« 美濃の酢ムリエ | トップページ | 株杉 »

2011年9月11日 (日)

郡上八幡

Rimg0079s

尾張の自転車仲間が来月、グランドフォント福井に参加する。参加資格が、「160kmを8時間以内で走破できる方」と明記されているコースを走るそうだ。

ところが彼は、160kmの距離は未体験であり、何事も初めての事は不安がつきものである。

Rimg0019s

そこで、事前に160kmの距離感を体験したいようで、同行のお誘いをいただいた。

同じコースは、少々遠く無理な為、色々と考えて候補は、丹羽さんが紹介していた琵琶湖。
一周すると約160kmでコースの不安もなく、その上フラットであるので、この距離感の体験には最適かと思えたが、車でも電車でもアプローチにそれなりの時間が必要でひとまず断念…

結局、我が家から自走で行ける郡上八幡を目的地にして、往路は板取川を眺めながら北上し、暑い時間の復路は長良川に沿って南下することにした。

早朝、車で我が家まで来てもらい、6時にスタート。なるべく幹線道路を避けたルートで、北上してまずは木曽川を越える。

そして、長良川を越えて板取川。

橋の欄干から下を眺めると、吸い込まれそうになるくらい美しいコバルトグリーンの川に魚が気持ちよさそうに泳いでいるのが見える。

Rimg0032s

そんな、綺麗な板取川を右手に眺めながら北上するルートは快適そのもので、澄んだ水の高賀渓谷に寄り道したり、飛び込みたくなる川辺まで下りたりしながら走る。

Rimg0035s

そして4,571mのタラガトンネル。
歩道はあるが、自転車で走れる代物ではなく、4つのテールランプを点けて走りだすと寒い位。

Rimg0045s

トンネル内は上りで長く長く感じたが、幸いなことに追い抜いて行った車は僅か3台であまり怖くはなかった。しかし、長かった…

このトンネルを抜ければ、郡上八幡まであと少し。

Rimg0051s

長良川の手前で郡上街道県道61号を左折して越美南線と平行に北上するが、車は殆ど走っていないイイ雰囲気の路。

Rimg0055s

Rimg0058s

Rimg0062s

Rimg0065s

Rimg0066s

郡上八幡の街でランチの店を探している時に、パラパラと雨が降ってきたが、そんな雨も美味しい飛騨牛の朴葉味噌を楽しんで間に止んでしまい青空。

Rimg0068s

Rimg0075s

Rimg0081s

Rimg0084s

Rimg0087s

お腹を満たして、あとは長良川に沿って、下るだけ。
もちろん、車が多く走りにくいR156は避けて、長良川の右岸、左岸の路を繋いで走ると下り基調で車が来なく楽ちん。

Rimg0096s

途中、一度はトライしてみたいラフティングの歓声が響く川下りを眺めながら休憩。

Rimg0101s

Rimg0105s

Rimg0108s

美濃では、長良川の灯台を眺めて、うだつの上がる街を抜けたが、何とも閑散としていた。

Rimg0121s

Rimg0126s

Rimg0129s

最後は、奈良の大仏様より座高が高い布袋の大仏様に帰還のご挨拶をして、田舎の香りが十分に漂う我が布袋の街並みを抜けて本日の目標である160kmを走破。

Rimg0130s

今回は、何度もルートを検討して車が少なく川に沿った快適な路を走ることができた。このルートは是非、また走ってみたい。

走行距離:160.1km

(ルートラボのルートは計画で、実際のルートとは少々異なり、R156は走行していません)

 

|

« 美濃の酢ムリエ | トップページ | 株杉 »

コメント

何度もルートを検討するのが、また楽しいんですよね。
それにしても160Kmは大変でしたね。
でも、綺麗な景色も、空気もお肉も美味しそうで、またお花と一緒に撮ったお写真が素敵です。

トンネルは怖そう・・・でも車が少なそうで羨ましいです。

投稿: カワセミ | 2011年9月12日 (月) 12時30分

カワセミさん、

そうなんですよ!ルートの検討は色々と想像しながら楽しい時間です。
行きたい所は、まだまだ沢山あって大変です(笑)

花の写真は何枚も失礼しました。マクロで背景をぼかす練習した次第ですが、
写真は奥が深いですよね。

車が少なくてもトンネルは長いと閉塞感があってあまり気分がいいものではありませんね。
しかし、旧道で山越えする程、余裕がなかったので抜けてしまいました!

投稿: ジークフリート | 2011年9月12日 (月) 16時22分

川の透明度が凄いですね、
飛び込みたくなる気持ち解ります。
交通量が少なく気持ちよく走れる場所が身近にある環境が羨ましいです。
トンネルは私も嫌いです、車のほかにも怖いものが出そうで
出来るだけ避けていますが通る時は何時も全開(笑)。


投稿: bou | 2011年9月12日 (月) 20時17分

おお、素晴らしい!
岐阜の川はいいでしょ。
高校時代には板取川で何度もキャンプしました。

おお、ニアミスルート!
私が育った家から400m
私が通った高校から300m

投稿: 夢ライダー | 2011年9月12日 (月) 20時57分

あら、夢さんは岐阜出身?

それよりも、、、郡上八幡にこんなに近いんですね。郡上おどりにはいつか行ってみたいと思っております。

投稿: あーみー | 2011年9月12日 (月) 22時29分

bouさん、

最初に美濃まで行った際、何気なく幹線道路を走ったら、車が多く、
路肩が狭く疲れてしまいましたので、今回は色々検討した次第です。

板取川までくれば、もうそこは静かで快適なんですけどね。

水の色、写真では反射で白っぽく写っていますが、凄いの一言です。
飛び込みたい気持ちになりますよね~

歩道が狭い長いトンネルは、困ります。。。

投稿: ジークフリート | 2011年9月13日 (火) 12時36分

夢ライダーさん、

岐阜の川は最高に綺麗で、本当に素晴らしいですよ。
何度行っても、感動します。

しかも、ご実家と高校を掠めたは(笑)

吉田川の近くでのんびりとキャンプでもしたいなぁ~

投稿: ジークフリート | 2011年9月13日 (火) 12時37分

あーみーさん、

夢さんが生まれ育った、岐阜は豊かな自然の木の国・山の国で
大好きです。

先週の9月3日が郡上踊りの最終日で、その郡上八幡まで自転車で
行けてしまうのは、自分でも驚きでした。

まだまだ、岐阜の路を開拓したいと考えています。

投稿: ジークフリート | 2011年9月13日 (火) 12時39分

おぉ、綺麗な川があって是非とも走ってみたいですよ~
でも、4.5kmのトンネルは絶対に走りたくないですよ~w

投稿: きーじぇい | 2011年9月13日 (火) 18時05分

きーじぇいさん、

何故にあれほどまでに綺麗な水なんでしょうかね!

トンネルを避けるクネクネと曲がった旧道がありますから、是非遠征してみませんか~

投稿: ジークフリート | 2011年9月13日 (火) 21時31分

きれいな水!

トンネルもきれいですね。それに明るい。
こちらはトンネルの照明が消えていることが
多いので出口は見えても足元が見えないことが
あります。

投稿: kikyo | 2011年9月13日 (火) 21時36分

先日の会津はまだまだ大雨の影響で川の水は白く濁っていました。いつもなら子供が川遊びをしているそうですが、そんな光景が考えられないくらいに荒れていました。こうやって綺麗な水の写真を見るとホントはこんな川が見れたのかなあ~となんだか寂しく思えます。
同じくトンネルを通ったのですが後でビデオを見たら約5分あった!それも下り基調です。すご~~く長く感じたしずっと緊張しっぱなしでトンネルはキライ!(あとで日記に貼り付けますから見てね)
160km、月末ハワイだww

投稿: えり | 2011年9月14日 (水) 07時54分

郡上八幡キタ~!
郡上八幡といったらアマゴ釣りですよ。
伝説の漁師さんもいた土地ですね。
私も釣りに行ったことあります。

エメラルドグリーンの流れに心ひかれます~。

投稿: サトシ | 2011年9月14日 (水) 10時17分

kikyoさん、

本当に水は綺麗ですよ。

以前ご紹介した郡上~美濃のルートも走り易く、
是非とも機会を見つけて走ってくださいね。

確かに比較的明るいトンネルでしたが、
やはり青い空が見えた方がいいですね。

投稿: ジークフリート | 2011年9月14日 (水) 17時29分

えりさん、

アルバムを拝見しましたが、空は青いのに川の上は
靄のように見えますね…

凄く不思議な光景です。

川は静かに流れる時も、荒れて濁流となる時もあり、まるで生き物のようです。

自転車の掲載方法が何ともユニークで思わず笑ってしまいました。

自転車海苔は、トンネルが苦手ですよね!

投稿: ジークフリート | 2011年9月14日 (水) 17時48分

サトシさん、

アマゴが有名なのですか?
鮎しか知りませんでした。。。

川魚に惚れると、レンズ沼と同様に抜けられなくなりそうですね(笑)

父は鮎を愛して、毎年6月を目前にするとウキウキしながら、コロガシの仕掛けを夜な夜な作っていました。

投稿: ジークフリート | 2011年9月14日 (水) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/41635165

この記事へのトラックバック一覧です: 郡上八幡:

« 美濃の酢ムリエ | トップページ | 株杉 »