« 鎌倉のアルプス | トップページ | 尾張の駅 »

2010年2月21日 (日)

移植

100221_145232s
尾張は、昨日に続いて良い天気で、しかも今日はポカポカ陽気で車に乗っていると暑いくらい。

100221_145411s
嫁さんと回る寿司でランチを楽しんだ後は、巨大なスーパーでお買い物。

帰宅後は、マイミクさんの記事に刺激されてママチャリのメンテに取り掛かった。

カギの鍵が無いために長い間、出番が無かったママチャリは、ハンドルグリップに付いている変速する際に回す部分がベタベタになっていた。

また私が愛用していたママチャリは、姪っ子が中学時代に乗っていた24インチの物で十数年の間、ほとんどメンテナンスを行っておらず内装変速機が壊れていた。

そこで、変速機がまだ生きているカギの鍵がないママチャリを生かす為に、まずカギをカッターで切断。
この大きさのカッターだとあっけなく切れて我ながらびっくり。

後は、カギと、ダイナモを移植してサビサビのチェーンに給油して走行TESTしたところ、快調に走る。だが、変速の為にグリップを回すとベタベタで手が黒くなり問題あり。
結局、経年変化でベタベタでボロボロのこの部分はとってしまい、TOPの写真のようになってしまったが変速に問題ない。

わずか3速であるが、変速機が有ると無いでは大違い。
さあ、何処へ散歩に行こうかなぁ~

|

« 鎌倉のアルプス | トップページ | 尾張の駅 »

コメント

古いものを引っ張り出して
手直しすると、
感慨深いものがありますね。

私は前輪のホールだけ新調しました。
タイヤとチューブは、次女のを延命利用します。

投稿: 夢ライダー | 2010年2月21日 (日) 21時07分

って事は変速機の壊れた24インチはそのままって事かぁ(^_^)

ウチのママチャリは自転車置き場に娘のだけ←唯一の防犯登録車(笑)
たまに空気抜けてバルブ交換したりブレーキ調整とオイルさしくらいです。

べたべたになった石油製品の経験はスキー靴のインナーくらいだったです

投稿: FOX | 2010年2月22日 (月) 12時48分

ママチャリも今は安いのあるから、直して使う人も少ないんでしょうね。
うちのママチャリは女房が乗るのでたまにメンテしてあげてます。でも変速無しなんですよ。やっぱあると違いますよね。

投稿: サトシ | 2010年2月22日 (月) 17時24分

夢ライダーさん、

今まで庭の片隅で、その本来の役目を果たさずに静かに朽ちる日を待たされていた、
訳ありの工業製品に愛着が沸きました。

今日、駅まで走って行きましたが、快調で、嬉しい次第です。

投稿: ジークフリート | 2010年2月22日 (月) 21時47分

24インチのママチャリは、もう引退ですね。

日本製のママチャリは、雑な扱いでろくに整備を
しなくてもちゃんと働いてくれますが、格安のママチャリは、
外見はママチャリですが、その中身は、耐久性がなくママチャリと
呼べないですね。

投稿: ジークフリート | 2010年2月22日 (月) 21時57分

サトシさん、

今朝、駅まで走りましたが、3段でも変速機があると非常に快調でしたよ。
ハンドルもフラットバーでふとロングライドができそうな気がしました。

奥様の為に、頻繁にメンテしてあげてくださいね~

投稿: ジークフリート | 2010年2月22日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/33472920

この記事へのトラックバック一覧です: 移植:

« 鎌倉のアルプス | トップページ | 尾張の駅 »