« カウンター | トップページ | 秋晴れ »

2008年9月20日 (土)

砂漠に咲くバラ

080920_104911s
SH702IS

どこまでも砂だらけの砂漠にもバラが咲く。

それは、デザートローズと呼ばれ、淡い砂色で硬く重く、サハラ砂漠に咲いていた。

友人からお土産として頂いた物だが、ラクダのおしっこが砂の中で固まったと真しやかに教えられた。

しかし、実は地中のわずかな水分が蒸発する際に、中の塩類が結晶化した物だそうだ。
まあ、おしっこも水分だが、自然が作り出す不思議な造形には驚くばかりである。

学生時代に雪が舞う3月の北海道で知り合ったこの友人は、東京で再会した後、私の趣味だったカメラと自転車に興味を持ち、瞬く間に深みにはまってしまった。

その後、OM-1とミキストタイプの輪行車で北海道、そして日本を一周した後に、同じく北海道で知り合った彼と自転車で世界一周のハネムーンに旅立った。

それは27年も前のことだが、このバラを見る度にいつしか自ら砂漠で見つけてみたいと、妄想の世界へ引き込まれる。

放浪の旅がしたい…

|

« カウンター | トップページ | 秋晴れ »

コメント

石膏の結晶らしいです。
どっかで見たなぁ、と思って探したら子供の科学雑誌に載ってました。
砂粒の間の水分を含む隙間を埋めるように成長してバラみたいになるみたいです。
この結晶は透石膏といって無色透明なんですが、砂粒を抱き込んで成長したためにこういう色になるんですね。自然の造形は、真似できない美しさですね。

投稿: jun | 2008年9月20日 (土) 14時29分

木金と有給とってたっぷり3泊4日の放浪したいっすよー

放浪というコトバ自体に憧れますね。

投稿: しいちょ | 2008年9月20日 (土) 14時41分

うわぁ!

神秘的ですね~
初めて見ました・・・

今日も一日家でゴロゴロ。


放浪かぁ~

投稿: きょうちゃん | 2008年9月20日 (土) 16時17分

junさん、

流石、理系ですね。詳細な情報をありがとう。
透石膏は無色透明なんですか!

以前、4040のオフ会で南極の氷の差し入れが
ありましたが、その氷のロックを飲みながら
砂漠のバラを眺めたら気分は何処かな…
http://theopenroad.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_b608.html

投稿: ジークフリート | 2008年9月20日 (土) 16時23分

しいちょさん、

彼は仕事を辞めて彼女と一年位世界を彷徨って
いましたよ。
一緒に行こうと誘われましたがね…

一ヶ月でいいので彷徨いたいですね。

投稿: ジークフリート | 2008年9月20日 (土) 16時30分

きょうちゃん、

自然が作り出す神秘的な造形には、ただ驚く
ばかりですよね。

私も尾張で映画を観に行っただけで運動して
いません。
ん~自転車に乗りたい!

投稿: ジークフリート | 2008年9月20日 (土) 16時43分

なかなか興味深いおはなしですが、私は梅干にみえてしまいました(笑)

投稿: waka | 2008年9月21日 (日) 00時09分

前回の話に続き
ちょっと趣向を変えた話ですね。

なんか五十男の想いが伝わります。

なんだかわからないけど
こう言う気持ち、たいへん理解できます。

投稿: 夢ライダー | 2008年9月21日 (日) 00時35分

わかさん、

写真では大きさが分かり難いので、見方によっては、梅干ですね(笑)
小さなバラの花と同じ位の大きさなんですよ。
まさしく、自然の神秘ですね。

投稿: ジークフリート | 2008年9月21日 (日) 17時20分

夢ライダーさん、

上手く表現できない気持ちを、ご理解いただけて
嬉しい次第です。

青空の下、知らない所を走りたいですよ!

投稿: ジークフリート | 2008年9月21日 (日) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/23782007

この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠に咲くバラ:

« カウンター | トップページ | 秋晴れ »