« 張りぼて | トップページ | 感謝 »

2010年9月 8日 (水)

経木

Rimg0004s_2

木で作らた本物の経木ではないが、例え100gのひき肉でも愛想良く経木に乗せて量り売りしてくれた肉屋が閉店していた。

平日の帰宅する頃は、既に営業時間を過ぎている為、閉店となっていたとは知らなかった。
たまに早く帰宅できた際に、シャッターが閉まっていた事が何度かあり、気になってNetで調べたところ6月末で店を閉めたようだ。

尾張では車で大きなスーパーに買い物に行く事が多く、それに慣れてしまっていた為、転勤になった当初は対面販売の店で少量を買うことに気が引けていたが、たとえ少ない量でも気持ち良く買い物ができる店で何となく好きだった。

閉店の訳は解らないが、愛想が良い年配の方が切り盛りしていた昔ながらの店が、消えていくのは寂しい次第だ。

笹塚十号通り商店街 肉のウエハラ

(写真はストック)

|

« 張りぼて | トップページ | 感謝 »

コメント

★ジークフリートさん
そうなんですよね(+_+)
昔は母に連れられてご主人やおかみさんとなにげない会話しながら一軒ずつ買い物してましたよね(^_^)b

お肉はお肉やさん、野菜は八百屋さん、果物は果物屋さんってね
田舎に行けばなんでも揃うよろず屋さん(^_^)v
↑これは未だに見ますが(笑)

うちも普段は近所のスーパーになっちゃってます(((^_^;)

そういや、子供の頃お肉やさんであざやかに肉を切り分けるのを眺めてました
揚げたてのコロッケをその場で食べたりとか(*^^*)

そうそう小学生の頃から自転車やさんで、あざやかなパンク修理ながめたり
後ろにいがんだフォークを前輪(鉄リム)に太いゴムベルトをかけて気合い一発で直したりとか

そんな思い出話しを地元の自転車やで話してきたのも、もうずいぶん前になりました(^_^)b

投稿: FOX | 2010年9月 9日 (木) 02時00分

Foxさん、

東京には、まだ各地に商店街が残っていますが、尾張では殆ど見なくなりました。

郊外型の巨大なスーパーが、車で少し走ればいくらでもある環境ですから個人の店は厳しいのかもしれません。

その点、都内はスーパーも個人の商店もあり、嬉しいのですが、個人店の経営者は年配の方が多いように思えますので、先行きがね…

高校生の時、毎年冬休みは肉屋で住み込みでバイトしていたのを思い出しました。
店頭でロースハムのたたき売りもやらされたなぁ(笑)

投稿: ジークフリート | 2010年9月 9日 (木) 08時32分

子供の頃、すぐそばにこういうお店が何軒も並んでました。
でも、一軒、また一軒と閉店していき、今ではアパートや建売になってしまって。
そういう時代とはいえ、なんだか寂しいですね。
記憶の中に、裸電球のぶら下がった店先で、祖母と買い物してる自分がいます。

投稿: サトシ | 2010年9月10日 (金) 10時37分

サトシさん、

個性的なおやじやおばちゃんが切り盛りしていた店が、段々消えていく様は何とも言えない寂しさを感じます。

妙に無口だったり、おしゃべりだったり、振り返ると懐かしいですね。

人との会話を通じての買い物は、大規模店でのそれとは、違い心に残る何かがありましたよ。

投稿: ジークフリート | 2010年9月10日 (金) 21時52分

経木に思わず食いつきました
懐かしいですね~

毎年参加する栄村の昼飯は 経木に包んだ握り飯なんです 経木のあの匂いを嗅ぐと 夏と栄村を思い出します

投稿: やじ | 2010年9月14日 (火) 22時47分

やじさん、

2006年の栄村に参加した時のランチが、お握りでしたので、きっと経木に包まれていたのでしょうね!
100kにミニベロで参加して、時間に追われ余裕がなかったので、あまり覚えていません(笑)

経木は、覚えていませんが、素晴らしい景色と熱い声援はしっかり記憶に留まっています。

本当に良い体験でした。

投稿: ジークフリート | 2010年9月15日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/32497355

この記事へのトラックバック一覧です: 経木:

« 張りぼて | トップページ | 感謝 »