« 何回も何回も | トップページ | 鎌倉のアルプス »

2010年2月 7日 (日)

ゆれる想い

Rimg0019s
立春を迎えたが、まだ寒い朝、週末を豊かな自然の中の別荘で過ごす為に走り出した。
新宿から輪行した際は、空一面に青い空が広がっていたが、乗り継いだローカル線の車窓は、銀世界に変わっていた。

Rimg0028s
幸いなことに別荘地に着いた時には雪は止み、小さな別荘の前には、秋に鮭が遡上する川と広大な自然が広がっていた。
Rimg0053s
そんな中で、焚き火のパチパチとする音を聞きながら炎を見つめてチビチビと傾ける琥珀色の液体は何ともいえず美味い。
Rimg0046s

気温は、マイナス2度で空気は肌を刺すように冷たいが、暖かな炎の前で夜空には星が見えてきた。輝く星を見上げると心が休まる。
Rimg0057s
購入の際に、いちかわさんとFOXさんに貴重な情報を頂いて手に入れた、モンベルのステラリッジとウルトラライトスーパーストレッジダウンハガーという、舌を噛みそうな名前のテントとシュラフが今宵の友。

Rimg0058s
20代の前半は、オートバイのタンデムシートに黄色いコットンのテントを積んでツーリングに出かけ、その後はオートバイが車に変わり、テントも大型のドーム型に進化して家族で毎年のようにキャンプに行っていた。

そして、今は自転車や山行で再び焚き火を眺める夜を楽しんでいる。
とはいっても、この新しいテントとシュラフの出番はまだ3回目だけど…(笑)

Rimg0083s
一夜明けて、少々峠を走ったり、酒蔵の見学。

Rimg0095s
島崎酒造の酒蔵は、店から車で数分の山の中にあるが、車で送っていただき見学させていただいた。
戦時中に、戦車の部品製造の為に掘られた洞窟は、その役目を果たす前に終戦を迎えて放置されていた。その洞窟を借り受けているそうだ。
Rimg0100s
延べ600mの洞窟は温度が安定して酒の保存には最適であり、オーナーズボトルと称して個人の預かり物もあった。

Rimg0104s
試飲コーナーも充実している。

装備や時期の不安があり、行きたい気持ちがゆれていた真冬のキャンプだったが、FOXさんが準備してくれた防寒ウェア、ホッカイロ、そして帰りの宅配伝票などと温かい気持ちで非常に快適なキャンプだった。
FOXさん、本当にありがとう!

走行距離:24.3km

|

« 何回も何回も | トップページ | 鎌倉のアルプス »

コメント

この時期に友達三人と焚き火を囲んで語り明かした事がありますが、あれは楽しかったなあ。
しっかりした装備さえあれば冬のキャンプも夏とは違う楽しさがありますね。

投稿: いちかわ | 2010年2月 7日 (日) 23時28分

★ジークフリートさん
さすがアップ早いですねぇ^^
きれいな写真みたらボクはもう今日中のアップはあきらめてしまいまいそうです。
風呂入ってメシ喰って今やっとパソコンに画像コピー中です(笑)

初めての人にとっては厳しい冬キャンプだったのにさらっと書いてるのがすごいです^^;

いつもはポツンと一人でキャンプしてる場所に来て頂き
ほんと嬉しかったです。
色々ありがとうございました。

投稿: FOX | 2010年2月 8日 (月) 00時09分

ご無事に帰還されたようで何よりです。

随分と寒そうでしたが、真冬のアウトドアには、この時期しか味わえない楽しみもあるのでしょうね〜confident


焚き火を囲んで、どんなお話に花を咲かせたのでしょうか?

お二人の友情に乾杯!
^_^)/▼☆▼\(^_^)

投稿: きょうちゃん | 2010年2月 8日 (月) 07時44分

金曜の晩にFOXさんから話を聞いていましたが、写真で厳寒の風景を拝見すると改めて驚きとともに尊敬の念を禁じえません。(オーバーですが)
根性ありますね。

投稿: ヴィオロン | 2010年2月 8日 (月) 15時43分

ちょいとばかり嫉妬しちゃうような真夜中のデート。
最高の贅沢ですね。
きつねさんとジークさんといちかわさん(スミマセン、気軽に書かせてもらいます)に乾杯です。


大人の週末ですね。

投稿: 脂身 | 2010年2月 8日 (月) 19時25分

いちかわさん、

11月に何度かキャンプしたことがありますが、
2月は初めての体験で、しかも雪…
ドキドキしましたが、楽しかったですよ。

良い思い出ができました。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 22時19分

FOXさん、

ゆれる想いを受け止めていただきありがとうございました。

いつもFOXさんの写真に憧れていて、いつかは行きたいと
考えていた事が実現できて感謝しますよ。

また、装備やその他、本当にお世話になりました。
帰宅後、テントとシュラフは、また広げて一日乾かし
先ほどやっと収納しました。
また、是非よろしく!

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 22時26分

きょうちゃん、

寒くないといったら嘘になりますが、焚き火を囲んでの鍋で楽しかったですね~

冬の大三角やもやい結び…もちろん素敵な女性の事など…(笑)
楽しい話題に時を忘れました。

寝るときは、身近なものを使った湯たんぽが活躍しました。
こんな工夫も楽しみの一つですね。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 22時35分

ヴィオロンさん、

根性なんてありませんが、単に好奇心だけですね。
行ってみたい所や、やってみたい事は、まだまだ沢山ありますが、
経費と時間がね~

焚き火を囲んで呑む酒は、安酒でも美味いですよ。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 22時42分

楽しそうですね。冬の焚き火は最高ですね。私も若い頃の登山で雪の中でキャンプしたことを思い出します。ゆらゆらとゆれる炎は見ていても飽きないし会話が途切れてもぎこちなく感じないし。それと小川の流れも同じ。飽きない。いいっすね。

投稿: あーみー | 2010年2月 8日 (月) 22時44分

脂身さん、

本当は貸切の別荘地のはずでしたが、先客があり
二人きりではなかったのが少々残念でした(笑)
もちろん、広い場所で相当距離は離れていましたけどね!

温泉旅館も好きですが、真冬のキャンプは趣がありますよ。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 22時54分

あーみーさん、

山の雪中キャンプですか!すごいですね…

そうなんですよ、暖かな炎はいつまで見ていても
飽きない不思議な力を持っていますね。
時折、風向きが変わりむせたりしますが、これも
楽しいですね。

尚、焼き芋を温めるつもりで、忘れて燃やしてしまいた(笑)

最近は焚き火が出来ないキャンプ場が多いようですが、
これでは楽しくないですよね。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 8日 (月) 23時04分

素晴らしい夜ですね。
冬のテント経験はないですが、
高校のときに、
真冬に何度か山奥のお寺のお堂に泊まりに行きました。
広い畳敷きにシュラフにもぐり込み
縮こまっておしゃべりしたことを思い出しました。
楽しいひとときでした。

もちろんアルコールはなしですが。

投稿: 夢ライダー | 2010年2月 8日 (月) 23時41分

夢ライダーさん、

お寺に泊られた良き思い出は、想像するだけでワクワクしますよ。
少し怖い感じもしますが…

いつもと異なった環境で、他愛もない話に花を咲かせて過ごす夜は、
極上ですよね。

今では、お酒が必須ですがね(笑)

投稿: ジークフリート | 2010年2月 9日 (火) 08時27分

この時期のキャンプ、寒いけど楽しいですよね。
降るような星空ってこういうのを言うんでしょうね。
うらやましいです。

投稿: サトシ | 2010年2月 9日 (火) 17時24分

サトシさん、

ロープワークや星座の話など、ボーイスカウトの世界を少々楽しみましたが、
今回は特に星が印象的でした。
先生が良かったからかな~

もう、冬の星空が恋しくなりました。

投稿: ジークフリート | 2010年2月 9日 (火) 21時45分

焚き火のパチパチに、琥珀の液体。。。
ろまんです。
キャンプする根性もないのですが、
うらやましい~~~~

投稿: rimo | 2010年2月11日 (木) 04時15分

rimoさん、

焚き火で温めておいた焼き芋は、燃えてしまいましたが、
ゆらめく炎は飽きないですね。

寒い冬のキャンプでしたが、駅前のうどん屋のおばちゃんのお握り、
食材を仕込んだスーパーのおばちゃん、酒蔵まで車で案内してくれた酒屋の店長、
そして何よりも相棒の温かい気持ちが嬉しかったキャンプでした。

投稿: ジークフリート | 2010年2月12日 (金) 08時21分

お久しぶりです。30年前に何度かご一緒したK田です。

しかし、ジークさんは写真がお上手ですねぇ。文体もそうですが「詩」を感じます。
私もいたずらに写歴は長いのですが、なかなか上達いたしません。多分「詩心」が無いのかもしれませんthink

先日、30年ぶりにFD付きの自転車を買いました。また写真共々色々と教えて下さいませ。

投稿: K田 | 2010年2月12日 (金) 10時26分

K田さん、

お褒めのコメント、ありがとうございました。
「詩」なんていわれるとお恥ずかしい次第ですが、嬉しいですね。

あの頃は、OM-1を首からぶら下げて一年中峠路を走っていましたが、
今は小さなGRを背中のポケットに突っ込んで走っています。

写真は、ご指導する程の腕ではありませんが、ひとつだけいつも
気をつけている事があります。それは、手ぶれです。

ファインダーがない最近のコンデジは、腕を伸ばして撮影する場合が
多いかと思いますが、このスタイルは手ぶれが発生しやすですね。

基本的な事ですが、これを防止するだけで写真の質はUPすると
思います。

30年ぶりのFD付きの自転車ということは、
今迄は、FDが無かった自転車だったのですか~

投稿: ジークフリート | 2010年2月13日 (土) 10時07分

自転車で出かける時はGXを持参してます。(RICOHバンザイ!)
GXはズームが付いている、と言う安直な理由もあったのですが、
ビューファインダーによりボディに密着して撮影出来、手ぶれが軽減されるかも?
という理由もありました。
ただ、ファインダーの見え方がイマイチで、かつフラッシュも使用できなくなるので、
現在はとっぱずして腕伸ばし撮影をしております。
やはり、あの姿勢ですと手ぶれが最大のウイークポイントですね。

FDですが、20年間はママチャリ(バイクが中心でした)。
バイクを下りて10年前にBD-1を購入しましたので、FD付きは本当に30年ぶりです(笑)

投稿: K田 | 2010年2月13日 (土) 12時01分

K田さん、

GXですか~イイですね。RICOHは非常にユニークな
メーカーですよね。

外付けのファインダーが欲しいのですが、とても
高価で手が出ません。可能であればファインダーを
覗いて撮影したいのですがね。
因みにストロボは、不自然で殆ど使いません。

BD-1のフロントフォークは、非常に特徴がありますが、
乗り心地は良いのですかね~

投稿: ジークフリート | 2010年2月15日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/33288126

この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる想い:

« 何回も何回も | トップページ | 鎌倉のアルプス »