« 旅立ち | トップページ | 丸亀 »

2010年3月 7日 (日)

あの頃のような…

P1040934s
子供の頃は、毎日のように暗くなるまで遊びまわり、質素で規則正しい食事をしていた。

従って、毎朝ちゃんと自然から声がかかり、短時間で個室での用を済ますことができた。

しかし、受験勉強と称して深夜放送を楽しみだした頃から、生活のリズムや食生活が乱れがちになりだした。
そして、煙草や珈琲、お酒を飲むようになってからは、さらに腸内環境は悪化しだした。
また、胆石で胆のうを摘出した事も一つの要因かもしれないが、お腹は弱い。

プライベートのお酒は飲む量を比較的コントロールできる上に楽しく飲める為、翌日の問題はさほどでもないが、これが仕事の酒だとストレスの為か翌日は、非常に高い確率で腸内の環境は悪くなりお腹を壊してしまう。

そんな環境を改善すべく、各種のヨーグルトやエビオス、ビオフェルミン等を試してみたが、あまり効果はなく、基本的な運動と不摂生を抑制するしかないと考えていた。

そんな折、あまり期待はしていなかったが、CMでお馴染のダノンを食べてみた。
柔らかくて、好みの舌触りではなかったが、翌日から顕著な効果が表れて驚いた。

数日間食べて、良くなると食べる事を忘れてしまうが、こんな事を何度か繰り返しても毎回良い結果になっているのでやはり効果はある。
ダノンのHPでは、便秘の解消を主に謳っているが、腸内環境を整える意味でお腹が弱い場合にも良い結果となっている。

煙草は数年前に止めており、仕事の酒も以前に比べれば減ってはいるが、子供のころのような快適な個室生活の為にしばらく続けようと考えている。

ストレスが無ければ食べる必要は、ないかもしれないが…

|

« 旅立ち | トップページ | 丸亀 »

コメント

男は概してお腹が弱いですよね。
食生活やストレスの影響を受けやすいんだと思います。
女性はストレスの解消が食べるほうだったりして・・。

私も強いほうではないと思いますが、
最近は夕食を食べ過ぎないようにすると
翌朝は影響が少ないようです。
昼食のときに習慣でヨーグルトを食べていますが
なんだか効いてるような気もします。

やはりストレスの関係が大きいかな。

投稿: 夢ライダー | 2010年3月 7日 (日) 22時35分

夢ライダーさん、

やはり、男は見た目より繊細なんでしょうね(笑)
やけ食いや、ケーキは別腹なんて無理ですし、同じ物を食べても
お腹を壊すのは、いつも私で嫁はぴんぴんしていますよ。

毎日が、日曜日の生活になって、畑仕事に勤しめば
きっと毎日、快腸でしょうね(笑)

投稿: ジークフリート | 2010年3月 8日 (月) 21時39分

私もお腹弱いほうです。
でも、幸い便秘はほとんど無いです。むしろお尻に優しい柔らかさのほうが多いです(笑)

投稿: サトシ | 2010年3月11日 (木) 23時29分

サトシさん、

やはり男はデリケートなんですね(笑)

年齢と共に減少する腸内細菌を増やして、硬い場合でも柔らかい
場合でも程よく整えてくれるようですよ~

但し、コンビニでは販売されていないみたいです。

投稿: ジークフリート | 2010年3月13日 (土) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/33621498

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃のような…:

« 旅立ち | トップページ | 丸亀 »