« 春風 | トップページ | 長峰山からの絶景 »

2011年5月 1日 (日)

直江津まで

Rimg0125s
「走りたいところ」リストには、念願が叶って既に走れたところや、新たに走りたいところが追加されて更新されているが、長い間そのままのところがある。

Rimg0005s

それは、直江津。
そんな直江津までのルートは多々あるが、早く行くよりも気ままに走り、好きな風景に出会えたら何度でもペダルを休めて、その風景を切り取りながら日本海を目指したいと考えていた。
そんな走り方にぴったりしたのは、丹羽さんのルート。

Rimg0010s

しかし、このルートのアプローチは荒川CRを辿るので少々遠回りになると考えて、初日は一般道で磯部まで向かった。
6時前に自宅をスタートしたが、あまりの寒さにびっくりしながら、井の頭通り、武蔵境通り、4号、小金井街道で清瀬へ。
ここの牛丼屋で朝飯。
その後、6号で9時頃に川越に到着。この時間はさすがに観光客も少なくゆっくり写真が撮れる。
Rimg0018s

この後は、途中で裏道に入りながらも基本的に254辿って走る。
トラックが多く決して走り易くはないが、藤岡あたりからはそんな車も減り、遠くにはうっすらと白い浅間山が見えてきた。

Rimg0019s

神川の閑散とした道の駅で小休止。

Rimg0023s

白倉神社には、大きな天狗。

Rimg0027s

小さな峠を越えて本日の宿、ひなびた磯部温泉に到着。
風呂で汗を流して夕飯まで近所を散策するが、何もなくビールと日本酒を調達して部屋で軽く一杯!走った後のビールは最高に美味い。

4月29日 走行距離:131.4km

Rimg0049s

翌、土曜日の朝は、8時半頃に宿を発ち田舎の雰囲気を残す松井田を抜けて横川へ。
横川の手前で旧道に入り駅の北側を走る予定だったが、気分良く走り通り過ぎてしまった・・・

鉄道文化村の電車は鉄ちゃんでなくても興味津々で、暫し見とれて中山道の旧道でお楽しみの?碓氷峠へ向かう。

さほど勾配がキツくない峠路をゆっくり景色を楽しみながら上ると、森村誠一の「人間の証明」の舞台となったKiss meの霧積温泉への分岐が見えた。とても興味深い映画だった記憶があり機会があれば泊まってみたい温泉だ。

Rimg0055s

アプト式鉄道のめがね橋は初めて見たが、レンガ作りのアーチ橋は壮観!

Rimg0062s

現在は「カーブ」と表記されるが、以前は「C」と表されていたカーブの数は184あるが、その134個目のカーブで後輪がペッチャンコになってしまった。

タイヤレバーが無くても素手で簡単にチューブ交換ができる、SCHWALBEのULTREMO R.1は柔らかで、パンクし易いが修理も簡単。

Rimg0063s

峠に11時過ぎに到着。旧道は、カーブが多いが勾配は緩くまた走りたい気分が良い峠だ。

Rimg0066s

峠を下り軽井沢に入ると、多くの人で賑わいまさに観光地の雰囲気だが、気温は11℃と低く、桜はまだで朝夕はストーブが欠かせないと、出会った方が話してくれた。

Rimg0071s

ランチは有名な釜飯と味噌汁を頂いたが、美味くてボリュームも満点で満足。

Rimg0072s

食後は、長い下りを楽しみ桜が満開の小諸へ。
小諸からは静かな北国街道で田中宿、そして妻籠宿のような海野宿の風景を楽しんだが、このあたりからホツホツと雨が・・・

Rimg0075s

Rimg0079s

Rimg0082s

Rimg0083s

千曲川CRに入る手前では、こんな綺麗な花のロードが、目を楽しませてくれた。

Rimg0086s

千曲川にかかる黄色い長い橋は通学優先の狭い橋。
このあたりから雨脚は激しくなり長野の宿を目指して必死に漕ぐが、レーパンのパットは水分を吸って変な感じ。

Rimg0091s

カッパを着るために小休止した際に、親子連れのサイクリストに出会った。
母を気遣い「明日は晴れるから、今日は無理しないで」と優しい娘の言葉で、私も力を頂いて長野の宿に何とか到着。

風呂で温まり、近所に一杯呑みに行ったが、ビールの美味いことこの上なし。

4月30日 走行距離:117.0km

Rimg0092s

日曜日の降水確率は60%ととても高いが、朝飯を食べながら外を眺めると、まだ雨は降っていない。残された距離は頑張れば午前中に日本海まで辿りつけるので、思い切って走りだした。

Rimg0095s

春が遅い、千曲川の桜はまだ蕾だったが、菜の花や桃?が綺麗なCRを北上。

Rimg0100s

小布施あたりからポツポツと雨が降り出したが走るのに問題ない小降り。
29号を片塩で左折すると、本当にいいの?と思える狭い路を抜けて走る旧飯山街道は道路の真ん中に融雪の為の水が出る穴があり北国らしい。

Rimg0102s

Rimg0105s

雨も上がり、飯山の静かな路を走ると仏壇屋が多く、修行僧らしき方がゆっくりと歩いていてまさに寺の町。

Rimg0109s

最後の上り涌井峠をゆっくり越えると、こんなにも雪が残っていた。
一息つき、ここからは30kmの下りで日本海だ。

Rimg0114s

重い雲の間からは、白い山並みがかすかに見える。

Rimg0118s

Rimg0120s

下りを快調に走り、12時前にとうとう日本海に到着。
何もないとは聞いていたが、それでも感慨深い・・・

Rimg0123s

尾張へは、普通妙高、特急しなので、今ほど走ってきた長野を経由して、帰還。
祝杯は、新潟の酒。美味かった。

Rimg0129s

丹羽さんのルートは、自分では探し出せない旧道を上手く繋いで、気持ち良く走れる素晴らしい工程で、雨には降られたが思い出深い直江津だった。

5月1日 走行距離:82.6km

|

« 春風 | トップページ | 長峰山からの絶景 »

コメント

とうとう、日本海まで走っていらっしゃったのですねsign03
すごいupup

碓井峠旧道は、大好きな峠です。小諸から先が未開の地です。
ジークさんに始めて日本海まで走ってみたいというお話を聞いた時はただただ驚くばかりでしたが、いつか自分も、日本海まで行ってみたいと思えるようになりました。

投稿: きょうちゃん | 2011年5月 2日 (月) 15時35分

きょうちゃん、

小諸まで行かれているのであれば、碓氷峠は分水嶺ですから基本は下りです。
最後の涌井峠は590mありますが、実際の標高差は大きくありませんから、問題ない峠です。
そして、その後は直江津まで快適な下りとなりますので、行けちゃいますよ~

2泊3日で写真を楽しみながら行きたいですね!

投稿: ジークフリート | 2011年5月 2日 (月) 17時27分

「好きな風景に出会えたら何度でもペダルを休めて」なんて、なんとも心温まる旅の仕方ですね。
ビールの旨さが伝わってくるようでした。
いいなぁ:D

投稿: カワセミ | 2011年5月 2日 (月) 18時22分

憧れのルートをとうとう走破。
うらやましいな。

二泊すれば、
たっぷり写真を撮りながら行けるんですね。

いつかは直江津、
私も考えて見よう。

投稿: 夢ライダー | 2011年5月 2日 (月) 21時28分

いいですね。私は忠実にニワコースを走りました。あそこはもう一度走ってもいいかなと思いますね。私は毎年春のロングライドは今年は無しです。何となく気持ちが盛り上がらなくて。。。

投稿: あーみー | 2011年5月 2日 (月) 21時36分

カワセミさん、

うれしいコメントありがとうございます。

実は止まるだけでは、行き過ぎて後悔しない為に、戻ったりもします(笑)
今回も2回程戻りましたが、飯山で戻らずに行き過ぎて未だに後悔しているシーンがあります…
気になったら止まるですね!

普段は、呑みすぎるとすぐにお腹をこわしますが、走った後は、平気なんですね~
ですから余計に美味いかもしれません。

投稿: ジークフリート | 2011年5月 2日 (月) 22時39分

夢ライダーさん、

自宅から遠方まで自走でこんなに走ったのは、2泊3日とはいえ初めてでしたから、良い思いでになりました。

パンクや雨も今となっては、旅のひとコマですね!

3日間の休みがあれば、楽しく撮影しながら走り、東京に戻ってこれますよ!

旅費は、復路だけですし、また行きたいルートです。

投稿: ジークフリート | 2011年5月 2日 (月) 22時47分

あーみーさん、

確か行く直前に告知されていましたよね!
あの時は、既に白沢峠の景色で頭がいっぱいでしたが、羨ましく思った事を記憶しています。

その後、何度も日記を読ませていただき、いつか行きたいと考えていました。

長い人生、気持ちが乗らない時もあるかと思います。そんな時は、自分の気持ちに素直になった方が賢明ですよね。
趣味の世界、きままでいいかと思います。

後追いですが、能登もいつかは行きたいと考えています。

投稿: ジークフリート | 2011年5月 2日 (月) 22時54分

行ったんですね。
私は1日の天気予報で諦めてしまいました。
Aちゃんも29日・30日で行っているはずです。

やっぱり行きたいなあ・・・

投稿: kikyo | 2011年5月 2日 (月) 22時59分

kikyoさん、

大型連休で皆さんも色々なプランを検討されていたのですね!
私も1日の天気はとても気になっていましたが、短時間の小雨ですぐに上がってしました。

丹羽さんルートは、静かな路を上手に繋いで楽しめますよ。連休後半にいかがですか~

kikyoさんなら、二日で簡単に走れる距離ですよね!

投稿: ジークフリート | 2011年5月 3日 (火) 08時22分

すげぇ~、直江津まで・・・。
車で行っても遠いのに~。
若いころ碓氷峠をヒーコラ登って軽井沢、善光寺、榛名山と周ったのを思い出しました。

投稿: サトシ | 2011年5月 3日 (火) 11時33分

いや~素晴らしい!good
写真も素晴らしいですが、3日連続で長距離を走れるのがすごい!
海野宿、いいですねぇ。是非行きたい場所に加えました^^

投稿: K田 | 2011年5月 3日 (火) 17時26分

サトシさん、

直江津まで自転車で行かれた方のBlogや日記を始めて拝見した時は、まさに「すげぇ~」でしたが、
時間を掛ければ何とか行けますね(笑)

これで、もう少し天気がよければ最高だったのですがね!
まあ、贅沢は言ってはいけませんがね。

ロングライドの魅力が少し分かったような気になりました。

投稿: ジークフリート | 2011年5月 3日 (火) 18時50分

K田さん、

あまりロングライドはした事がなく不安があり、実際のところ2日目の朝は、あちこち痛かったのですが、アミノ酸は効果がありました。
3日目は、残りの距離もさほどなく、天気ばかりが気になり痛みはどこかに・・・(笑)

碓氷峠は、気分が良い峠ですので、海野宿とセットで是非訪れてみてください~

投稿: ジークフリート | 2011年5月 3日 (火) 18時59分

良いですね〜!
ボクも荒サイ〜直江津はいずれ行こうと思っているので参考にさせていただきます!

投稿: lovin | 2011年5月 9日 (月) 09時16分

lovinさん、

直江津は、本当に何もない処ですが、今回のライドで知らない路を
走るロングライドの楽しみを知ってしまった気がします。

そして、雨には降られましたが、ある種の達成感がなんとも心地よかったですね。

丹羽さんの「日本ベストサイクリングコース10」はとても参考になりました。
しまなみもこの本を参考に走り、大いに満足しました。

投稿: ジークフリート | 2011年5月 9日 (月) 18時14分

直江津
父の出身地ということもあり
小さい頃は毎年お盆休みを過ごす場所でした。

自分の力で移動できるようになってからも事あるごとに訪れる地でありますが、
やはり自転車での走破(自分は川越~碓井峠旧道~妙高高原で)は特別な思い入れがありました。

今回、写真で懐かしい風景を拝見して、
また自転車で走ってみたくなりました。

投稿: いちかわ | 2011年5月11日 (水) 13時46分

いちかわさん、

お父様のご出身の思い出深い処でしたか!

今回、私は2泊3日で訪れましたが、近づくに従って何ともいえぬ思いが込み上がって来たことを、忘れません。
自分の力で辿り着いた感動は最高でした。

是非、自転車で走ってください!
私も、また行きたい処です。

投稿: ジークフリート | 2011年5月11日 (水) 20時55分

日本海まで…。
是非一度行ってみたいんですよね。
参考になります。が、豊橋からだとちょい遠いんですよね。

って、そんなこと思ってるからなかなか実行できないんです。悲しい…。
しかし素晴らしい景色ですね。
いいなぁ。

投稿: 脂身 | 2011年5月12日 (木) 16時08分

脂身さん、

行きたいと思いながら、同じ様に遠いな~とか考えていましたが、
身近な自転車仲間が丹羽さんのルートで行った日記を見てから、ルートを検討していました。

また、機会を作り行きたいと思っています。
是非、TRYしてくだいよ。
ロングライドの楽しみが増えました(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年5月13日 (金) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/39826724

この記事へのトラックバック一覧です: 直江津まで:

« 春風 | トップページ | 長峰山からの絶景 »