« とんでもない方々 | トップページ | 憧れのオープン »

2012年2月 6日 (月)

蘇ったCDプレーヤー

Dsc_0040s

長年、愛用してきたkenwoodのCDプレーヤーが不調で、CDトレイが出てこなくなってしまった。

Dsc_0057s

昔の製品はしっかりできており可能なら修理してまた活躍して欲しいと思い、オーディオに詳しい方に相談したところ、「たぶん駆動ベルトがヘタっているだけの可能性が高い」との事。

ならばと、バラしてみると、トレイはラック&ピニオンで駆動されてモーターとベルトが見当たらない。
そこで、一先ず摺動する部分を掃除したところ、CDトレイは正常に動いてしまった!

ラッキーと思い全て元に戻し、アンプに繋ぎ、ビル・エバンスのCDを入れようとしたら…またCDトレイが出ない。
仕方なくもう一度分解して、裏面の蓋を外すと駆動ベルトが見えた!
そして、伸びきったユルユルのベルトは簡単に交換できそうだった。

Dsc_0058s

左が伸びたベルトで右は新しいベルトで明らかに径が違う。

古い製品でメーカーに部品の在庫があるか心配であったが、問い合わせしたところまだベルトの在庫はあり、価格は600円。

輪ゴムのようなベルトが600円とは高いが、修理に出せは10,000円から15,000円も掛かる事を考えればとても安い!

メーカーの担当は、郵送も可能だが、送料+振込手数料を掛けるより近くの家電量販店からオーダーする方が安価と教えていただき、念のため部品番号も教えていただいた。

20年以上も昔のCDプレーヤーが蘇るのは、とても喜ばしく、メーカーの対応も好感が持てた。

これでやっとJazzピアノが聞ける!

DP1000用 トレイ駆動ベルト CODE D16-0104-18 600円

|

« とんでもない方々 | トップページ | 憧れのオープン »

コメント

お見事です
プレーヤーの不調の原因は大体コレなんですね
20年経過して部品を保有して、しっかり対応してくれるメーカーは好感が持てますね

投稿: とまとま | 2012年2月 6日 (月) 10時21分

とまとまさん、

何気なく相談して得た情報は、とても貴重でした。
Netで調べてもCDのトレイが出ない原因はほぼこのベルトの劣化です。

尚、純正が無い場合は代替えのベルト(バンコード)もあるようです。

投稿: ジークフリート | 2012年2月 6日 (月) 17時25分

金山の反省会?ではお世話になりました・・・
あの昭和レトロの居酒屋さん、またゆっくりと行きたいです。

CDプレーヤーの復活、よかったですね。例のコルマール、30年前のオーディオセットが蘇っています。レーコード盤も50枚くらい・・・レコード盤をお持ちでしたら持参していただき、存分に聴いていってください。

投稿: wajin | 2012年2月 8日 (水) 11時38分

wajinさん、

金山では楽しい時間を過ごさせていたき感謝します。
昼の部で、シゴカレましたのでビールが美味いのなんのでした(笑)

CDプレーヤーは、簡単に直ってびっくりでした。

土曜日にコルマールに行こうかなと考えていますので、古いオーディオセットを拝見させていただきますね!

投稿: ジークフリート | 2012年2月 8日 (水) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/43997660

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇ったCDプレーヤー:

« とんでもない方々 | トップページ | 憧れのオープン »