« 精巧なオマケ | トップページ | 思考はいつも何故か西 »

2009年3月28日 (土)

奄美のごはんと坂と桜

R0014863s
部屋を出るとあまりに寒く、戻ってウインドブレカーを着て出発。

R0014861s
花見にしては肌寒く、桜は期待できそうにないけれど、まだ寝ている頭と身体でボチボチと走りだす。
関戸橋に集合して、連光寺、尾根幹、尾根緑道、日大3高、小野路、愛宕路を巡る。

連光寺へは、毎度のコースではなく、初めての記念館通りでゼイゼイしながら上りる。
斜度はそこそこあるが、距離は短く連光寺実験林の為か木々が多く街中から近いとは思えない程、静かで雰囲気が良い。
R0014862s

そして、路肩が走り易い尾根幹で西に向かい、尾根緑道に入るとまた静かになり、緑に囲まれた緑道はそれだけで気持ち良い。(Topの写真)
R0014872s
桜はごく一部だけが花を開かせていたが、曇天の空で何となく引き立たない。それでもシートを敷いて宴もたけなわのグループがちらほらと。

そして日大3高の坂でまた息があがる。ゼイゼイ・ハアハア~。
ここの桜もまだ硬くほとんど咲いていない。
そんなアップダウンで十分にお腹を空かせて小野路へ気持ち良く下り、今日のランチは、町田の旬の野菜と素材を用いた奄美鶏飯のティダマンディ
R0014873s

木のぬくもりを感じる、落ちついた雰囲気の中で頂く鶏飯は、奄美大島の郷土料理で、その昔は殿様料理とも呼ばれ役人をもてなす料理でもあったらしい。
R0014877s
上品な味の豚の角煮。
R0014878s
こちらの蒸し鶏、椎茸の佃煮、薄焼き卵をごはんの上にのせ、温かい鶏だしスープをかけていただく。非常にさっぱりと上品な味だ。
R0014881s

お腹を満たしたら、下ってきた坂をまたおっちらと上り返して愛宕に向かうが、食後のおやじにはキツイ。

紅葉の時に訪れた事がある愛宕は、一周が約6kの周回コースで左周りに走ると適当な坂で練習には適しているかもしれない。
しかし、ここは一周で終了してまた尾根幹に戻り最後の坂はランド坂。

ランド坂に向かう尾根幹でやっと綺麗な桜に遭遇。
R0014883s

R0014884s
桜が満開の頃に走ったら、適当なアップダウンがあり近場で気軽なコースで是非リベンジしたいものだ。

走行距離:98.9km

尚、GPSへのDATAはひととせさんが作成したアルプスルートのGPXを拝借して、構成点をgpsbabelで1,200点から450点に間引いてSAVEトラックとしてGPSへUPして使用してみたが、ここ程度の間引きであれば問題なく使えそうだ。

Atago


googleearthでトラックの上に高度を表示したら結構な高度差。
S

|

« 精巧なオマケ | トップページ | 思考はいつも何故か西 »

コメント

お疲れ様でした。
寒い一日でしたが、いい汗かきましたね。
お花見リベンジ行きましょう。

投稿: ひととせ | 2009年3月29日 (日) 19時35分

ひととせさん、

近場で適当なアップダウンがあって良いコース
でしたね。あいりがとうございます。
でも、今日は筋肉痛でお散歩だけで自転車は
お休みでした(笑)

投稿: ジークフリート | 2009年3月29日 (日) 21時12分

お花見にはちょっと早かったでしょうか。
開花宣言出てからなかなか満開にならないですね。
でも今週は気温も上がってくるようだから、いよいよですかね。ただ週末は天気が悪そうなのが残念です・・・。

投稿: サトシ | 2009年3月30日 (月) 09時48分

サトシさん、

土曜日は、非常に寒く結局ウインドブレーカーは、
食事の時以外は脱げませんでした。
桜をはじめ、花々の彩りは見ても撮影しても楽しいのですが、
もう暫くの辛抱ですかね。

週末の天気が良い方向に改善する事を期待しましょう!
洗濯物も乾くし(笑)

投稿: ジークフリート | 2009年3月30日 (月) 19時03分

景色が春ですね!

なかなか気持ちよさそうな。。。


菜の花って匂いをかぐとくさいんだけど
遠くで見るときれいですよね。

投稿: わか | 2009年4月 5日 (日) 00時36分

わかさん、

あら臭いのですか?いつも見ているだけで、
香りを味わった事はありませんでしたので、
今度体験してみますね~

投稿: ジークフリート | 2009年4月 5日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/28857010

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美のごはんと坂と桜:

« 精巧なオマケ | トップページ | 思考はいつも何故か西 »