« 街の自転車屋 | トップページ | 春は気まぐれ »

2010年4月17日 (土)

恋路峠

Rimg0045s

距離はさほどでもないが、勾配がキツイ峠路を登ってたどりついた恋路峠は、小さな峠にも関わらず、立派な非難小屋と展望台があった。

Rimg0048s

その展望台からは遠くに雪を被った麦草岳が望めたが、駒ケ岳は、残念ながら雲に隠れていた。

東京では季節外れの雪が降ったとニュースで報じていたが、尾張は絶好のドライブ日和。
久々に、南木曽の柿其渓谷に向かって車を走らせた。

Rimg0024s

新緑の中央高速を中津川で降り、信号が少ないR19を気持ち良く南木曽まで走り、JR十二兼駅の手間にある柿其渓谷入口のT字路を左折する。
そして、細い山道を暫く走ると「きこりこの家」がある。少し手前の無料の駐車場に車を止めて歩き出した。

Rimg0029s

小さなつり橋を渡り、柿其川に沿って進むと、とても鮮やかなコバルトグリーンの川の流れが目を楽しませてくれる。

Rimg0031s

20分程、春の日差しの中を、川の流れを眺めながら歩き、東屋でランチタイム。
コンビニで調達したありきたりものだが僅か20分でも起伏の多い路を歩いた後は美味い。

Rimg0034s

食後は、豊富な水量の牛ヶ滝を眺めて恋路峠へ。

Rimg0038s

歩いて恋路峠を目指していたが、周りの景色を眺めていて、ふと自転車で走っているかのような錯覚に襲われた。

やはり、依存症かもしれない。

走行距離:207km

 

|

« 街の自転車屋 | トップページ | 春は気まぐれ »

コメント

吊り橋フェチとしては見逃せませんぜ、この吊り橋。
要チェックです。

水がキレイすぎです。
要チェックです。

207キロ…車でしたか…。

投稿: 脂身 | 2010年4月17日 (土) 21時45分

名前もいいですが、コバルトグリーンには驚きです!
日本でもあるんですね!

投稿: waka | 2010年4月18日 (日) 00時22分

脂身さん、

「つり橋は揺れるものです、揺らすものではありません」と
注意書きがあり、揺れますよ~

今回で2回目ですが、水がとても綺麗でその上静かで
良いところです。
是非、訪れてみてくださいね!

投稿: ジークフリート | 2010年4月18日 (日) 17時47分

wakaさん、

元々は、小路だったのが恋路になったそうですが、
素敵な響きの小さな峠です。
嫁さんは、息を切らしていましたよ!

雨上がりで、水が濁っているかもと思いましたが、
以前訪れた時と同じ鮮やかな色で嬉しかったですね。

投稿: ジークフリート | 2010年4月18日 (日) 17時57分

水の色が素晴らしいですね。
季節に関係なくこんないい色が見られるとは。
きれいな水の色=夏
と思い込んでいました。

ドライブで200km走る、と比較すると
自転車での長距離って、
我々は結構たいへんなことをしてるんですね。

投稿: 夢ライダー | 2010年4月18日 (日) 18時40分

夢ライダーさん、

花崗岩の山肌が柿其川に侵食されてできた渓谷ですが、綺麗な水とこの花崗岩の影響で目にも鮮やかな色になったのかも?しれません。

前回も今頃でしたが、同じように綺麗でしたよ。

100Km程走った時、この距離を自転車で走る自分自身を振り返り同じように感じました。自転車は凄いですよ!

投稿: ジークフリート | 2010年4月19日 (月) 06時51分

ロマンチックな名前の峠ですね。遠望する山々も素晴らしいし、美しく澄んだ流れも最高です。
こういうところをのんびり行くのは楽しいですね。

投稿: サトシ | 2010年4月19日 (月) 23時31分

サトシさん、

豊かで美しい自然は、ストレスが溜まった身体と心を癒して
くれますね。
シュラフがあれば、峠の避難小屋で一泊したいなぁと思い
ましたよ。
でも、嫁はイヤだろうなぁ(笑)

投稿: ジークフリート | 2010年4月20日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/34267391

この記事へのトラックバック一覧です: 恋路峠:

« 街の自転車屋 | トップページ | 春は気まぐれ »