« 飛騨の山々 | トップページ | ジョッキー »

2011年2月26日 (土)

Dsc_0010s

子供頃、たぶんそれは親父に連れられて行った、釣りの時だったと思う。
信号が赤に変わって暫くすると、目の前の橋が重々しくせり上がり、船が通過していった。

そして橋は元のように下がり信号が青に変わり、何事もなかったように車で渡った。

Dsc_0014s

その橋は勝鬨橋。

スムーズに開閉させる為に大きなカウンターウエイトが付いていた事は最近知ったが、当時としては最新のハイテク橋だっただろう。

Dsc_0026s

もう開く事は無いが、通る度にその時の衝撃的な光景が蘇る素晴らしい橋。
その古い橋を渡り、ある自動メーカーのCMに映し出された、新しく美しい景観の橋を見たくなり若洲へ向かった。

Dsc_0028s

CMでは、既に開通しているかのように見えるが、まだ繋がっていない橋は、明日、最後の橋桁架設工事で長さ108m、重さ1,600tの中央径間箱桁をクレーンでつり上げて橋が繋がるそうだ。

吊橋や斜張橋は、橋として優美な美しさを感じるが、一般公募で東京ゲートブリッジと命名されたこのトラス橋は、それとは違う美しさと感じる。

Dsc_0031s

海をを走る船舶と上空を飛ぶ航空機に配慮して、高さが54.6m以上で98.1m以下に抑えられて、かつ100年の利用に耐え得る最新の設計で建設が進んでいるらしい。

Dsc_0035s

実は2月の最初の土曜日に一度見に行ったが、生憎の曇天で全景がくすんで見えた為、途中で引き返していた。
やはり、青い空でないと美しい橋は映えない。

Dsc_0040s

Dsc_0045s

車は無料で、歩道も整備されるらしく、自転車も押してなら渡れるようだが、全長が2,933mもあるので、押して渡るのは、あまり現実的ではないかと思うが如何なものか。

機会があれば、沈む赤い夕陽をバック撮ってみたいものだ。
走行距離:53.2km

|

« 飛騨の山々 | トップページ | ジョッキー »

コメント

また水辺の散歩をあの方が企画してくれると期待しています。その時はつながっているんでしょうね。

投稿: あーみー | 2011年2月27日 (日) 09時49分

ようこそ水辺へ。
ずっと変化していなかったようですが、
いよいよ結合ですね。

この続きは、
本日見に行ってきました。

今日の様子を撮ってきましたから
アップしますね。

みんなで見に行きましょう。

投稿: 夢ライダー | 2011年2月27日 (日) 18時40分

あーみーさん、

水辺の散歩、いいですね~
のんびりと景色を楽しみながら走るのが好きです。

期待しましょう!

投稿: ジークフリート | 2011年2月27日 (日) 20時32分

夢ライダーさん、

最後の工事は是非見たかったのですが、事前の天気予報、混雑、そして東京マラソンの規制等を考えて昨日行きました。

レポ、楽しみです。

水辺のポタも期待しています。撮影ポタにしましょう。

投稿: ジークフリート | 2011年2月27日 (日) 20時37分

おお、ついに繋がる時が来ましたか!

ボクも去年色街散策と合わせ写真に納めましたが、間近で見ると圧巻ですよね。

開通前にまた行きたいな〜

投稿: lovin | 2011年2月28日 (月) 13時00分

今朝、ニュースでやってました。
すごい技術ですね。
自転車は押さなきゃならないのかぁ。残念です。

投稿: サトシ | 2011年2月28日 (月) 14時12分

lovinさん、

そうです!ついに繋がりましたよ。
このトラス橋を見て、大月の猿橋を思い出してしまいましたが、
似ていませんか?

http://theopenroad.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_093b.html

昔から、日本には橋を架ける優秀な技術がありますね!

投稿: ジークフリート | 2011年2月28日 (月) 17時53分

サトシさん、

朝のニューズは、残念ながら半分位しか見れませんでしたが、現物は
とても壮観な橋でした。

スカイツリーも凄い技術かと思いますが、こちらも最新の技術で架け
られたようですね。

しまなみ海道のように、ウォーターフロントの橋を自転車で走れたら
最高に景色が良いかと思うのですがね~

投稿: ジークフリート | 2011年2月28日 (月) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/39023220

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 飛騨の山々 | トップページ | ジョッキー »