« 車窓の紅葉 | トップページ | 無色透明 »

2009年12月 6日 (日)

坂をつなぐ

P1040761s  
牧馬峠に向かう途中、松屋で朝飯を食べたら、満腹で何となくまったり気分になってしまった。

P1040822s_2
このまま峠は、キツイな…
で、方向転回して急遽4040の坂道オフに合流。

都内には、想いのほか坂が多い。
そして坂のひとつひとつには、その坂の由来を思わせる名前がついていて面白い。

例えば転坂は、「江戸時代から道が悪く、通行する人たちがよく転んだために呼ばれた坂」だそうだ。

P1040771s

途中の鯛焼き屋で休憩していると、TVの取材。ボツにならなければ元旦に放送だとか。

P1040774s

いくつもの坂を4040の仲間とつなぐ。

P1040777s

P1040778s_2
bouさんは、手作りのシューズウォーマー。

P1040788s

ドーナッツ柄の坂は少々手強かったが、距離はさほどなく何とかクリア。

P1040798s

P1040804s

P1040805s

P1040811s

ランチは神宮外苑の銀杏並木を眺めて、目移りしそうな多くの屋台で調達。

P1040813s

FOXさんが入れてくれた温かい珈琲が美味い。

P1040814s

P1040819s

眩しいヘルメット。

P1040825s

小春日和の温かい休日に、4040の愉快な仲間と坂道をつなぎ、心が和む休日を過ごすことができて、湯上りのBeerの味は格段だ。

走行距離:48.3km

Active_log_20091206s

|

« 車窓の紅葉 | トップページ | 無色透明 »

コメント

思いがけずご一緒できて、とても嬉しかったです。
大勢で走る都内もまた違った表情をみせてくれて格別です。
お天気が素晴らしく、色付いた木々が引き立ちます!

鳥居坂裏のガードのある坂だけが攻略出来なかったです…

良い一日でした!

投稿: きょうちゃん | 2009年12月 6日 (日) 21時45分

お疲れさまでした。

みゆきさんも登場できて
楽しかったですね。

TVクルーと出会えて
正月の楽しみができましたね。

投稿: 夢ライダー | 2009年12月 6日 (日) 22時50分

沢山の仲間とののんびりライド。
いいですね。
写真で見ると車が少ないんですけど、日曜の朝だからでしょうか?

参加するにはちょいと遠いです…。

投稿: 脂身 | 2009年12月 7日 (月) 13時40分

きょうちゃん、

少々人数が多く、幹事さんの負担になるかなぁ
と心配しながらも参加させていただき、
小春日和の一日を楽しめました。
ありがとうございました。

あの坂は、恐怖心さえ振り払って、踏み込めば、
制覇できますよ。
坂に強くなりましたね。

投稿: ジークフリート | 2009年12月 7日 (月) 21時19分

夢ライダーさん、

迷路のような坂道探索は、面白かったですね。
リカには上手く乗れませんでしたが、また、
いつかチャレンジしたいですね。

元旦は、尾張ですので、取材を受けた番組は
見れないかな・・・

また、ご一緒願います。

投稿: ジークフリート | 2009年12月 7日 (月) 21時20分

脂身さん、

日曜日の都内は思いのほか車が少なく走りやすいですよ。
今回は20名を越えるメンバーとのノンビリポタを
楽しめました。

確かに東京まで来るのは現実的ではないですよね。
何かの機会にまたお会いしたいと思います。

投稿: ジークフリート | 2009年12月 7日 (月) 21時24分

牧馬峠ですか、
一度南側から上がったことありますが、
反対側は下りるのも怖かった。
絶対北側からは上がりたくないと思いました。

今日やっとヒルクライマーを借りられました。
出ているではないですか、牧馬峠

あそこかとわかりました。

それに比べれば都心の坂は可愛いものですね。

投稿: Kikyo | 2009年12月 8日 (火) 22時38分

Kikyoさん、

私は以前、なるしまのコースガイドを参考にして北から上ってしまいました(笑)
ドーナツの滑り止めが走り難く勾配は確かに半端ではなかったですね。

ヒルクライマーは、坂馬鹿の心理に共感が持て面白かったですよ。

投稿: ジークフリート | 2009年12月10日 (木) 07時39分

久々に一緒に走れて楽しかったです^^

たくさん写真も載せてもらって嬉しいです。

投稿: FOX | 2009年12月14日 (月) 21時45分

FOXさん、

大好きな狐さんですから(笑)

投稿: ジークフリート | 2009年12月14日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂をつなぐ:

« 車窓の紅葉 | トップページ | 無色透明 »