« HELIOS44M | トップページ | 軽薄短小 »

2018年1月 7日 (日)

雪の上高地

すべての写真-5433

事の始まりは、昨年の8月に伏見の大甚で酒を酌み交わしている時だった。

冬の上高地へは、釜トンネルを歩いて入れるので、雪上のキャンプをしてスノートレッキングをしない?と誘いを受けた。

雪上キャンプは、以前から興味があったので二つ返事でOKしてしまった。

しかしながら、いざ日程が迫ってくると、装備やその他に不安が高まって、一旦は断ろうと考え出した。

どうしようかと悶々としながらnetで色々と調べると、手持ちの装備に少し工夫をすれば何とかなりそうだと分かり、まずは高山までの高速バスを予約してしまった!

PC291145

DSC_0119

雪上では、一般的なペグは役に立たないらしいので、竹の割りばしと麻ひもでスノーアンカーを作り、念の為に農耕用のペグも準備。

DSC_0118

スノーシューとわかんはどちらにするか悩んだが、わかんの方が汎用性が高いかなと考えてわかんを調達。

P1071314

P1051162

名古屋から高速バスで高山に向かい、路線バスに乗り換えて平湯経由で中の湯下車。

バス停からすぐの釜トンネルへ入り、戻ってきた方に雪の状況を伺うと、軽アイゼンで十分との事だった。

尚、トンネルの入り口には、仮設トイレが設置されている。

急こう配のトンネルは、意外に明るくヘッテンなしで歩けるが、20kのザックが重い、、、

P1051165

P1051166

P1051168

釜トンネルを抜けて、お次は上高地トンネル。

ハセカツさんの情報によると、このトンネルとトンネルの間は雪崩が多く早く通り過ぎた方が良いらしい。

P1051172

天気は、、、う~イマイチだが圧雪路は非常に歩きやすい!

P1051178

大正池だ!

P1051179

P1051181

うれしい青空だ。

P1051182

貸し切りの河童橋からは雄大な穂高連峰が望めた!

P1051184

P1051188

P1051190

P1051191

小梨平のキャンプ場に今宵の別荘を設営。
奥の建物は冬季トイレ。

P1061192

ドライフードの畑のカレーとお握りで夕飯を済ませて早めに夢の中へ。

テントの中で水は凍結するらしいので、一本はテント内にそのまま置き、もう一本はザックの中に入れてどうなるか試した。

その結果、そのまま置いたのは、完璧に凍結してが、ザックに入れた方は凍っていなかった。

P1061195

しかし朝、その凍結しなかった水をカップに注ぐとその瞬間に凍りだし驚いた!

テントの中は、薄い銀マットを全面に敷き、その上に折り畳みのマット、サーマレストと3重にして下からの冷え対策を施した。

シュラフはモンベルダウンハガー5番と石井の化繊シュラフとシュラフカバーでこちらも3重にした。

寒くないと言えばウソになるが、これでテント内が氷点下になっても何とか眠れた。

自分の呼気でシュラフ内が濡れてしまわないように注意していたが、知らないうちにもぐってしまい、シュラフカバーと化繊シュラフの間がびっくりする程濡れてしました。

P1061196

朝飯の後は小雪の舞う中、徳澤までスノートレッキング。

冷たかった、手足の指先はしばらくすると温かくなってきた。

初めてのわかんでのトレッキングは面白い~

P1061203

P1061207

P1061212

P1061213

ハセカツ先生の動物足跡教室開催中!

上の足跡の動物は?
そしてどちらに向かっているか?

P1061220

答えは、ウサギで写真の下から上に向かっているそうだ!

勉強になりましたよ、、、

P1061224

P1061226

時々、突然大声で叫ぶ。

P1061228

4040の痕跡を残して、徳澤へ。

P1061230

P1061229

誰とは言いませんが、バーナーヘッドだけでなく、割りばしも忘れた方がいた事は内緒だ。

P1061237

P1061245

P1061247

私は凍ったペットボトルの写真を撮ろうとして、そのボトルを明神に忘れて徳澤に向かったが、帰りに通ったらそのまま置いてあった、、、

P1061255

テントに戻り、100均のブラシで靴の雪を落として、テントの中に入れて、熱いココアで休憩タイム。

P1061257

明るい内に夕飯。
ドライのビーフシチュー、厚切りロースハム、ハセカツさんから差し入れの焼き豚、カンパーニュ、そしてピラフを少し。

ピラフの残りは翌朝にリゾットにした。

P1071264

翌朝、時計の気圧計を見るとグラフが右肩上がりだ。

外を見ると雲がない。

慌てて河童橋へ。

刻々と山肌に日が差していく様に感動。
滅茶苦茶寒いけれど。

P1071266

P1071267

P1071269

割りばしのスノーアンカーは設置した際には、少々心配だったが非常に強固だった。
回収は持参した100均の小さなスコップが大活躍した。

P1071272

P1071274

P1071276

P1071283

青空はやはり気持ちイイね!

P1071284

P1071285

P1071291

P1071301

P1071302

P1071304

P1071306

大正池も昨日の景色とは別世界で、暫し撮影タイム。

P1071308

P1071309

P1071310

P1071313

 

P1071321

ポカポカのバスに揺られ、生還の祝いのビールは一本なのに効いた!

P1071325

高山で初めての天ぷらラーメンをすすり、高速バスで帰還。
このラーメンは美味かった。

道中、私は三つの物をなくしたが、全て見つかったのは嬉しい次第。

ハセカツさん、貴重な経験をさせていただき心から感謝!

余談だが、帰宅したら普段寒い木造の我が家が暖かく感じた。
身体が寒さ慣れしたためか、、、

 

|

« HELIOS44M | トップページ | 軽薄短小 »

コメント

私にはとても行けそうにないけれど
雪中テント泊体験のワクワク感がどの写真からも
伝わって来ますね。
良いね〜(^-^)v

投稿: イナゴ | 2018年1月 8日 (月) 21時12分

大正池行ってみたいです。

でも、寒いのは苦手なので、雪は避けたいなぁ。

ジークさんもハセカツさんも凄い!

投稿: カワセミ | 2018年1月 9日 (火) 10時34分

イナゴさん、

コメントありがとうございます。

還暦を過ぎた老体での初体験は、ワクワクドキドキでしたよ。

しかし、寒さの為か寝つきが悪かったかな。
いつもキャンプは、あっという間に夢の中で、毎度脂身さんから
イビキがうるさくてとぼやかれますがね~

投稿: ジークフリート | 2018年1月 9日 (火) 14時44分

カワセミさん、

ベストシーズンの上高地は混みますが、それでも行く価値はある
素晴らしい処ですよ!

今でも初めて訪れた時の感激は忘れません。

是非、撮影に出かけてくださいね。

投稿: ジークフリート | 2018年1月 9日 (火) 14時51分

自転車でも押してじゅうぶん行けそうだったなぁ~( ゜o゜)
日程あわずに残念だった…

投稿: FOX | 2018年4月 4日 (水) 00時14分

思いの外、雪は少なく自転車も大丈夫かなと思える状況でしたよ。

貴重な体験をさせてもらいました。

投稿: クフリート | 2018年4月 4日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26199/72642891

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の上高地:

« HELIOS44M | トップページ | 軽薄短小 »