿: okey | 2007年9月18日 (火) 06時39分

塩山側からの方が距離が長く直登が多いので精神的に辛い感じがします。
今度行くときはぜひ声を掛けてください。

投稿: bou | 2007年9月18日 (火) 19時54分

okeyさん、

演技ですか!難しいですね。だいぶ修行が必要
かも。前向きは恥ずかしいなぁ。

投稿: ジークフリート | 2007年9月18日 (火) 21時16分

bouさん、

皆さんに塩山からはキツイと言われましたよ!
でも、元々の計画は塩山から上り、一之瀬で
キャンプしてノンビリ過ごすはずでした。

まあ、色々あって結果的に日帰りになって
しましましたが・・・

是非次回は一緒に行きましょう。bouさんは2回
上りですぞ!

投稿: ジークフリート | 2007年9月18日 (火) 21時26分

私の好きなエリアですね。って、まだ反対方向から二回くらいしか走ってませんが。しかし、一気に1000mの登りってちょっと躊躇します。一之瀬林道もすごい傾斜でした。ここで民家の放し飼いになっている大きな犬に追いかけられて肝を冷やしたことがありました。

投稿: あーみー | 2007年9月18日 (火) 23時35分

塩山からの柳沢峠登ってみたいんですよねぇ。。。
でも、そこまで行くのも大変だし。
奥多摩の釜飯屋さんはいいですね。
そろそろ栗の釜飯が出てる頃ですかね!
行きたいなぁw

投稿: ワニガメ | 2007年9月19日 (水) 00時52分

あーみーさん、

和田をサッサと駆け上がる脚をお持ちのあーみーさん
なら、すんなり上れますよ。

次回は一ノ瀬林道も是非、走りたいと思います。
犬はご遠慮願いますが!

投稿: ジークフリート | 2007年9月19日 (水) 12時59分

赤いワニガメさん、

塩山までは空いているドン行でのんびりと行きました。
変化する車窓からの景色も楽しみのひとつです。

釜飯は昨年、愉宇という名前の店で味わいましたが、
また行きたくなる店でしたよ。
是非、一度如何ですが?

http://theopenroad.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/eee_e8f1.html

投稿: ジークフリート | 2007年9月19日 (水) 13時01分

あっここにも(^^)

でも後ろ姿は簡単でしょ
前からのは大変で何度もやります(笑)

>食後は誰かの真似をしてセルフフォト。結構タイミングが難しい。

投稿: FOX | 2007年12月16日 (日) 03時10分

Foxさん、

このself写真は2枚撮影した内の1枚で、
28mmの広角は使えますね。
確かに、前からは難しいですなぁ~

投稿: ジークフリート | 2007年12月16日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/7983066

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩ライン:

» 黒柿 名人の黒柿 [黒柿 名人の黒柿]
黒柿の果肉に見られる「黒のつぶつぶ」。 これはポリフェノールという渋み成分が固まったものです。これが黒い柿の美味しさの秘密。 [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 21時51分

« 彩湖 | トップページ | 曼珠沙華 »