« 布団か恋しい朝 | トップページ | 都会のオアシス »

2008年6月14日 (土)

ヤビツ峠

R0013760s
GR DIGITAL

自転車海苔には、メジャーなヤビツ峠は、高校時代にシルクのランドナーでひととせさんと越えている。

その後、ロールバーとCIBIEのドライビングとフォグランプを施したMMCのなんちゃってラリーカーのパッセンジャーシートで揺られながら越えた。

そのヤビツを、今回は4040の愉快な仲間+αとロードバイクで走ってきた。
R0013749s
秦野駅に集合して、駅前の松屋で朝食を胃袋に入れて走りだした途端にパンク!
パンク修理の練習をしたい姫に手伝っていただき、程なく修理完了。
R0013750s
もう、越えた事しか記憶がなく、まるで初めてのように新鮮に感じられる峠道をゼイゼイ、ハアハアと息を荒げて少しずつ高度を上げていく。
R0013751s

R0013769s
デートコースとして有名らしい?、菜の花台は眺望が素晴らしく、遠くには江ノ島が見える。

R0013777s

もうひと頑張り!

R0013778s

峠でお決まりの記念撮影。

R00137901s

北側の下りは多少路面が荒れているが、木漏れ日の中を快適に下り宮が瀬に向かう。

R0013802s

R0013810s

R0013816s

R0013818s

なるしまさん御用達の宮が瀬のオレンジツリーで、チキンソテーのランチ。
涼しい階下には、懐かしい車とバイクのイラストが展示されていているが、年代物の車名が分かるのは、少々複雑な気分だ。

R0013828s

久々のヤビツ峠は、たまたま車が少なかった事もあり、気持ち良く越える事ができたが、帰りの多摩サイの向かい風が、何よりも辛く厳しかった。

毎度、登山より苦しく感じる自転車での峠越をしながら考えている事は、早く峠に着いて下る事の楽しみと、帰宅後の美味いBeerだけと至って単純。

雑多な事は忘れて、自然の中で上る事だけを考えて走るのは身体は疲労するがストレス発散には最高!

走行距離:97km

次は何処の峠を走ろうか…

|

« 布団か恋しい朝 | トップページ | 都会のオアシス »

コメント

お疲れ様でした。
そちらも、100km未満だったんですね。
意外に近いヤビツ峠、次回は自走でアタックしましょう。笑

またまた、上から2番目の写真を送っていただきたく。
お手数ですがお願いします。

投稿: ひととせ | 2008年6月15日 (日) 17時57分

お疲れ様でした。
元気な頃の写真を撮っていただいて
ありがとうございます。
やっぱり峠は大変です。

投稿: 夢ライダー | 2008年6月15日 (日) 17時58分

ひととせさん、

確かに距離は意外になかったですね。
でもね、多摩川の向かい風には閉口しましたよ。
尾根幹の方が良かったかな?

写真、了解!

投稿: ジークフリート | 2008年6月15日 (日) 22時00分

夢ライダーさん、

峠は正直辛くて大変ですが、病み付きになるのですよ!
不思議ですが、平らなCRは飽きてしまい、また峠に
行きたくなってしまう。
そんな、魅力がありますね。

投稿: ジークフリート | 2008年6月15日 (日) 22時04分

天気がよかったから気持ちがよかったでしょうね!

いっつも思うんですが、筋肉痛にはならないのでしょうか?

このまえママから連絡がありました。体調がわるいみたいなんですね。時間があったらランチにいってみます。

ありがとうございました。

投稿: わか | 2008年6月15日 (日) 23時17分

わかさん、

山行も自転車も最初の頃は、激しい筋肉痛に
悩まされましたが、最近は慣れた為か、軽い
筋肉痛だけです。
ただ、脚に倦怠感は残りますけどね。

ママさんは、ランチタイムには頑張って
いますが、夜は辛いようです。
ランチに行かれると喜ぶと思いますよ!

投稿: ジークフリート | 2008年6月16日 (月) 08時39分

自走だと160km位かな。

帰りの多摩サイ、この時期は向かい風なんですよね
ジークさんが家に着く頃はビールの人でした。

投稿: bou | 2008年6月16日 (月) 21時22分

bouさん、

久々にご一緒できた上に、良い峠で十分楽しませて
いただきました。そして、走った後のbeerは最高
ですね。bouさんのロケーションが羨ましいです。

しかし、多摩サイの向かい風には…
尾根幹のUp,Downの方が楽そうですよ。

投稿: ジークフリート | 2008年6月17日 (火) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤビツ峠:

« 布団か恋しい朝 | トップページ | 都会のオアシス »