« 安倍川 | トップページ | 近江八幡 »

2012年7月21日 (土)

山は逃げない

DSC_0007

今日は、雲上のヒルクライムの予定だった。

DSC_0009

しかし、昨日から生憎の雨。
この雨だと標高が2,700m以上の山頂は、氷点下近くまで気温が下がるかもしれない。

DSC_0010

とても残念だが、山は逃げないで待ってくれるので延期とした。

そんな雨の中、思い立って車で各務ヶ原の翠池へハスを撮りに出かけた。

DSC_0011

DSC_0008

白とピンクの大きな花が沢山咲いていたが、雨で花弁が下がったり、既に花弁が落ちてしまった花もあった。
それでも白とピンクの花は、雨の中で美しい彩りだった。

DSC_0006

今日は白とピンクで楽しんで、雲上からの青い空は楽しみにとっておこう!

|

« 安倍川 | トップページ | 近江八幡 »

コメント

雨は、あいにくですが、白とピンクに緑の景色が良いですね。日差しがあるより、このくらいの方が綺麗に見えるかもしれません。
お山は残念ですが、雨の日の楽しみもあっていいですねぇ!

投稿: カワセミ | 2012年7月22日 (日) 00時05分

カワセミさん、

確かに強い日差しの日より、綺麗に見えますね。
もっと近づいて色々な構図で撮影したかったのですが、柵があり近づけないのでモヤモヤ感が残りました。
まあ、仕方ないですね。

雨でもじっとしていられません(笑)

投稿: ジークフリート | 2012年7月22日 (日) 00時49分

その通りですね

投稿: いちかわ | 2012年7月22日 (日) 01時52分

ジークさんもハスの花を撮りに行かれたんですね。

雨の水滴でシットリ感が出て何時もながら
良い写真がいっぱいでt楽しませて頂きました。

私も伊賀八幡宮(岡崎)に行って来ましたが
午後からだったんで花も閉じかけて少し残念
でした。

ヒルクライムのアップを楽しみにしています。

投稿: イナゴ | 2012年7月22日 (日) 19時42分

いちかわさん、

ご無沙汰しております。

このヒルクライムに初めて参加されるふたりの若い女性に、是非共青い空の下で景色を楽しんでいただきたく延期しました。
山はいつまでも、待ってくれますからね。

投稿: ジークフリート | 2012年7月22日 (日) 22時35分

イナゴさん、

いつもありがとうございます。
雨のハスは風情がありましたが、近づけないのが、何とも…

花も山も可能なら午前中がイチバンですが、思うようになりませんね。

ヒルクライムはリスケします~

投稿: ジークフリート | 2012年7月22日 (日) 22時41分

無理は禁物ですね。
また次のチャンスがすぐにやってきます。

雨に濡れた蓮、素晴らしい色合い。
雫がとてもいい感じです。

投稿: サトシ | 2012年7月23日 (月) 18時51分

サトシさん、

そうですよね!
行きたい気持ちでいっぱいでしたが、無理してもね。

蓮の色合は、雨の柔らかい光が似合いますね。

被写体に向っている時間は、雑多なことを忘れさせてくれて幸せなひと時です。

投稿: ジークフリート | 2012年7月24日 (火) 22時50分

初めまして、ジークフリートさん。私はミニベロ乗りの
たけとといいます。赤のグリップハンドルのロード、カッコイイですね♪
今回、山にいく予定だったのが無理になってしまった様で
残念でしたね…。

で、車でハス畑ですか~。いいですね^^
なぜか写真うつりって曇りや雨の方がいいような
気がします。(気のせい??)

それにとても写真が上手ですね!私も少しは
見習いたいです^^

私も自転車ブログしていまして、もし、
ジークフリートさんさえ良ければ相互リンクして
頂けると、とても嬉しいです。
私からのリンクページはこちらから
→http://goo.gl/F1PHg

これからも「The Open Road 」楽しみにしています。
今後もよろしくお願いします。

投稿: たけと | 2012年7月25日 (水) 22時08分

たけとさん、

コメントありがとうございました。
真夏の強いトップライトよりも曇天の方が自然な色合いが出ますね。

Blogを拝見させていただきましたが、二人Blogとは、楽しそうですね。
もちろん、linkはOKですので、宜しくお願いいたします。

尚、ガラスコーティングは車に用いる薬剤を使うのですか?

投稿: ジークフリート | 2012年7月25日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/46413032

この記事へのトラックバック一覧です: 山は逃げない:

« 安倍川 | トップページ | 近江八幡 »