« 雪の壁 | トップページ | 丹後半島の青い海 »

2016年7月30日 (土)

燕岳

P7290097

目まぐるしく変化する天気予報に翻弄されながら、いったんは丹後半島のサイクリングに変更したが、前日に登山指数がAになった為、当初予定していた北アルプスに向かった。

P7292611

つづら折れの山道を中房温泉に向かいながら、冗談で”駐車場の空きはあと1台だったりして…”と話していたら、、、

まさに空きは一台。
それも、とても狭い。
金曜日だからと安心していたが、甘かった。

P7290002

なんとか車を止めて、身支度を整え、登山届を出して歩き出した。

蒸し暑い、、、
非常に蒸し暑くすぐに汗だく。

P7290004

P7290007

第一ベンチで小休止。

・登山届を提出する
・自宅には、同行者と緊急連絡先を残す
・50分歩いたら10分休憩

お江戸で、登山の師匠に教えていた事を守って無理なく高度を稼いでいく。
まあ、写真を撮りながらなので、休憩は多いが。

P7290011

P7290018

変化に富んだ登山道は、楽しい。

P7290020

岩の間から花を咲かせていた。
たくましい。

P7290021

P7290026

先ほどまで、へばって口数が少なかったのに、満面の笑みのスイカ大好きオヤジ!

P7292616

P7290032

待望の青空!

P7290035

P7290038

P7290044

P7290046

P7290048

白いガスに包まれた燕山荘に到着。
テン場は、狭いが東側が開けており、テントから朝日が望めそうだ。

P7290050

何を想う、スイカ王子、否、スイカオヤジ。

P7290051

3畳のスペースに定員は6名、、、
つまり、三人で1畳半だ、、、

結局、5名だったが、狭いことに変わりはない。

P7290056

麦のジュースでのどを潤していたら、晴れ間が、、

P7290065

スイカオヤジは、お布団が恋しいようで、彼と二人で山頂までお散歩。

P7290068

P7290070

P7290071

P7290072

また、ガスが、、、

P7292617

P7292619

P7292621

P7292623

P7290074

少々お疲れのご様子。

P7290077

P7290079

白い山頂に到着。
展望はなし!!!

P7292624

めがね岩

P7290087

P7290088

夕食のテーブルは、相棒が途中でナンパした山ガール3人組と偶然にも一緒になり楽しい時間。

ご飯は、きれいな指の山ガールがよそってくれて嬉しい次第。
主夫は、いつもセルフだから(笑)

P7290091

オーナーのお話は、自然保護の為に登山道でのストックの使用は控えて欲しい、そして人を恐れない雷鳥は日本人が雷鳥を昔から大切にしていたからなど、とても興味深いものだった。

最後に、ホルンの演奏。
素晴らしい音色だった!

P7290096

P7290098

夕食後、夕焼けを期待して外に出たが、この程度で日が暮れてしまった。

P7290093

後は、呑んで寝るしかない。
このバーボンは、プラボトル入りで軽くて便利。

すべての写真-4706

一夜明けて、日の出のショーを期待したが、外は土砂降り、、、

朝飯を済ませて、仕方なく下山。

登りであれだけへばっていたスイカオヤジは、別人の如く元気で上から目線。
夜中にドーピングしたか、それとも自重がなせる業か、、、

当然のことながら、また合戦小屋でスイカに食らいついていた事は、いうまでもない。


有明荘で汗を流して、青空が広がる安曇野でランチタイム。
安曇野といえば蕎麦だが、私のリクエストでロースカツ。

すべての写真-4709

P7300105

P7300108

食後は大王わさび園をプラプラ。
わさびソフトを嬉しそうになめる脂身隊員。

蒸し暑い登山道はキツく、期待した山頂からの展望、夕焼け、そして日の出も望めなかったが、新しい出会いや、ものくろ隊員のスイカ好きなど、楽しいことがいっぱいの山行だった。

帰宅の車中で次の山行を相談したヘッポコトリオだった。


また、山に行きたい!

|

« 雪の壁 | トップページ | 丹後半島の青い海 »

コメント

いーですねー、いーなーいーなー
スイカオウジも笑ってしまいました。
どんどん本格的になっていきますね!山はいいですね!

投稿: カワセミ | 2016年8月 1日 (月) 20時05分

カワセミさん、

山は不思議な魅力がありますね。
登りも、下りもシンドイし、食事が豪勢な訳でもなく、風呂にも入れず、雨やガスが出れば景色は無し。
でも、また行きたくなるんだなぁ!

ものくろさんが、これほどスイカ好きとはね、、、
びっくりしましたよ。

投稿: ジークフリート | 2016年8月 2日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/66770502

この記事へのトラックバック一覧です: 燕岳:

« 雪の壁 | トップページ | 丹後半島の青い海 »