« 緑のセンターライン | トップページ | 城下町のパン屋さん »

2011年8月14日 (日)

地蔵川に咲く梅花藻

Dsc_0659s

中山道61番目の宿場である醒井宿には、湧水の地蔵川がある。
水温は年間を通じて14度前後と低く、川沿いに歩くと生活に密着した様子がうかがえた。

Dsc_0631s

その清水、地蔵川に咲く梅花藻(ばいかも)は、脂身さんの日記で知った小さな花。

この時期、自転車で見に行くには、少々暑そうであるので、涼しい車でごぉ~
名神高速を米原で降りて、少しだけ東に戻り、醒井水の宿駅に到着。

Dsc_0639s

車を停めて歩きだすと、すぐに小さな川が現れた。

麦茶を冷やし、子供のおもちゃを回し、美味そうな雰囲気のアルミボトルを冷やしたりと、玄関先の綺麗で冷たい水は大活躍。

Dsc_0642s

Dsc_0647s

美味そうなスイカも冷やしていた。

Dsc_0649s

そんな、清水に咲く梅花藻は梅の花に似て可憐。

Dsc_0651s

Dsc_0653s

少し歩き、冷えたトマトときゅうりを頂き、懐かしいラムネで喉を潤す。美味い!

Dsc_0654s

Dsc_0655s

Dsc_0656s

Dsc_0679s

Dsc_0684s

Dsc_0685s

201108141s

清水の可憐な花と宿場の雰囲気を楽しんだ後は、駐車した醒ヶ井駅に戻り、鮎すしとサンドという奇妙な取り合わせのつまみ食い。

Dsc_0704s

お次は、涼しいところを求めて、標高1,377mの伊吹山へ。

と、言っても1,260mの山頂駐車場までは、往復3,000円ととっても高いドライブウェイで楽チンにUP。

Dsc_0708s

山頂の駐車場から、約20分で山頂に到着するとそこは雲の中だった。

Dsc_0710s

最近、流行のこんな方々も・・・

Dsc_0719s

Dsc_0725s

Dsc_0727s

Dsc_0730s

下りは少々迂回するルートで40分程、花を楽しみながら下山。

Dsc_0738s

〆は、これ!
汗をかいた後は美味い。

 

|

« 緑のセンターライン | トップページ | 城下町のパン屋さん »

コメント

バイカモですか! きれいですね。
まだ咲いてるのを見たことないです。
水もクリアで素晴らしい~。
そして山ガールも素晴らしい~(笑)
私らの行く源流には山ガールいないんですよ(T_T)

投稿: サトシ | 2011年8月15日 (月) 12時43分

涼しげですね。
いや~、いいなあ・・・

投稿: kikyo | 2011年8月15日 (月) 20時40分

サトシさん、

世の中にはまだまだ知らない事が沢山ありますね。
この梅花藻も脂身さんのBLOGで初めて知りましたが、こんなオヤジですが、知らない事、知らない処には、興味津々です。

小さな花は可憐で綺麗ですが、流行の山ガールは何とも。。。
まぁオヤジですから嫌いではありませんが(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年8月15日 (月) 21時11分

kikyoさん、

生活に密着した清流は、羨ましい次第でした。
川の傍は涼しいですよ!

夜はライトアップされるようで、見てみたいのですが、泊まりでないと無理ですね。

綺麗な景色、そして花を求めて走りましょう!
おっと、今回は嫁さんと一緒でしたので車でした(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年8月15日 (月) 21時15分

梅花藻というんですね。
どれも絵になる写真ばかりで、ため息が出てしまいました。

投稿: カワセミ | 2011年8月15日 (月) 21時29分

本当に澄んだ水は
存在がなくなってしまうんですね。

冷たさも、伝わってきます。

投稿: 夢ライダー | 2011年8月15日 (月) 22時46分

あ、ちゃっかり行ってましたか。
接待ですね、接待。
肝心の「関ヶ原ウォーランド」の記述がございませんが、どうして?(笑)

おんなじ場所なのにどうしてこんなに写りが違うんだろう。

投稿: 脂身 | 2011年8月16日 (火) 08時23分

カワセミさん、

いつもお褒めのお言葉をいただきありがとうございます。
こんな嬉しい気持ちがモチベーションになります。

川沿いは、涼しくて歩いて暑さが、苦になりませんでした。
標準ズームでは、これ以上のアップは無理でマクロが欲しくなりますよ。

投稿: ジークフリート | 2011年8月16日 (火) 14時36分

夢さん、

これが水、本来の姿なんでしょうね!
冷たく澄んだ水。
こんな水と暮らしたいものです。

しかし、狭い日本ですが、まだまだ良いところはありますね。

投稿: ジークフリート | 2011年8月16日 (火) 14時39分

脂身さん、

そう、行っちゃいましたよ。
もちろんご接待ですから、お客さんの趣味趣向を配慮することが大切かと。
よって、肝心の場所はパスしました(笑)

投稿: ジークフリート | 2011年8月16日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/41208058

この記事へのトラックバック一覧です: 地蔵川に咲く梅花藻:

« 緑のセンターライン | トップページ | 城下町のパン屋さん »