« 多重 | トップページ | 転勤 »

2011年5月15日 (日)

3回目の柿其渓谷

Dsc_0077s

普段、コミックは読まないが、山仲間が貸してくれた「岳」が映画化されたので見たいと・・・しかし、自転車仲間からバラを見に行こうと誘われて残念ながらご一緒できなかったので、岐阜でバラを見たいとも考えていた。

岐阜の花フェスタ記念公園はバラが有名だが、調べると見頃は5月22日で少し早そうであるので、天気に誘われて結局、木曽までドライブ。

Dsc_0080s

自宅を出て新緑が眩しい中央高速を走り、中津川で高速を降りると、一時間少々でもう木曽の山の中。

R19を快適に走り、通るたびに気になっていた橋のところで車を止めて小休止。

「桃介橋」と呼ばれた木製の補剛トラスを持った吊橋は、日本有数の長大橋で歩いて渡れる。

Dsc_0086s

そのままR19を北に向かい、妻籠を過ぎてから十二兼の手前を左に折れて、くねくねした山道を登って3回目の柿其渓谷へ向かう。

Dsc_0090s

この渓谷は昨年も4月に訪れているが、エメラルドグリーンの渓谷に沿って遊歩道が設けれており、綺麗な水の流れを楽しみながら気楽に歩けるのがとてもいい。

但し、今回いつもより少しだけ色に深みがないように思えた。水量や気温が影響するのだろうか・・・

Dsc_0098s

普通に歩けば、ものの15分で東屋に着き、牛ヶ滝を眺めることができるが、いつもの事ながら、あっちでパシャ、こっちでパシャとシャッターを切りながら歩くので倍以上の時間が掛かってしまった。

しかし、マイナスイオンが豊富な渓流沿いを歩くのは、とても気持ちが良いものだ!

Dsc_0096s

滝を眺めた後は、コンビ二で調達したお握り等で早めのランチ。こんなランチでも景色が良く、僅かではあるが歩いた後は、最高に美味い。

天気は良く気温も高い筈だが、ゆっくりと食事をしていると寒いくらいだ。

Dsc_0100s

ここからは、山側を歩いて駐車場に戻れるが、今来た渓谷沿いを引き返した。
本来、同じ道を戻るのは好みではないが、視線が反対になったことで、行きとは違う雰囲気でそれなりに面白い。

Dsc_0113s

Dsc_0119s

 

Dsc_0139s

時間の余裕があったので、これも以前から気になっていた柿其温泉で汗を流したが、小さな風呂ながら、山が前面に広がり最高の景色でしかも貸切で良い気分!

これで、Beerが飲めたら言うことはないのだが、それは帰宅後楽しみに取っておいた。

Dsc_0153s

そのまま帰宅の予定だったが、地図を眺めると妻籠から馬篭峠を抜ける路がR19より面白そうに見えたので妻籠に寄り道して、おやきを食べたりしながら散策。

Dsc_0155s

Dsc_0156s

美味そうな筍を素朴なばあちゃんが黙って売っていたので、一番左の大きなものをお土産に買って夕飯に頂いたが、これが柔らかくとても美味かった。

Dsc_0157s

妻籠を散策した後は、馬篭峠を越えて中津川から中央高速を走り、途中で運転を代わってもらい帰還。

柿其渓谷へは、往復で200kmもあるが、来年も是非行きたいところだ!

|

« 多重 | トップページ | 転勤 »

コメント

だんだん夏が近づいてる感じがしてイイな。
最近景色だけじゃなくて人が写り込んでいるのが好きです。

投稿: えり | 2011年5月15日 (日) 22時06分

水の色と透明感がすごいですね。
筍、安い!うらやましいです。

投稿: jun | 2011年5月15日 (日) 22時17分

えりさん、

いつもありがとう。

風景と人、同じ思いです。
BlogにはUPしていませんが、昨日の写真にも公園で遊ぶ可愛い子供の姿が何枚もありますが、
顔が鮮明だとUPできないですね。

まあ、身内なら問題ありませんがね~

投稿: ジークフリート | 2011年5月15日 (日) 22時26分

今日は最高の日和でしたね。
水の色が綺麗なこと。

私も同じ道を引き返すことがよくあります。
同じルートを逆から行ってみると、
景色がまったく違って見えますよね。
得した感があります。

モデルさんも、
写り上手になってきたような気がします。

投稿: 夢ライダー | 2011年5月15日 (日) 22時36分

junさん、

有名な観光地ですが、商売熱心な方は少ないように思えますね。
お土産なども良心的な価格の物が多いかな・・・

透明感は凄く、大きな魚が泳いでいるのもちゃんと見えます。吸い込まれそうですね。

投稿: ジークフリート | 2011年5月15日 (日) 22時59分

夢ライダーさん、

そうですね!本当に外遊び日和で水辺が嬉しい日でした。

基本は周遊ルートが好きでしたが、アップダウンがあった今日は、
帰りの景色に驚き、まさに得した気分でした。
同じ路の楽しさを発見した思いです。

モデルさんは、「いつも後姿なのね」とぼやいていました(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年5月15日 (日) 23時11分

柿其渓谷って初めて知りましてけど良いところですね!
水もキレイで推量も豊富、これぞまさにマイナスイオンの世界。
いつものように写真も素晴らしいです。

投稿: lovin | 2011年5月16日 (月) 08時59分

渓谷のエメラルド色がすごいですね。本当に綺麗!

> 顔が鮮明だとUPできないですね。

これは本当に難しい問題ですね。
私は基本的に人物写真が好きなのですが、99%がスナップ写真なので
肖像権使用許諾書とかいちいち取っていないので発表出来ないんですよ。
何時からこんな事になったんだろう・・・><

投稿: | 2011年5月16日 (月) 09時29分

lovinさん、

初夏を思わせる日差しでしたが、渓流に沿って歩くとまるで別世界の気持ち良さでした。

偶然、見つけた渓谷は、お気に入りになっています。

狭い日本ですが、まだまだ知らない素晴らしい景色が待っているかもと考えると、楽しいですね。

投稿: ジークフリート | 2011年5月16日 (月) 16時47分

>渓谷のエメラルド色がすごいですね。本当に綺麗!
ありがとうございます。

あの色は引きこまれる美しさですよ!

風景に上手く人を配置すると面白いのですがね、
面倒は避けたいので、結果的に減りますね。

電車の中でも、面白い構図に出会う時があり、
撮りたいと何度も思った事がありますが、この問題は仕方ないですね。

投稿: ジークフリート | 2011年5月16日 (月) 16時54分

きれいですね~

拠点が2つあるといけるところも倍になっていいですね。
しかし、きれいな水の色です。

投稿: kikyo | 2011年5月16日 (月) 21時20分

kikyoさん、

小さな渓谷で有名ではない為、この日も数人のハイカーにしか出会いませんでした。

少しだけ探せば、エメラルドグリーンの水が目を楽しませてくれる、穴場的な場所があるもんです!

また、景色の良い所を尾張と江戸で探したいと思います。
2か所あると良い半面、面倒な部分もありますね~

投稿: ジークフリート | 2011年5月17日 (火) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/39997813

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目の柿其渓谷:

« 多重 | トップページ | 転勤 »