« 小さな発見 | トップページ | 良き仲間と関宿まで »

2015年2月17日 (火)

jazz

すべての写真-2001

昨年末の事、中日新聞に掲載されたユニバーサルが発売した「ジャズの100枚」の記事に、目が留まった。

P2120994

学生時代に苦労して買ったキース・ジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」が、なんと2位ではないか!

当時は、もちろんレコードで、針を下ろす時の緊張の瞬間は、好きだった。
現在はipodやCDで聴く事が多いが、何度聴いても癒されるピアノの音色だ。

ところが、このアルバムで意気投合した方は、一人だけであったので、この2位はとても意外であり、嬉しくもあった。

そして、このユニバーサルの「ジャズの100枚」は、1,000円とお値打ちで、学生時代の苦労が嘘のようだ。
また、現在は海外通販やダウンロード版などと選択肢が増えて嬉しい次第だ。

もちろんこのベスト5は、全て持っているが、新聞の記事の「ステキ」には、いささか疑問がある・・・ 

|

« 小さな発見 | トップページ | 良き仲間と関宿まで »

コメント

学生時代はロックばっかり聞いてましたが、ケルンコンサートは友人に勧められて聴きました。(だまされたと思って聴け!と言われた(汗))
私のジャズ好きへの入り口を創ってくれたアルバムで、思い入れがあります。
あと、クールストラッティンのジャケットは今でも一番好きだなぁ。

投稿: ぞん | 2015年2月19日 (木) 07時21分

ぞんさん、

お仲間がいて嬉しい次第です!

私も学生時代は、暗いロック喫茶で紫の煙をくゆらせて、何時間もウダウダしたこともありますよ。
そしていつしかjazz喫茶に変わっていき、新宿、吉祥寺でウダウダしてました。

音楽っていいよね!

投稿: ジークフリート | 2015年2月19日 (木) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/58964959

この記事へのトラックバック一覧です: jazz:

« 小さな発見 | トップページ | 良き仲間と関宿まで »