« 桜とパスハンティング | トップページ | 恋路峠 »

2010年4月12日 (月)

街の自転車屋

100411_131530s

日曜日は、うららかな春のぽかぽか陽気に誘われてポタに出かけた。

は言っても前日の峠フルコースと夜の呑み会で、溜まった疲労が抜けていない身体なので、ママチャリで新しいなるしまの神宮店にチェーンオイルを買いに行っただけだが。

4月9日に原宿店と千駄ヶ谷店を統合してオープンした店はワンフロアで、中庭には多くのバイクスタンドが完備されていた。
この中庭へは、短いスロープ付きの階段で上がるので、店頭に自転車を置くよりは、盗難防止の観点からは安心できる。

オープンして最初の日曜日で店内は相当に混雑していたので、ぐるりと見まわした後、社長にご挨拶してすぐに引き上げて、あとはこの辺に増えた自転車屋のハシゴ。

敷居が高い自転車屋が増えているが、忙しく働くなるしまの社長の姿を見て、以前の店で「地元に貢献するのが街の自転車の役割り」と言って、社長自らママチャリのパンクを直していた事を思い出した。

店は大きく綺麗になったが、きっとこの精神は引き継がれていくだろう。
きっと。

|

« 桜とパスハンティング | トップページ | 恋路峠 »

コメント

20年も前の話になるのですが、なるしまの立川店にミヤタのMTBを買いに行った時の事ですが(この時はMTBも取り扱っていた)、その時に、パンクして自転車押してきて修理を頼んだ人が来たんだけど、店の人が、うちは普通の自転車の修理はしないので、あっちにある自転車屋に行ってくださいという出来事がありました。

社長の意志が、下まで伝わってなかったんですかね。

投稿: NARU | 2010年4月12日 (月) 21時15分

ラバネロにオーダーの相談で通っている頃、
近所のおじちゃん、おばちゃんが来て
ママチャリのライトを取り付け等でしばし待たされたりしました。

その時、ここのビルダーでオーダーして正解だと確信しました。

投稿: いちかわ | 2010年4月13日 (火) 00時32分

千駄ケ谷店が好きでした。社長は新しい店でも先頭に立っておられるんですね。

投稿: さいとう | 2010年4月13日 (火) 08時35分

NARUさん、

確かに以前のNシマは、非常に敷居が高かったと
聞いています。
しかし、現在の店の方は皆さん共に非常に丁寧な
対応をされています。
特に、全くの初心者への対応を見ていると辛抱強いと感じる程、丁寧ですね。

社長とは、何回か一緒に走った事もありますが、素敵な方ですよ~

投稿: ジークフリート | 2010年4月13日 (火) 08時39分

いちかわさん、

その場の雰囲気が頭に浮かびますね。

利益第一主義で面倒なママチャリの修理をしない自転車屋が
多いように思えますが、大根は大地にしっかり根を張って
地元に貢献していますね。

投稿: ジークフリート | 2010年4月13日 (火) 18時14分

さいとうさん、

私も、少々狭い社長の千駄ヶ谷店が落ち着いて好きでした。

他店で買ったミニベロのBB交換も社長が自ら作業をして
くれましたし、珈琲やお菓子もよくご馳走になりました。

街の自転車屋の風情がいい感じでしたね。

投稿: ジークフリート | 2010年4月13日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/34186463

この記事へのトラックバック一覧です: 街の自転車屋:

« 桜とパスハンティング | トップページ | 恋路峠 »