« 4312 | トップページ

2017年4月 2日 (日)

スプリング エフェメラル(春の儚いもの)

DSC_0035

カタクリは花が咲くまで8年もかかり、早春に可憐な花を咲かせて、その後はひっそりと地中で過ごす。

DSC_0002

その為、スプリング エフェメラル(春の儚いもの)とも呼ばれるそうだ。

そしてお寝坊でもあり、日が差し、暖かくならないとうつむいたまま花弁を閉じている。

DSC_0007

お寝坊さんに合わせて、遅いスタートで可児の群生地に向かう。

花弁に光が透けるポジションを探し、這いつくばって暫し撮影タイム。

DSC_0016

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0029

DSC_0038

DSC_0040

DSC_0043

DSC_0045

苦しい姿勢で息が切れるが、最高のタイミングだったようだ。

DSC_0046

DSC_0051

群生地近くの桜も咲き始めていた。

DSC_0057

DSC_0059

DSC_0061

帰路は、静かな林道で犬山まで抜ける。

DSC_0064

DSC_0066

DSC_0070

DSC_0073

自宅近くまで戻り、菜の花畑で小休止。

五条川の桜は、来週かな、、、

 

爽やかな日だった!

|

« 4312 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/70130640

この記事へのトラックバック一覧です: スプリング エフェメラル(春の儚いもの):

« 4312 | トップページ