« 川売(かおれ)の梅 | トップページ | 五条川の桜 »

2014年3月26日 (水)

街の職人

DSC_0058

古いサンスイのアンプの調子が悪く、ボリュームをいちばん絞っても右のスピーカーから音が漏れるようになってしまった。

DSC_0059

また、左右の音のバランスも悪くなり、あっちこっちガタが出てきた。

サンスイは経営難で倒産状態であるが、別会社が現在でも修理の対応をしてくれる。
しかしながら遠方である為、重いアンプを送る必要があり、近場で修理可能な店を探していた。

そして、隣の一宮市でサンスイのアンプの修理実績がある店を見つけて、重いアンプを車に積み込み住所の場所に向かったが、そこには古い写真屋があるだけ。

車を止めて店先を確認すると修理の案内が書かれており間違いないようだ。

トラブル状況を説明して待つ事、一ヶ月。
修理完了の連絡をいただき、先般受け取りに行った。

DSC_0068

修理の内容を詳細に説明してくれながら、「接点復活剤をスピーカー端子に吹きかけましたか?」と問われた。

確かに、たっぷりと吹きかけた記憶がある。特に上側は下側より多く吹きかけた。

接点復活剤は樹脂をボロボロにしてしまうようで、端子の内部の樹脂が劣化していたらしい。
特に上側(A)が酷く、下側(B)は軽度との事。

代替えパーツはない為、取り外して洗剤で洗浄後、主に上を使う為、上下を逆にして取り付けてくれた。

その他にも、代替部品がない物は加工して修理していただき、その素晴らしい対応に驚くばかり。

その上、作業時間は20時間で技術料は20,000円。プラス部品代3,000円で修理費用は23,000円と作業時間を考えれば非常にお値打ち。

DSC_0061

街の職人の確かな腕で蘇ったアンプにプレーヤ、スピーカーを接続して、久々にレコードの懐かしい音色に酔うことができた。

街の職人に心から感謝。
いつまでも現役で頑張って欲しいものだ。

アクト修理工房 
http://www.actps.sakura.ne.jp/

|

« 川売(かおれ)の梅 | トップページ | 五条川の桜 »

コメント

懐かしい~!
サンスイのアンプ!
自分もこれ使ってましたよ。
モデルもまさにこれそのものです。
学生の時にバイト代貯めて、アキバまで行って買いました。
で、今でもハッキリ覚えてるのは、そのときに一緒にヤマハの
カセットデッキを買ったんです。
で、家に帰って開けてみたら、ヤマハのアンプが入ってて(^_^;)
アンプ2台もいらんよって(笑)

20時間で2万円って商売にはならないですね。

投稿: サトシ | 2014年3月27日 (木) 09時50分

古いプレーヤーを大事に使ってみえるんですね。

1970年代のものでしょうか?
当時ダイレクトドライブのプレーヤーが出始めた頃だった
でしょうか。
私はそこまでの興味が無かったので家電メカーの安い物
でしたが、「FMファン」などの雑誌には色々載っていてこんな良いのが
欲しい・・・などど思ってましたね。
残念ながら我が家にはレコードもプレーヤーもありません。

投稿: イナゴ | 2014年3月27日 (木) 12時32分

サトシさん、

お~同じ機種とは!
なんとも嬉しいです。
壊れても買い換える気がしなくて修理した次第ですが、あと何年使えるか心配ですよ。

私もバイトしてコツコツ貯めて、秋葉原へ行ったものですよ。

しかし、アンプが2台とは、びっくりですよね。

カメラもアンプも昔の物は、機能は別としても、しっかり作られていたと思います。

投稿: ジークフリート | 2014年3月28日 (金) 17時38分

イナゴさん、

FMファンは懐かしいですね!

たぶん、二十歳前後の頃に、バイトして貯めたお金で、少しずつ買い揃えていきました。
プレーヤはダイレクトドライブですので、サーボが壊れなければまだ使えると思います。

JBLのスピーカーを買う前は、手作りの小さなスピーカーで、我慢しながら聴いていましたよ。
実はその手作りのスピーカーもまだ健在なんです。

当時のレコードは、学生の身分にはとても高く、なかなか買えなかったものですから、いまだに大切にしています。

投稿: | 2014年3月28日 (金) 17時53分

お久しぶりです! 自転車レースの素敵な写真「イタリア・絵に描ける。。。」私のブログの「外部リンク」から、お暇なときに入ってみてください。
4月4日の記述です。 SHINKAIさんは日本人ですが、イタリアの北部に住んで、
絵を描いておられます。

投稿: 開田のポッポ屋 | 2014年4月 4日 (金) 10時31分

開田のポッポ屋さん、

ご無沙汰しております。

昨年の紅葉の時期には、お会いできず残念でしたが、駅長さんに教えていただいた蕎麦屋は美味かったですよ。

あまりに刺激的な写真です。
こんな光景があるとは、世の中はまだまだ知らない事ばかりと改めて認識しました。

己の目で見てみたくなりました…

ありがとうございました。

投稿: ジークフリート | 2014年4月 5日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/55501423

この記事へのトラックバック一覧です: 街の職人:

« 川売(かおれ)の梅 | トップページ | 五条川の桜 »