« 岳 | トップページ | 一目惚れ »

2007年10月 8日 (月)

至福の時

R0011847s
少し甘いチャイを飲みながら、美しい山並みを眺める最高のひと時。

10月の最初の連休は、赤岳の山行を共にした仲間と東京の最高峰である雲取山に向かった。
R0011654s

新宿発のホリデー快速は多くの山屋を乗せて満員だ。
奥多摩から鴨沢までのバスも臨時便が増発される程混雑していたが、晴天の連休で致し方ない。
R0011657s

R0011676s
しかし、雲取山に向かう山道は静かで、変化に富んでおり飽きることがない。苔生した木々も八ヶ岳に決して引けを取らない。

R0011718s_2 

特に、山頂に程近い防火帯からの景色はとても素晴らしい。但し、この防火帯は自然の織成す景観とは違和感があり、県境を挟んでの利権が見え隠れする。

奥多摩小屋のテン場を過ぎて、アップダウンを繰り返して最後の急勾配を登り雲取山の山頂へ。

R0011766s

晴天の山頂からの景色は素晴らしく、立川の街並みが一望できた。暫し、山頂の雄大な景色を楽しんだ後、雲取山荘へ向かう為に下山。

ログハウス風の雲取山荘は、連休で混雑しており相部屋であり、食事も宿泊者全員が同時に取れず2回に分けてであった。このように、混雑はしているが、手馴れたスタッフは陽気で気が利き非常に心地よい。

明けて日曜日は、4時半に起床して5時から朝食を頂き、朝日を楽しむ。昨夜の夕日と共に素晴らしい朝日は最高だ。

朝日を楽しんだ後、三峰神社に向けて下山するが、この下山ルートも登りと同様に非常に変化に富んでおりまったく飽きない。少々、険しい場所もありルート確認をしながら昼前には無事下山。

三峰神社近くのベンチで特製蕎麦を作り、Beerで祝杯。温泉で汗を流し、バスとレッドアローを乗り継いで帰宅。

写真はこちら・・・

ルート

6日 奥多摩駅→鴨沢→七つ石山→奥多摩小屋→雲取山→雲取山荘
7日 雲取山荘→霧藻ヶ峰→三峰神社

 



|

« 岳 | トップページ | 一目惚れ »

コメント

あいかわらずきれいな写真ですね。雲取は若いころには何回か登ったことがあります。冬にも、夏はカモシカ山行といって夜中にひたすら歩きつづけたり、ボッカ訓練と言ってわざわざ石をザックにつめて登ったり。青春でしたね。。。。

投稿: あーみー | 2007年10月 8日 (月) 22時30分

雲取山ですか
いずれ行きたいなと思ってその周辺の地図は
買ってあります。展望の良い所なようですね。
ありがとうございます、楽しみが増えました。

投稿: いちかわ | 2007年10月 8日 (月) 23時18分

あーみーさん、

毎度の嬉しいお言葉に心から感謝いたします。
私はのんびりの雲取山でしたが、石を詰めての
登山は少々驚きです。

しかし、山は何とも言えない魅力があります。
益々、ハマりそうです!

投稿: ジークフリート | 2007年10月 9日 (火) 21時01分

いちかわさん、

元ワンゲルの仲間のおかげで、山の素晴らしさに
触れる事ができました。
詳細を省略した記事ですが、参考にしていただき幸いです。

青い空、緑の木々に癒されますね。

投稿: ジークフリート | 2007年10月 9日 (火) 21時09分

お疲れ様でした。
天気に恵まれてよかったですね~。
混雑も想像よりは、ましだったように感じました。
今回もご一緒できたおかげで、ワンゲルのときには、味わえなかった、一味違った楽しさを味わえて、本当に感謝です。
ありがとうございました。
また、是非、紅葉を見にいきましょう~。

投稿: みゆき | 2007年10月 9日 (火) 22時27分

みゆきさん、

楽しい山行をありがとうございました。
天候とメンバーに心から感謝します。
ビギナーの私にとっては、電車、バス、
そして山小屋の混雑は凄いと思いましたが、
ベテランの視点からはヌルイのですね(笑)
本格的な冬の訪れの前に、また行きたいですね。
ヨロシクお願いします。

投稿: ジークフリート | 2007年10月10日 (水) 21時40分

きやぬりーぶすです(爆)
これかー やっぱり山いいねー
奥深い山の中で穏やかにチャイなんて マジ至福でよねー
雲取山頂の写真見事ですね

投稿: きや | 2007年10月21日 (日) 06時57分

きやさん、

お久しぶりです。

自転車もイイですが、山にもハマッテますね。
一歩、一歩自分の足で歩いて稼いだ高さからの
景色は本当に最高です。

写真はまだ、修行が足りませんが、お褒め頂き
ありがとうございます。

投稿: ジークフリート | 2007年10月21日 (日) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岳 | トップページ | 一目惚れ »