« Pedal Far! | トップページ | 旅するバイク »

2008年11月22日 (土)

高水三山

R0014450s
昨年から始めた登山で、丹三郎尾根、尾瀬、赤岳、雲取山、高水三山などを登ったが、今年は何故か機会に恵まれず高尾山だけしか登っていない。

R0014406s
そんな訳で登山靴が少々寂しがっていたが、今日は学生時代の仲間やいつもの山仲間、そして自転車仲間と久々に山歩きができた。

朝は相変わらず辛いが、着替えて外に出てしまえば、冷たく引きしまった空気は、気持ちが良く好きだ。
JRの軍畑駅から歩き始めてまずは高水山へ向かう。

R0014415s
今日は風もなく、青い空で絶好の登山日和で、山頂の景色がとても楽しみだ。

R0014422s
ふかふかの乾いた落ち葉の上を歩くのは、何故か気持ちが良い。

R0014428s
青い空と赤い紅葉が何とも綺麗。
R0014433s

R0014438s
高水山には程なく到着したが、あまり眺望が良くない為、少々休憩して岩茸石山へ急いだ。

R0014448s
岩茸石山からの眺望は非常に素晴らしい。ここでランチ。
天気は良いが、座っていると冷えてくる。

R0014449s
この穴から棒の折山が見える。

R0014450s_2
晴れた日の山の景色は最高だ。

R0014452s
山は登れば下る必要があるが、これが結構急で怖い。自転車の下りは大好きだがどうも山の下りは苦手だ。

R0014454s
惣岳山をまく路は、綺麗なすすきのトンネルで、足元が見え難く歩き難い。

R0014456s
下りは皆さん、段々と口数が減ってきたが、澤井が近くになるにつれて元気が出てきたようだ。
13:30には無事下山して、これでやっとBeerが飲めると楽しみしていたが、澤井はあまりに混んでいたので、反省会は立川となった。
R0014464s
反省会は、皆の意見が一致して何故か沖縄料理店。運動したあとのBeerは格別だ。
Beerで喉を潤してからは泡盛が美味い。
豆腐にアイゴの稚魚の塩辛が乗ったつまみが泡盛に合う!

R0014465s
ほろ酔いで帰宅して、あっという間に夢の中だった。

今年最後の山行は、愉快な仲間と最高の天候に恵まれて、非常に楽しい時間を過ごすことができた。

|

« Pedal Far! | トップページ | 旅するバイク »

コメント

素晴らしい日の山歩きですね。
写真でみても凄い迫力なので生の360度パノラマは凄かったでしょうね~。お疲れさまでした☆
最後のおつまみに釘付けですww

投稿: sudoban | 2008年11月23日 (日) 16時59分

お疲れ様&お世話様でした。
写真の景色を見ると、また行きたい気もしますが、悲鳴を上げた膝を考えると暫くはお預けかな。(^_-)
紅葉、すすき、名栗の山並みが印象に残るハイキングでしたね。

PS
NEW相棒のお披露目は?

投稿: ひととせ | 2008年11月23日 (日) 19時40分

sudobanさん、

自転車で走る峠は大好きですが、一歩一歩己の足で
歩いて登る山も大好きです。
特に今回のように晴天に恵まれれた寒い日は、空気が
澄んで山並みが最高に綺麗で、登り甲斐があります。
そして、反省会も疲れた身体に酒が回って最高!

投稿: ジークフリート | 2008年11月23日 (日) 21時03分

ひととせさん、

お疲れ様でした。
非常にコンディションが良い山行でしたね。
そして何よりも、山頂の景色がもう最高でした。
膝は歩き方で改善されると思いますよ。
こんど隊長に、詳しく聞いてみましょう。

お披露目は、12月になってからでいかがでしょうかね?
お付き合いしてください。

投稿: ジークフリート | 2008年11月23日 (日) 21時10分

澄んだ青空に、紅葉が最高ですね(>_<)
きれいな景色のなかで頂くランチも美味しそうです。
苦しくても、また行きたくなるご褒美が、登山にもたくさんありますよねhappy01

投稿: きょうちゃん | 2008年11月24日 (月) 07時59分

きょうちゃん、

少し寒いこの時期の山行は、天気に恵まれれば、
最高ですね。一歩一歩踏みしめての登りは、たぶん
自転車での峠越えよりは、楽ですがいまだに筋肉痛が
残っています(笑)
次は来春かなぁ。

投稿: ジークフリート | 2008年11月25日 (火) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/25593283

この記事へのトラックバック一覧です: 高水三山:

« Pedal Far! | トップページ | 旅するバイク »