« 無色透明 | トップページ | 新しいおしりあいとポタ »

2009年12月13日 (日)

電動

Rimg0001s
シフトレバーとディレイラーを繋ぐ黒いケーブルは、力を伝えるワイヤーではなく電気信号を伝える電線だった。

Rimg0002s
自転車仲間が新調したバイクには、この小さなボックスに入った電池で約2,000kmの走行が可能な電動のDURA ACEが装備されている。
少々体験させていただいたところ、レバーのスイッチを軽く押すとスムーズに変速されるが、レバーを内側に倒して変速する癖がついている為、若干の違和感はある。

Rimg0004s
しかし、実用に耐えうる仕上がりには、脱帽。

Rimg0005s
飯能から、林道清流線を走る。
空気が澄んだ林道はいつ来てもいいもんだ。

Rimg0012s
古いバス亭をリサイクル?

Rimg0015s
林道を抜けて鎌北湖から、楽しみにしていた「ゆたか鮨」に向かう予定だったが、予約で満席。
最近、多くのBlogで紹介されているので自転車海苔の団体かもしれないが残念。

仕方なくランチは、通りがかりの「はとふら」。
しかし、接客、料理共に満足できる店だった。

Rimg0020s
グレープフルーツと大根の程よい酸味が美味い前菜。

Rimg0021s
ライスは、銀杏ご飯と五穀米で嬉しい。
Rimg0022s
鶏のワイン煮とサツマイモのグラタンは、サツマイモのほんのりした甘さと鶏がマッチして美味い。またさっぱりした小さな春巻きもいい感じ。

Rimg0028s
仕上げは加藤牧場でジェラート。寒いので私は遠慮して暖かい部屋で小休止。

後は、裏道を繋いで多摩湖経由で帰還。
時折、雨がポツポツと降ってきたが、何とか濡れずに澄んだ。

走行距離:83.5km

|

« 無色透明 | トップページ | 新しいおしりあいとポタ »

コメント

初パンクしました。
スペアチューブ交換はなんとかなったんだけど、携帯ポンプで半分まで入った空気が、一旦抜いてまた差したら全然入らなくなり・・・
結局近くのチャリンコ屋を探して空気入れを借りて入れました。
いい経験になりました。

投稿: nartzs | 2009年12月13日 (日) 20時37分

ジークさん
お疲れ様でした。
濡れずに帰れてよかったですね。
しかし、ずいぶん登りの途中で止まったんですな。

投稿: ひととせ | 2009年12月13日 (日) 20時54分

nartzsさん、

お疲れ様でした。
パンク、大変でしたね。
特に帰りはイヤですよね。

高圧のタイヤを小さなポンプでは大変ですからCO2と手動の兼用のポンプを使っています。

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/unico/visair.html

投稿: ジークフリート | 2009年12月13日 (日) 21時39分

ひととせさん、

お疲れ様でした。
こんな寒い日は濡れたくないですよね。

上りの撮影タイムは、ケツモチだからですよ~

投稿: ジークフリート | 2009年12月13日 (日) 21時41分

とうとうディレイラーもここまで来ましたか。
いろいろな機械の電子化を考えると、むしろ遅すぎたかもですね。

投稿: サトシ | 2009年12月14日 (月) 17時05分

電動の感触、味わってみたいですね。

それには、まずふさわしいマシンにしないと。

投稿: 夢ライダー | 2009年12月14日 (月) 19時27分

電動アシストかと思った^^;

投稿: FOX | 2009年12月14日 (月) 21時48分

サトシさん、

実用化はまだ先の話かと思っていましたので、
仲間が購入したのは、ある意味衝撃でしたよ。
しかし、流石シマノですね。
完成度は高い出来できで驚きです。

投稿: ジークフリート | 2009年12月14日 (月) 22時05分

夢ライダーさん、

自転車に乗らない人にこの電動ディレイラーの
話をしたら、どんなメリットがあるのかと問われました。
しかし技術革新はそんなものですよね。

投稿: ジークフリート | 2009年12月14日 (月) 22時09分

FOXさん、

電動アシストのおばちゃんに坂道で抜かれた事が
あります(笑)

でも、電動アシストならエンジンが付いたバイクに
乗りますね、私は!

投稿: ジークフリート | 2009年12月14日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/32597360

この記事へのトラックバック一覧です: 電動:

« 無色透明 | トップページ | 新しいおしりあいとポタ »