« 下呂温泉でツル肌オヤジ | トップページ | 夜明けのドラマ »

2015年8月 1日 (土)

頂から望む朝焼け

P8010524

雲海の先には、朝焼け色に染まった富士山のシルエット。
刻々と変化する山頂から景色はドラマチック!

昨年から、こんな景色を求めて相棒と装備を準備しながら、候補地を検討していた。

P7310318

テン泊の装備を背負い長時間のルートは、過去の経験から厳しいと考えて、2時間くらいでテン場に到着できて、サブザックで山頂にアタックできる山を検討し、今回は木曽駒ケ岳とした。

駒ケ岳ロープウェイは、混雑して待ち時間が長い為、日程は金曜~土曜として、お仲間には休暇を取ってもらった。

念の為、混雑予想カレンダーを参照すると平日にも関わらず”C"となっており、上りも下りも待ち時間が発生する可能性がある。

P7310326

しかし、幸いなことに待ち時間は殆どなく、6時45分のバスに乗りそのままロープウェイで2,612mの千畳敷に立つことができた。

そこは、もう別世界。

高度順応を兼ねて、写真を撮ったりしながら、ゆっくりと歩く準備。

P7310327

P7310329

青い空の下に、最初に越える乗越浄土。
最高の天気で、思わず頬が緩む。

P7310330

宝剣岳を見上げながら、ゆっくりゆっくりと何度も止まりながら高度を稼いでいく。

いつものように、写真を撮るために止まる回数が多いので高度順応は、たぶん大丈夫かと、、、

すべての写真-3304

P7310334

P7310340

楽しい登り!

P7310345

P7310346

P7310358

P7310366

P7310376

一番キツイ八丁坂を越えて乗越浄土に到着。

P7310401

休憩後、ザックを置きサブザックで宝剣岳にアタック。

P7310403

P7310405

スリリングな鎖場を慎重に進む。

P7310406

P7310411

11811555_511850405637412_2419377136787501520_n

宝剣岳の山頂に立とうとしたが、怖くてこれ以上膝が伸びない…

P7310445

宝剣を楽しんだ後は、また別荘を背負って中岳を越えて駒ケ岳頂上山荘のテン場に向かった。

空いているテン場にテントを設営して、早ランチを済ませて木曽駒ケ岳へ。

P7310447

やはり、山は午後になると雲が出てくるが、なんとか景色を楽しみテン場に下山。

P7310456

山のビールは最高。
因みに、ロングが700円でレギュラーは550円也。

夕飯には、少々早いので、昼寝。
あ~幸せタイム。

P7310460

夕飯の支度をしていたら、なにやら嫌な音が、、、

雷が何度か鳴り、やがて夕立。

慌てて、広げた食材などをテントに避難したが、すぐに止んでしまった。
やれやれ。

P7310471

P8010490

月が明るすぎて満天の星空ではなかったが、それでも星を眺めながら、チビチビと焼酎を飲んでいつしか夢の中。

P8010497

早起きの相棒に起こされたのは、3時半。

ヘッテンを頼りに、木曽駒に登る。
ご来光は期待できそうだ!

御嶽山が雲海に浮かんでいた。

P8010503

富士山もくっきり。

P8010510

P8010527

P8010533

P8010541

P8010543

P8010551

この感動を撮る為に、重いザックを背負ってきたにも関わらず、携帯は充電を忘れ、
おまけにPENの交換レンズは、テントに置いてきてしまった、、、

ポカはあったが、朝焼けの山は素晴らしい!

P8010558

P8010561

画面の中央は雲海。
幸せタイムだが、そろそろ撤収。

P8010571

すべての写真-3311

P8010582

P8010572-1

登ったり下りたりしながら、交互に撮影タイム。
このペースが肌に合う。

P8010594

P8010601

P8010606

帰りたくないのが本音だけど。

P8010623

下りのロープウェイは、午前中の為、僅か4名。

下山後、日帰り温泉で汗を流して、ランチはソースカツ丼。

帰宅後は、几帳面な隊長の教えに従い、洗濯してテントとシュラフを干してビールタイム。

ものくろさん、脂身さんありがとう!
また、行こう!

写真が多すぎて、、、
他の写真も含めて以下にUP済み。

木曽駒ヶ岳

|

« 下呂温泉でツル肌オヤジ | トップページ | 夜明けのドラマ »

コメント

グレートジャーニーみたいですね!!
すごい、すごい。
Flickrも楽しませていただきました。どの写真からも興奮が伝わってきましたよ。
ため息がでました。
星空の写真はすばるが見えるからおうし座ですかね。いいなぁ

投稿: カワセミ | 2015年8月 3日 (月) 12時23分

カワセミさん、

いつもありがとう。
星空は、初めてなんですよ。
バルブの時間が長かったかな、、、
しかも、前日に設定の練習をして、isoを1600にして、戻すのを忘れて初日はそのまま撮影してしまいました。おバカだね。
比較明合成もそのうちチャレンジしたいと思います。

青い空が嬉しくて300枚以上も撮ってしまいました(笑)

投稿: ジークフリート | 2015年8月 3日 (月) 22時04分

重いザックを背負っても、ワイワイと「ズッコケ三人組」の様でこれも良し!。

日中は抜ける様な青空、ご来光は藍色からオレンジ色のグラデーション越しの
富士山やアルプスの山並みを見られてこれも良し!。

投稿: イナゴ | 2015年8月 3日 (月) 23時19分

イナゴさん、

4040の愉快な仲間との山行は、自分のペースで歩いたり、止まったりできて気楽です。

しかも今回は、歩く時間が短いにも関わらず、景色は最高。
その上、天候に恵まれてとても楽しめました。

また、行きたい〜

投稿: ジークフリート | 2015年8月 4日 (火) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/60999166

この記事へのトラックバック一覧です: 頂から望む朝焼け:

« 下呂温泉でツル肌オヤジ | トップページ | 夜明けのドラマ »