« jazz piano | トップページ | トンネルを抜けると »

2012年12月 8日 (土)

渡し

RIMG0021

新聞屋からもらった小冊子に載っていた「中野の渡し」。

RIMG0001

愛知県の県道135号の一部で、木曽川を挟んで対岸の岐阜県の羽島の県道とつながり、県道の一部であるため無料で運行されていると紹介されていた。

RIMG0003

渡船は話に聞いた事はあるが、乗った事はなく、興味津々。

ヌクヌクのベットから抜け出して木曽川に向かった。

RIMG0006

RIMG0008

渡船場に着いて、「お願いします」と言うと「中で少し待ってくれない、、、いつも方がもうすく来るからと」。

渡船場の番小屋で世間話をしながら待たせていただき、常連さんが到着していざ出発。

RIMG0010

客はその常連さんと私の二人だけ。

RIMG0018

船は一旦、南下して遠回りして対岸へ。
訳を伺うと、単に浅瀬を避けているだけだと。

RIMG0023

数分で静かな対岸に到着。

ここには、船を呼ぶ旗が設置されており、乗船したい時はこの旗を揚げて知らせるそうだ。

RIMG0025

静かな対岸はとても良い雰囲気。

RIMG0029

ここから、堤防道を南下して馬飼大橋を渡り、祖父江から先生の店に向かった。

RIMG0035

ひらたけの栽培セットを買ったが、どうやって持って帰るかが問題…

結局、優しいお店の方が、袋に紐をつけてくれて、背負えるようにしてくれた。
嬉しい次第。

RIMG0037

ひらたけを背負って銀杏で有名な山崎に向かった。
葉は既にほとんど落ちていたが、黄色い絨毯は至る所に残っていた。

この銀杏の葉は繊維がしっかりしているため、腐敗して自然に帰るまで長い時間が掛かり、後処理が大変だと聞いた。

RIMG0038

寒い日だったが、初めての渡船と先生の笑顔。

朝は辛いが、いったん走り出せば爽快な自転車は素晴らしい。

走行距離:57.1㎞

|

« jazz piano | トップページ | トンネルを抜けると »

コメント

おはよ~ございます。
今日も素晴らしい仕事日和でございます。(自虐)
豊橋にも「牛川の渡し」ってのがありますので、また行きましょうね。

先生、ちょっとぽっちゃりしたんじゃないですか?

投稿: 脂身 | 2012年12月 9日 (日) 07時37分

脂身さん、

お仕事、お疲れ様です。

是非、豊橋の渡しも行ってみたいのでよろしくお願いします。

先生…ダメですよ。。。そんな事を言っては、、、

投稿: ジークフリート | 2012年12月 9日 (日) 19時51分

寒くなりましたね。
立派な渡し船ですね、私のいえのそばの多摩川にも渡し船がありますが、自転車は乗せられそうにありませんよ。
優雅で良いな。

投稿: カワセミ | 2012年12月 9日 (日) 21時31分

タイトルバック素敵ですね!

投稿: カワセミ | 2012年12月 9日 (日) 21時33分

カワセミさん、

え、多摩川にも渡船があるのですか!!!
知りませんでしたよ。

自転車と一緒に乗船できるか否か心配でnetを検索したところ、
自転車を載せている記事を見つけて安心した次第です。

寒くなると平日に乗る方は殆どいないそうですよ。

投稿: ジークフリート | 2012年12月 9日 (日) 21時59分

カワセミさん、

ありがとう。

このタイトルバックは、早朝の天橋立です。
早起きの脂身さんのお陰で撮影できました。

投稿: ジークフリート | 2012年12月 9日 (日) 22時03分

またまた、ジークさんの好奇心に脱帽・・・。
県内に「渡し」があるなんてしりませんでした。
しかも、尾張と東三河にもあるなんて偉大なる
田舎ですよね。
でも、大都会の東京にも多摩川と歌で有名な
「矢切の渡し」ってのがあるんで探せば案外
有るのかもしりませんね。

投稿: イナゴ | 2012年12月10日 (月) 23時02分

イナゴさん、

記事を読んだら気になって、自転車が乗せられるかとか、場所を調べて行ってきましたよ。
どんな事でも初体験は緊張していいものです。

矢切の渡しは、体験しておけばよかったと、少々後悔しています。
気になったらすぐにしないといけませんね。

世の中には、まだ見ぬ世界がいっぱい!

投稿: ジークフリート | 2012年12月11日 (火) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/48132675

この記事へのトラックバック一覧です: 渡し:

« jazz piano | トップページ | トンネルを抜けると »