« 前からでも後ろからでも | トップページ | 橋 »

2011年2月20日 (日)

飛騨の山々

Dsc_0043s

それは、木曜日の事。
週末は尾張で過ごす予定の為、結氷した木曽の白川氷柱群を見たいと、想いを巡らせていた。

Dsc_0086s

しかし、アクセスの問題でなかなか行くのが難しい。悩みながらnetを調べていて偶然見つけたのが、窓から槍ヶ岳が見える宿。
そんな宿の露天風呂を楽しんだり、新穂高ロープウェイで2,000mまで上がれば、そこには絶景が待っている筈と滝から山の景色に意識が移っていった。

そんな事を妄想していたら、netでその宿と高速バスを予約してしまった…
便利な反面、netは怖いものだ。

Dsc_0040s

土曜日の朝、高速道路を走るバスの車窓には眩しい銀世界が広がり、空を見上げると、雲一つない青空で山の景色が脳裏に浮かび頬が緩む。

高山へは渋滞で35分遅れたがバスを乗り継ぎ、新穂高からは二本のロープウェイで2,156mの西穂高口まであっという間に到着。
はやる気持ちを抑えて展望台への階段を上ると、そこには昔、飛騨山脈と呼ばれた北アルプスの絶景が眩しく眼に入ってきた。
あ~、来て良かった!

Dsc_0025s
槍ヶ岳 3,180m

Dsc_0032s

Dsc_0052s

Dsc_0053s
笠ヶ岳 2,898m

Dsc_0058s

Dsc_0061s

Dsc_0062s
独標 2,701m

Dsc_0042s

十分に絶景を堪能した後は、雪の回廊やビジターセンター等を腹ごしらえをしながら、のんびりと散策したり見学しながら下山。

Dsc_0073s

Dsc_0103s

早めに着いた宿でWelcomeフルーツをいただき、槍ヶ岳が望める貸し切り露天風呂で温まるとほんわかと良い感じ。日本人だなぁと思える瞬間。

Dsc_0100s

また、露天風呂へは湯めぐり鉄道と呼ばれる小さく短いスロープカーで移動したが、これがなんともユニークだった。

お風呂の後は、お楽しみの夕食。海の幸、山の幸がいっぱいで、最後の釜飯がお腹に入らないくらいで美味かった。

Rimg0002s
貸し切り露天風呂

翌日は、朝飯前に地域で最大の混浴の露天風呂で槍ヶ岳を眺めながら湯に浸かっていると、女性が何人も入ってきて、およよ…
まあ、バスタオルを巻いてはいたが、それはそれで色っぽい事に変わりはない。

朝から得した気分。

Dsc_0112s

朝湯の後の朝飯は美味く、これも温泉宿の楽しみ。
素晴らしい対応の宿を後にして、日本百選に入る平湯大滝まで路線バスで向かった。

最寄りのバス停から20分ほど雪道を歩いていくと、天気が良く汗が出るくらい暑い。

やっと着いた滝は、近づけないので何となく残念な気分。
もっと近くで見上げるように見る事ができたら最高なのにと思ったが、こればかりは仕方ないかな。

Dsc_0118s
巨大なかまくら

平湯からは、宿のバスで高山駅まで送ってもらい、高山の街をぶらぶらと見学。
酒屋が多く、つい試飲してしまう。

Dsc_0136s

Dsc_0137s

いかにも造られた感が漂う昔の街並みは、観光客が溢れていたが、そこを外れる
と、音がない静かな田舎の街で落差が激しい。

Dsc_0130s

Dsc_0138s

静かな店を探して岐阜の郷土料理である鶏ちゃんを頂いた。
小さなジンギスカン鍋のようなもので、タレに漬けた鶏肉とキャベツを焼きがら食べるが、ビールに合い素朴だが美味い。

昨夜の飛騨牛のしゃぶしゃぶは、美味かったが、鶏ちゃんもなかなか美味い。

Rimg0023s

帰りのバスは、渋滞で2時間以上も遅れたが、急に思い立って訪れた西穂高口の絶景は忘れられない思い出になった。

冬山…自分の脚で登ってみたいと思うが、アイゼンを使う所には行かないと自分に約束してしまった。
もう、若くないから。
登山の保険もアイゼンを使うと効かないタイプにしてしまったので、行くことはないと思うが…

|

« 前からでも後ろからでも | トップページ | 橋 »

コメント

いや、素晴らしい休日ですね!羨ましい!

しかし、

> 女性が何人も入ってきて、およよ…

ここまで来ると、羨まし過ぎて言葉が出ないw

投稿: K田 | 2011年2月22日 (火) 11時59分

K田さん、

混浴露天風呂なんて久しぶりでしたが、最近は若い女性も多いようですよ。

今回は、湯浴み着やバスタオル姿でしたが、正直なところこちらが緊張しました(笑)

まあ、そんな風呂より、やはり何と言っても雪山の景色が最高でした。
天気が悪いと何にも見えないですから、こればかりは!

投稿: ジークフリート | 2011年2月22日 (火) 18時08分

綺麗ですね。
先々週、同じロープウェイで雪の回廊にも行きましたが
薄曇りで雪が津々と降っていました。
この時期、北アルプスは晴天率が低いので良いときに行きましたね。

ちなみに、ロープウェイの駅から1時間ほど雪道を歩くと西穗髙山荘です。
ずっと樹林帯の中なので風も弱いしアイゼンなんてまったく必要ありません。

なんて独り言を呟いてみました(笑

投稿: いちかわ | 2011年2月22日 (火) 20時27分

なんとも素晴らしいのひとことです。

スキーに行かなくなって
雪の山頂の景色、ずっと見てないです。

冬はやはり寒いところが一番なんでしょうね。

今回も奥様の登場の仕方が
ドラマ風な雰囲気を出してますね。

投稿: 夢ライダー | 2011年2月22日 (火) 22時46分

いちかわさん、

ありがとうございます。
本当にタイミングは最高に良かったと思います。
当初、日曜日にロープウエイで上がる予定でしたが、天気の状況で土曜に変更しました。

西穗髙山荘まで一時間なんですか?もう少し遠いかとかと思いました。

全て隠す白い雪、怖いですが綺麗ですよね。

また、行きたい素晴らしい所でした。
2,800円のロープウェイは、高いけどね(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年2月23日 (水) 08時35分

夢ライダーさん、

毎度、ありがとうございます。

寒いのは苦手ですが、白い山々は見ているだけで癒されます。

息子達が小さい頃は毎年のように、私もスキーに行っていましたが、もう何年も板を履いていませんので、こんな光景は久々でした。

ドラマ風ですか?
この方が、想像力をかき立てますからね(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年2月23日 (水) 08時39分

2枚目がいいですねぇ。
寒いけど晴れるととても素敵な写真が撮れますね~

投稿: ayako | 2011年2月23日 (水) 13時30分

ayakoさん、

ありがとうございます。

晴れていた為、昼間は歩いていると暑い位でしたが、日が落ちると流石に冷えました。

いつか、槍ヶ岳から写真を撮ってみたいと思いますが、いつになるやら…

投稿: ジークフリート | 2011年2月23日 (水) 18時11分

ご無沙汰してます。
いやぁ、すばらしい。実にうらやましいです。
こんな時期に行ってみたい。

混浴露天風呂じゃないですよ。(ま、当たらずとも遠からず、ですが…)

鶏ちゃんも食べてみたい。
この天気ならロープウェイ代も高くないですよね?

投稿: 脂身 | 2011年2月23日 (水) 18時31分

羨ましい~。
ホント、絶景ですね!
北アの山々が輝いてますよ。
写真も素晴らしいです。
冬山登山はマジでヤバイですから、無理はしないほうがいいですよね。
でも、こうやって見られるんだから最高です。
私も行ってみたいなぁ。

投稿: サトシ | 2011年2月23日 (水) 22時58分

写真を見て文章を読んでいるうちに半分行った気になったようなww
これだけの素晴らしい天気だともうそれだけでありがとうですよね!山々はほんとにすごい。撮っても撮っても思い通りの壮観さが私はだせません。。。
ここのところこういう「山」の話がたびたびあちこちで出てきて(山ガールとかもあってw)山はいいんだよ~ってまたまた思うようになりました。
登山らしきことをしていた期間は短いですけど季節折々の素晴らしさは鮮やかに覚えています。冬は登りませんでしたけどね。
で、唐突にスイスに行きたくなりました(行きませんよ)日本とは違う色を(日常とは違う色)見たくなった。

投稿: えり | 2011年2月24日 (木) 07時55分

脂身さん、

上高地もこの新穂高ロープウェイも、脂身さんの素敵な写真に魅せられて
行ってしまったのですよ~
まあ、新穂高は季節が違いますので、次回は是非夏場に行ってみたいもの
です。

奥飛騨は露天風呂がとても多い所だそうですから、大好きなしぇんぱいと
いかがですか?

確かに、あの景色ならロープウェイ代は高く無いですよね。曇天で何も
見えなかったら許せない値段ですけどね。

投稿: ジークフリート | 2011年2月24日 (木) 12時40分

サトシさん、

ありがとうございます。

イヤハヤ、本当にラッキーでした。
高山へのバスが渋滞で遅れ、乗り継ぎのバスに乗れず、一時間近く待った時は、
天候の変化が気がかりでヒヤヒヤでした。

冬山は、憧れだけにしておきますね。

自分の車なら、より気軽に行けるのですが、今はノーマルタイヤしか無い為、
雪道は躊躇します。昔は4駆にスタッドレスでガンガン走っていましたが(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年2月24日 (木) 12時41分

えりさん、

半分行った気になっていただき、とても嬉しく思います。
ありがとうございました。

撮っても、撮っても…実は一度展望台から降りたのですが、まだ撮り足らない気がして、
また展望台に行ってしまいました。

登山はまだ初心者ですが、赤岳、雲取、瑞垣などでテント泊や山小屋泊を楽しみました。
最近は、ハイキングが多いですが、それでも山の景色は好きです。

スイス、カナダ…行ってみたい!

投稿: ジークフリート | 2011年2月24日 (木) 12時43分

きれいな景色、温泉、食事、お酒、、、これ以上必要ないですね。いい休日だったようで何よりです。

投稿: あーみー | 2011年2月27日 (日) 09時59分

あーみーさん、

ありがとうございます。
急に思い立った割には、思い出残る旅になりました。
これも自転車仲間のBlogのお陰ですよ。

今年は、あーみーさんの後を追って、丹羽さんのルートをまたひとつ走りたいと考えています。

投稿: ジークフリート | 2011年2月27日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/38951127

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨の山々:

« 前からでも後ろからでも | トップページ | 橋 »